エアロバイクおすすめ情報
[PR]

おすすめエアロバイク8選|自宅で手軽にエクササイズができるエアロバイクを徹底比較

記事更新日:2020/03/06 記事作成日:2020/03/06
自宅で手軽にエクササイズができるエアロバイクを知りたいですか?この記事では背もたれ付きのタイプや持ち運びに便利なタイプなど、おすすめの商品を紹介しています。運動不足やダイエットに悩んでいる人には必見です。

これからダイエットをしようと考えている場合にはエアロバイクはいかがでしょうか?

エアロバイクは少ない負荷でこぐことで、体への負担も少なく運動ができます。

ダイエットにおすすめのエアロバイク

これから始めるダイエットにはエアロバイクがおすすめの運動方法です。エアロバイクでおすすめなのは、置き場所に困らないサイズがいいでしょう。

また、8段階変速など自分好みにカスタマイズできるエアロバイクもおすすめです。音が静かなエアロバイクも騒音の心配が要りませんので、おすすめです。

エアロバイクは運動の苦手な方でも続けることが可能ですのでおすすめのエクササイズです。

様々な種類があるので、どれが良いか迷いますが、自分に合ったエアロバイクを見つけてみませんか?

おすすめエアロバイク8選


自転車に乗る感覚で使うことのできるアップライトタイプのエアロバイク

自宅でも簡単にエクササイズが楽しめることで人気なのがアップライトタイプのエアロバイクです。

一日に30分程度こぐのを目安にダイエットを続けられるといいでしょう。雨の日でも、風の日でも、ダイエットを休まずにできるので、おすすめです。

アップライトタイプのエアロバイクを選ぶポイント

  • 部屋においても邪魔にならない程度の大きさ
  • 騒音などがなく、集合住宅でも使える静かな設計
  • 機能がある程度充実している
  • 長時間乗っても疲れない
ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200 スタンダードモデル
20,990円(税込)
[PR]

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200 スタンダードモデル

おすすめポイント

  • 本体サイズ : 約幅51.5×奥行81×高さ124cm
  • 重量 : 約22kg
  • サドル高さ : 69~85cm(3cmピッチ7段階)
  • シンプルな作りで置き場所にこまらない
  • ペダルの負荷を8段階変速させることができる
  • 静かなので、騒音の心配が少ない
  • 運動不足の解消に最適
  • シンプルな機能を搭載しているスタンダードモデルのエアロバイクでおすすめの商品です。

    運動後に速くなった心拍数が通常の状態に回復する早さで体力や体調を評価する、体力評価機能を搭載しています。

    ペダルの負荷を8段階まで変化できますので、トレーニングにもエアロバイクはおすすめです。

    エアロバイクに毎日のトレーニング効果の目安やその日の状態をチェックできるおすすめ機能もあります。

    大型6連メーターで大画面にスピード・距離・タイマー・心拍数・カロリー表示・メイン画面に1項目を拡大して表示できるので、見やすいデザインです。

    エアロバイクにセットした目標数値になるとアラーム音で通知してくれるのもおすすめポイントです。

    目標値が簡単に設定できる大型ジョグダイヤルです。

    ペダルの踏み外しを防止するペダルベルトつきです。

    ペダルバンドはワンタッチで調節が可能です。

    マグネット負荷なので、静音性に優れたデザインです。

    自宅でいつもで手軽に有酸素運動ができて、運動不足を解消することが可能です。

    ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AFB5215
    21,088円(税込)
    [PR]

    ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AFB5215

    おすすめポイント

  • 本体サイズ:幅49×奥行84.5×高さ125cm
  • 本体重量:20.5kg
  • 電源:単3乾電池×2本使用
  • サドル高さ:75~93cm(3cmピッチ7段階)
  • 連続使用時間:30分
  • 使用体重制限:90kg
  • 消音性に優れた作りで室内で夜も使える
  • キャスター付きで移動が楽ちん
  • 心拍数の測定ができ、ハンドルを握るとそこから心拍数を感知して画面に表示されます。

    サドルの高さ調節とハンドルの角度が可能で、エアロバイクをベストポジションでこげるのがおすすめのポイントです。

    マグネティック負荷ベルト駆動により、スムーズな回転と消音化を実現しており、負荷調整は8段階可能です。

    エアロバイク運動によって上昇した脈拍数が1分間でどこまで安静時に回復できるかを測定し、トレーニングの効果の目安やその日の体調チェックが簡易測定できる機能がおすすめ機能です。

    足の踏み外しを防止するために、ペダルバンドがついています。

    運動を始めると自動的に表示を開始するオートスタートと運動を中止してから数分後に自動的に表示が消えるオートパワーオフ機能が搭載されており、電池の消耗を防ぎます。

    メーターには時間・速度・回転数・距離・カロリー・心拍数が表示されます。

    表示されるカロリーは60kgの方を基準にしているので、それよりも軽い場合重い場合では消費カロリーは異なります。

    エアロバイクは毎日30分程度こぐことでも体力維持につながるので、おすすめの室内運動です。

    楽な姿勢で続けやすいリカベントタイプのエアロバイク 

    背もたれがついているリカベントタイプのエアロバイクは、背もたれがあり、こぎやすいのが特徴です。

    ハイグレードなエアロバイクならリカベントタイプがいいでしょう。

    リカベントタイプのエアロバイクを選ぶポイント

    • 背もたれがあって乗りやすい
    • 長時間乗れる
    • 専用のスペースがある
    ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 家庭用 DK-8604R
    44,000円(税込)
    [PR]

    ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 家庭用 DK-8604R

    おすすめポイント

  • 本体サイズ:W62×L119~125×H107cm/31kg
  • 負荷方式:マグネット式負荷(手動式8段階)
  • 使用電源:単三乾電池2本
  • 連続使用時間:60分
  • 座席調整:スライド式(無段階)
  • 適応身長:約140~185cm
  • エアロバイクに背もたれがついており楽な姿勢でこぐことができる
  • 猫背でエアロバイクをこいでいた場合には姿勢が正せる
  • 従来のエアロバイクと比較すると背もたれがついており、楽な姿勢でこげることがおすすめです。

    バイクの運動量は、エアロバイクでこいだ場合には150~300kalの消費です。

    エアロバイクを使うと、サドルから下の足の部分を中心に運動量があがり、太ももと引き締めるにもおすすめです。

    時間・スピード・距離・カロリー・心拍数が表示されます。

    エアロバイクに任意設定で時間・距離・カロリーが設定できるのもおすすめです。

    約18cmのスライド(7段階調節)が可能で、適応身長は140~175cmと幅広く、設定によってさまざまな身長の人が使えることでもこちらのエアロバイクはおすすめです。

    一人で使うこともできるし、家族で使うこともできます。

    パネルは単4電池二本で動いています。

    普通のエアロバイクに比べると若干高めの価格設定ですが、疲れないように設計されているエアロバイクとしておすすめです。

    組み立てには大人二人で約30分かかります。

    23kgありますので、動かしにくいというのはデメリットでしょう。

    リハビリ用にも使えますし、日々の運動にも使えるという優れモノのエアロバイクです。

    ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 家庭用 DK-8718RP
    72,050円(税込)
    [PR]

    ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 家庭用 DK-8718RP

    おすすめポイント

  • 時間・スピード・距離・カロリー・心拍数・WATT・負荷・RPMを表示
  • 約16cmのスライドが可能で、 適応身長約150cm~190cmまで対応
  • パネル使用電源:ACアダプター100V
  • 本体サイズ:W66×L170×H108(cm)
  • 90kgくらいまでが限界のことが多いエアロバイクの中で、100㎏にまで対応しているので、おすすめの商品です。

    体の大きな方でも、壊れる心配なく使えるエアロバイクなので、180cm以上で体重が100kg近くという方でも安心して使用できます。

    従来品に比べると、心拍数やWATT・負荷・RPMも表示されるエアロバイクで、詳しい様子が知りたい方にもおすすめです。

    本体重量が45kgと重たいですので、組み立てる際には大人の人が二人必要になります。

    背もたれがついているエアロバイクなので、体にあまり負荷をかけたくないという場合にもおすすめです。

    負荷方式はマグネット方式を使用しており、16段階まで調節が可能なので、自分に合った負荷で運動をすることが可能です。

    12個のランダム負荷プログラム・WATT・HRC・ユーザープログラムを装備しており、自分でトレーニングメニューを設定して運動を行えるエアロバイクです。

    エアロバイクのおすすめの使い方は、空いた時間に30程度で良いのでゆっくりとこぎましょう。

    時間はだんだん長くする感じで、無理をしないようにしましょう。

    置き場所が必要になりますので、専用のトレーニングルームなどがあるといいでしょう。

    ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 準業務用 DK-R13
    294,800円(税込)
    [PR]

    ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 準業務用 DK-R13

    おすすめポイント

  • 用途:準業務用
  • 本体サイズ:71×170×142㎝/本体重量:83kg
  • 負荷方式:自己発電式(20段階)
  • 使用電源:無(自己発電式)/連続使用時間:120分
  • 適応身長:約150~190㎝/体重制限:120kg
  • パネル表示(LED液晶パネル):時間/距離/負荷レベル/カロリー/心拍数/スピード
  • プログラム設定:マニュアル/内臓プログラム/クイックスタート
  • 高性能なエアロバイクになりますので、フィットネスジムなどにおすすめです。自己発電方式になっているので、電池が必要ありません。

    家庭用よりも強度が高いエアロバイクとしておすすめです。

    重量は100kgまで可能であり、連続走行時間も120分まで保証されています。

    パネルの表示はLED液晶パネルです。

    パネルには、時間・距離・負荷レベル・カロリー・心拍数・スピードが表示されます。

    フィットネスジムで使用するような高性能なエアロバイクですので、パーソナルジムなどではおすすめです。

    家庭で使う場合でも、キャスター付きですので、移動がしやすいことが、このエアロバイクのおすすめポイントです。

    プログラム設定が可能で、マニュアル設定、内臓プログラム、クイックスタートなどがあります。

    ハンドグリップ式の心拍計がついていますので、エアロバイクをこぎながら心拍数を測ることも可能でありおすすめです。

    がたつき防止のアジャスターがついていますので、乗っている最中にがたがたするようなこともありません。

    自宅で本格的にエアロバイクを乗りたいという場合にはおすすめの商品です。

    持ち運び自由な折りたたみ式のエアロバイク

    折りたたんで使うことのできるエアロバイクは置き場所にも困りません。省スペースでも運動を楽しむことが可能です。

    折りたたみタイプのエアロバイクを選ぶポイント

    • 収納できるように折りたためる
    • 部屋の隅においておける
    • 乗り心地がよくすぐに壊れない
    • 誰でも乗れる設計になっている
    ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417
    13,989円(税込)
    [PR]

    ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417

    おすすめポイント

  • 本体サイズ:幅46×奥行91×高さ108cm
  • 本体重量:14kg
  • サドル高さ:73.5~82.5cm(1.8cmピッチ7段階)
  • マグネット負荷方式(8段階)
  • 電源:単3乾電池2本使用
  • 連続使用時間:30分
  • 使用体重制限:90kg
  • 折りたたんでコンパクトに収納できるエアロバイクで狭い部屋でもおすすめ
  • 負荷レベルはダイヤルを回すと設定できる
  • 折り畳みのできるコンパクトなエアロバイクですので、コンパクトにおけることがおすすめポイントです。

    運動不足の解消にもいいですし、ダイエットに最適な有酸素運動を行えます。

    テレビを見ながら、音楽を聴きながら、自分のスタイルに合わせてエアロバイク運動ができることがおすすめです。

    使用スペースは新聞の見開き程度となっており、省スペースで快適にエクササイズを行えるエアロバイクとしておすすめします。

    折りたたむと新聞一枚程度になりますので、部屋の隅に収納することも可能です。

    女性でも持ち運びは簡単ですので、エアロバイクの購入を検討されている場合にはおすすめの商品です。

    時間・速度・距離・カロリーの内の一つを表示するデジタル表示メーターがついています。

    一定の時間で表示項目を切り替える便利なスキャン機能もついています。

    モードボタンにより手動で切り替えが可能です。

    オートスタート、オートパワーオフ機能がついており、電池の消耗を防ぎます。

    8段階の負荷調節機能がついていますので、自分に合ったエアロバイクトレーニングができることがおすすめポイントです。

    ダイヤルを回すだけで、負荷調節が可能です。

    負荷をかけてこぐことで、太ももの筋肉が鍛えられるでしょう。

    ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク コンフォートバイク2 AFB4309G
    24,552円(税込)
    [PR]

    ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク コンフォートバイク2 AFB4309G

    おすすめポイント

  • 本体サイズ:幅54×奥行114.5×高さ101cm
  • 本体重量:18kg
  • 折りたたみ時サイズ:幅54×奥行60×高さ130cm
  • サドル高さ:2.5cmピッチ4段階
  • 耐荷重:約90kg
  • 連続使用時間:30分
  • 折りたたみ式であり、コンパクトに収納できる
  • 背もたれがついていることで体への負荷が少なくて済む
  • エアロバイクに背もたれとエクササイズバンドがついており、体への負担が少ないことがおすすめポイントです。

    運動時のペダリングの角度調節は3段階で行えるので、エアロバイクをこぎながらあまり疲れません。

    有酸素運動をしたい時には、シートを高くして、エアロバイクをこぎ、太ももの強化をしたいときにはシートを低くしてこぐことで、目的に合った運動ができる点もおすすめです。

    メーターの下にエクササイズバンドを設置しており、上半身の強化も同時に行えます。

    折りたたみが可能で、使わないときには折りたたんでコンパクトに収納できるエアロバイクとなっており、狭い部屋でもおすすめです。

    マグネット負荷方式により8段階の調整が可能となり、振動も少なく乗れます。

    タブレットトレーがついており、音楽を聴きながら、動画を観ながら運動が可能です。

    キャスター付きのエアロバイクなので、移動も楽々でおすすめです。

    心拍数を測りながら運動ができるので、無理をせずに継続的に運動できます。

    HAIGE エアロフィットネス バイク HG-QB-J917B
    14,055円(税込)
    [PR]

    HAIGE エアロフィットネス バイク HG-QB-J917B

    おすすめポイント

  • 本体サイズ:最大114cm×50cm×最大82cm
  • 重量:20kg
  • 耐荷重:120kg
  • 連続使用時間:30分
  • 折りたたみができるので省スペース
  • 背もたれがついているので、猫背にならずにこげる
  • スタイリッシュなエアロバイクであり、音が静かで夜でも安心して乗れる点はおすすめです。

    フィットネスジムで運動をするのは少し抵抗があるという場合には、自宅でフィットネスのような運動ができるエアロバイクがおすすめとなっています。

    天候にも左右されませんし、ウォーキング中に歩いていて事故に遭うという危険もありません。

    毎日、テレビを見ながら、音楽を聴きながらでも乗れます。

    音が静かなので、集合住宅やアパートなどでも乗れるエアロバイクでおすすめの商品です。

    使わないときには折りたたんでおいておけますので、部屋が広く使えるのも特徴です。

    サドルの高さは4段階で変えられるので、男性でも女性でも利用できます。

    ペダルには凹凸がついており滑りにくい作りです。

    ベルトもついていますので、しっかりホールドのできるエアロバイクです。

    エアロバイクは20kgありますので、組み立てるときは大人二人で組み立てることをおすすめします。

    リビングにひとつあると簡単に乗れますのでいいでしょう。

    連続使用時間は30分となっていますので、あまり長時間連続で乗るのは避けましょう。

    価格もリーズナブルですので、初めて購入される場合にはこちらをおすすめします。

    カンタン記録でダイエットが続けられるアプリおすすめ30選比較

    おすすめエアロバイクの比較一覧

    ALINCO(アルインコ)
    ALINCO(アルインコ)
    ダイコー(DAIKOU)
    ダイコー(DAIKOU)
    ダイコー(DAIKOU)
    ALINCO(アルインコ)
    ALINCO(アルインコ)
    HAIGE
    商品名ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200 スタンダードモデルALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AFB5215ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 家庭用 DK-8604Rダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 家庭用 DK-8718RPダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 準業務用 DK-R13ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク コンフォートバイク2 AFB4309GHAIGE エアロフィットネス バイク HG-QB-J917B
    価格20,990円(税込)21,088円(税込)44,000円(税込)72,050円(税込)294,800円(税込)13,989円(税込)24,552円(税込)14,055円(税込)
    商品リンク

    バイクよりも手軽で軽快! 通勤・通学に大活躍するおすすめクロスバイク14選

    おすすめクロスバイク8選|初心者でも扱いやすいクロスバイクを徹底比較

    おすすめクロスバイク10選|移動が快適になるクロスバイクを徹底比較

    おすすめマウンテンバイク7選|街乗りもオフロードも楽しめるマウンテンバイクを徹底比較

    用途に合ったエアロバイクで健康を促進


    それぞれの用途に合わせたエアロバイクをご紹介しました。

    ちょっとダイエットに使用してみたいというのであれば、アップライトタイプの18000~20000円程度のエアロバイクがおすすめです。

    背もたれ付きのエアロバイクは体への負荷が少なく、猫背にならずに済みます。

    楽にこぐことができますので、リハビリで体力をつけたい場合などにおすすめです。少し高価になりますが、体への負担は少なくて済むでしょう。

    移動などが大変ですので、専用の部屋などに置いておくのであれば、カベントバイクもおすすめです。

    フィットネスジムにもあるような種類のエアロバイクになりますので、本格的なエアロバイクです。

    部屋が狭いなど省スペースなものを希望であれば、折りたたみ式のエアロバイクがおすすめです。

    たたんで、部屋の隅に置けますので、使わないときには部屋を奇麗に保てます。ワンルームなどに住んでいる場合には、おりたたみ式のエアロバイクもいいでしょう。

    背もたれ付きの折りたたみエアロバイクもありますので、体への負担を考えるのであれば、背もたれ付きを選ぶのもいいでしょう。

    自分に合ったエアロバイクを選んで、上手に運動不足を解消できるといいでしょう。体重が重い場合には耐久重量などもよく見ておきましょう。

    サドルは自分のこぎやすい位置に合わせて使う方が乗っていても疲れませんのでいいでしょう。

    編集部おすすめのエアロバイクをご紹介しました。自分の求める用途に合ったエアロバイクで、運動不足を解消してみてはいかがでしょうか?

    人気のトレーニングマニュアルアプリおすすめ6選比較

    人気のランニング・陸上競技アプリおすすめ9選比較