wifi 中継器
[PR]

Wi-Fi中継機で電波が届かないを解消。優秀なモデル6選を紹介

記事更新日:2020/02/28 記事作成日:2020/02/27
中継機はルーターの電波が届くエリアを拡大させる機器です。似た性能の機器には『メッシュWi-Fi』がありますが、具体的にはどこが違うのでしょうか?中継機には直挿しタイプと据え置きタイプの2種類があります。部屋の間取りに合わせて選びましょう。

中継機とは?

中継機は、Wi-Fiの遅延や途切れを改善して快適なインターネット環境をつくってくれる便利なアイテムです。

中継機を使えば、電波が届きにくい場所でもネットがサクサク使えるようになります。

家中どこでも快適なWi-Fi環境へ

ルーターから発生する電波は『同心円状』に広がるのが特徴です。ルーターから近い場所は電波状況が良好なのに対し、離れた場所や四方を壁に囲まれた空間には電波が届きにくく、通信の遅延や切断が起こります。

『中継機』は、Wi-Fiルーターの電波が届く範囲を広げる役割を担う機器です。中継機をルーターと電波が届きにくい場所との『中間地点』に設置することで、弱くなる前の電波をキャッチし、再発信します。

結果的に電波が安定し、家のどこにいても快適にネットができるようになる仕組みです。中継機は、ネット通販や家電量販店で購入できます。契約変更やルーターの買い替えは、基本的に不要です。

まずはルーターの置き場所を確認しよう

「通信速度が不安定かも…」と感じたら、ルーターの置き場所が適当であるかを確認しましょう。電波は障害物に当たると、力が減衰していくものです。

四方を棚や物で囲まれた場所に設置するのは好ましくありません。水や金属も電波を反射・吸収しやすく、部屋の中に水槽や金属製のラックがあると通信速度が不安定になってしまいます。

Wi-Fiが利用している『周波数帯』は、2.4GHz(ギガヘルツ)と5GHzの二つです。

2.4GHz帯は、複数の家電に使用されています。隣同士に設置すると互いが電波を打ち消し合う『電波干渉』が起こってしまいがちです。

5GHz帯はルーター専用ともいえる周波数帯で、安定的な電波を供給できます。ただし、壁などの障害物に弱い点を考慮に入れて配置することが必要です。

中継機とメッシュWi-Fiは何が違うの?

中継機と間違えられやすいものに『メッシュWi-Fi』があります。メッシュは直訳すれば『網の目』ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

メッシュWi-Fiはメーカー縛りがある

中継機は遠くにまで電波が届くようにする『ルーターの橋渡し役』で、機器からは電波を発しません。メッシュWi-Fiはルーターと複数の『サテライト』で構成されています。

サテライトはルーターの分身で、電波を発生させて部屋全体に網目状のネットワークを形成していくのが特徴です。通信時は、端末の接続先として最適なサテライトが自動的に選択されます。

複数の端末を利用しても、接続先を分散してくれる仕組みです。親機に負荷がかかりにくく、安定した通信速度が保てます。

ただし、中継機はルーターのメーカーを問わずに使えますが、メッシュWi-Fiはメーカーの縛りがある点に注意が必要です。

また、メッシュWi-Fiのルーターとサテライトは同一メーカーの対応機種でなければならないため、既存のルーターは使えません。

コストやつながりにくさで選ぼう

中継機の価格帯が3000~5000円なのに対し、メッシュWi-Fiルーターは1万5000円~3万円が相場です。

価格が大きく異なるため、自分の環境にはどちらが適しているかを見極める必要があります。メッシュWi-Fiルーターと中継機は、一見似ているようで役割が違うアイテムです。

離れた部屋が複数あり、どの空間でも安定した通信速度を保ちたい人は、サテライトからも電波が出るメッシュWi-Fiルーターが適しています。

逆に、ワンルームでの使用や電波が届きにくい場所が1~2カ所だけなら、親機の電波を拡張する中継機で事足りるケースが多いでしょう。距離が遠い場合は、中継機を2台活用する方法もあります。

失敗しない選び方は?

中継機は基本的にどのルーターにも問題なく使えますが『ルーターとの相性』が存在します。Wi-Fiルーターとの相性が悪いと、高速通信規格が持つ本来の速度が実感できません。

ルーターとの相性で選ぶ

Wi-Fiから発信される電波には国際的な『通信規格』があり、それぞれ使用する周波数帯や『最大通信速度』などが異なります。

現在普及している規格のうち、5GHz帯を使用するのが11ac・11a・11nで、2.4GHz帯を使用するのが11g・11b・11nです。

五つの中では、11acが最も新しい規格でac>n>a>g>bの順番で通信速度が遅くなります。

高速通信規格の11acを利用したい場合、ルーター・中継機・端末がそれぞれ11acの通信規格に対応していることが前提条件です。ルーターや端末が11acに対応していても、中継機が下位規格の11aであれば11acの持つ特性は最大限に生かされません。

通信距離で選ぶ

Wi-Fiの出力は『電波法』によって、10mWまでと決められています。

中継機の通信可能距離は障害物がない場合で100m程度です。しかし、家庭で使用する場合は壁などの障害物の影響を受けるため、実際に電波が安定して届く距離は30m程度といわれています。

中継機を選ぶ際は、家の広さに適したものを選ぶことがポイントです。HPなどに記載されている製品のスペック表には『推奨利用環境』が記載されています。

なかには、3階建てや4LDK対応などハイパワーな中継機もあります。広い範囲まで安定した電波を届けられるのが魅力です。

そのほか、通信距離やスピードを左右する要素は、アンテナ数・無線LAN規格・接続方式などさまざまですが『使用する周波数帯域』もその一つです。

2.4GHz帯は電波が遠くまで届きやすく、障害物に強いメリットがあります。5GHz帯は障害物に弱く通信範囲も狭いですが、電波干渉が少なく通信が安定しています。

二つの電波を使い分けられる中継機を選び、家の間取りに合わせて設定するとよいでしょう。

2台の中継機を使う方法もある

中継機の通信距離には、限りがあります。広い部屋や階数の多い場所で使用する際は、中継機を2台使用して距離を延ばす方法も検討しましょう。

『ルーターと1台目は2.4GHzで接続して、中継機同士は5GHzで接続する』といったように、それぞれを異なる周波数帯で接続するのがポイントです。

つなげる周波数帯を分散することによって、中継による通信速度の低下が抑えられる場合があります。

Wi-Fiに接続する際のネットワーク名を『SSID』と呼びますが、2台目の中継機からはSSIDを変更するのがよいでしょう。

SSIDが親機や1台目と同じである場合、端末が2台目中継機より遠い親機や1台目に接続されてしまうことで通信速度が落ちる可能性があります。

設置場所に合ったタイプを選ぶ

中継機の給電方法は、主に『コンセントに直挿しするタイプ』と『電源ケーブルによる据え置きタイプ』の2種類です。

直挿しタイプはコンパクト設計で、中継機を設置したい場所にちょうどコンセントがある場合に重宝します。ケーブルがないぶん、直挿しタイプのほうが空間はすっきりして見えるでしょう。

ただ、形や大きさによっては、片方の差込口を塞いでしまうため注意が必要です。据え置きタイプはケーブルで電源を取る設計で、直挿しタイプよりもひと回り大きめです。

直挿しでないぶん、厚みのあるものや縦横どちらかに長い形状のものもあります。設置場所が自由に決められるため、自分の理想のネット環境がつくりやすいでしょう。

ひと目では中継機とはわからないような、デザイン性の高いものもあります。

欠かせない機能は?

中継機を選ぶ際は、どんな点に注目すればよいのでしょうか?より快適にネットを使用するために欠かせない二つの機能を紹介します。

デュアルバンド同時接続は必須

スマホやタブレットを離れた場所でも安定した高速通信を使いたいという場合は、中継機は『デュアルバンド同時接続タイプ』を選びましょう。

デュアルバンドのデュアルは『二つの部分』、バンドは『周波数帯』を意味し、5GHz帯と2.4GHz帯の二つの周波数帯を用いる通信方式を指します。

『ルーターと中継機の間は5GHz帯、中継機と端末の間は2.4GHz帯』というふうに、異なる周波数帯でつなぐ方法がデュアルバンド同時接続です。単一の帯域で中継する『シングルバンド接続』に比べ、速度が安定しやすい利点があります。

端末によっては有線LANポート付きを

スマホやタブレットは基本的にWi-Fi対応ですが、プリンタやレコーダーなどの家電の中には、有線LAN接続のみのタイプも存在します。

有線LANポート付きの中継機を選べば、Wi-Fi非対応の端末やひと昔前のインターネット家電でもつなげられて便利です。有線接続と同時にWi-Fiの利用もできます。

また、有線LANポート付きの中継機は、有線LANのみのネットワーク機器の『無線化』も可能です。

たとえば、中継機と有線対応のプリンタをケーブルでつなげば、離れた場所にあるパソコンからの無線データを受信して印刷できます。有線LANポート付きの中継機を選び、使い方の幅を広げましょう。

あると便利な機能は?

近年は、中継機の機能がどんどん進化しています。「こんなのが欲しかった!」という便利な機能を搭載したタイプもあり、Wi-Fiの電波範囲を広げる役割だけにとどまりません。

同時接続も楽勝のWi-Fi 6対応

普及している無線LAN規格は11b・11g・11a・11n・11acが主流ですが、現在は次世代規格の『Wi-Fi6』が登場しています。

正式名は11axで、最大通信速度は全規格の中で最も速い約9.6Gbps(ギガビーピーエス)を誇る新生です。

通信帯域を複数の周波数に分割することによって、1回の通信で複数機器へ同時に電波を届ける『直交周波数分割多元接続(OFDMA)』を採用しています。

11acの6.9Gbpsに比べても格段の早さで、ゲーム環境での使用も快適です。Wi-Fi6は古い規格の回線を処理する能力を備えているため、既存のルーターや中継機を買い替える必要はありません。

ただ、Wi-Fi6の性能を最大限に生かすなら、Wi-Fi6対応機器に買い替えるのが理想でしょう。

ファミリーにおすすめの人感センサー

子どもや高齢者がいる家庭にぴったりなのが、人を検知する『人感センサー』を搭載した中継機です。廊下のコンセントに設置すれば、感知した際にランプが足元を照らして夜の歩行が安全になります。

Aterm W1200EX
5,885円(税込)
[PR]
口コミを投稿

Aterm W1200EX

『エーターム(Aterm)』の『W1200EX』は、人感センサーを搭載した直挿しタイプの中継機です。照明代わりになるほか、アプリやメールで端末の使用を通知する設定もできます。 離れていても、家の中での通信の状態が把握できる設計です。ネット接続できる時間帯が端末ごとに制限できる『こども安心ネットタイマー』が搭載されているのも、見逃せません。 「16:00~20:00までネットOK」「18:00~18:30はネット禁止」と細かく時間管理できるため、子どものスマホ依存が効果的に防げるでしょう。

中継機の使い方は簡単

中継機の使い方は簡単ですが、どこに設置するかで電波の広がり具合が変わります。ルーターの電波をしっかりと部屋に行きわたらせる設置位置のポイントと設定方法を確認しましょう。

ルーターと通信しにくい部屋の中間に設置

中継機は、ルーターと電波が届きにくい部屋との『中間地点』に設置するのが基本です。ルーターと中継機が近すぎれば目的の場所まで電波が届きにくく、遠すぎても電波が安定しません。

ルーターのある場所と電波が届きにくい部屋のフロアが異なる戸建て住宅の場合は、『ルーターの真上または真下の部屋』に中継機を置きます。

また、中継機を部屋の隅や窓際に設置すると近隣に電波を飛ばしてしまい、タダ乗りされてしまうケースもあります。通信速度が遅くなるだけでなく個人情報の漏洩にもつながるため、電波の広がる範囲をイメージしながら設置しましょう。

中継機につながるように設定する

中継機とWi-FiのSSIDが同一の場合、端末は中継機ではなく離れた場所にあるWi-Fiのほうにつながってしまう可能性があります。それを防ぐのが『中継機用のSSID』です。

中継機の中には、ルーターとは別の中継機用SSIDが設定できるタイプがあります。端末と中継機が確実につながるような仕組みです。

スマホの場合は、Wi-Fiの設定画面から中継機用のSSIDを選択します。セットアップカードに記載されているパスワードを入力し『接続』をタップすれば完了です。

パソコンの場合は、デスクトップの右下『タスクトレイ』にあるWi-Fiのアイコンをクリックすると、電波のあるSSIDの一覧が表示されます。該当するSSIDを選び、パスワードを入力しましょう。

コンパクトなコンセントタイプ

直挿しのコンセントタイプは、設置場所がコンセントのある場所のみに限られますが、場所をとらず空間がすっきり見えるのがメリットです。

階段の踊り場や脱衣所などの狭い空間にも、ラクに設置できるでしょう。

TP-Link RE200
2,500円(税込)
[PR]
口コミを投稿

TP-Link RE200

『ティーピーリンク(TP-Link)』の『RE200』は、最大750Mbps(メガビーピーエス)の転送速度を持つデュアルバンドの中継機です。 高速通信規格の11acに対応しており、大きなファイルの転送や高画質の動画鑑賞がスムーズにできます。下位互換性もあるため、11 a・b・g・nのすべての規格の接続も問題ありません。 有線LANポートを活用すれば、Wi-Fi機能を持たないネットワーク機器の有線接続も可能です。同時に、Wi-Fi機器との無線接続もできます。 中継機の設置場所に迷う人も多いですが、本体側面には『接続良好』『ルーターから遠い』など接続状況を示すLEDランプが付いており一目瞭然です。
BUFFALO WEX-733DHP
2,980円(税込)
[PR]
口コミを投稿

BUFFALO WEX-733DHP

「お風呂や戸建て3階にもしっかり電波を届けたい」という人は『バッファロー(BUFFALO)』の『WEX-733DHP』を使ってみましょう。 11ac規格対応で、同社の従来品(WEX-733D)よりも速度が約40%アップしています。 中継時に異なる周波数帯を同時に中継する『デュアルバンド同時接続方式』を採用しているため、通信速度が落ちにくいのもポイントです。 不正アクセスを拒否する『Any接続拒否』や端末同士のアクセスを禁止する『プライバシーセパレーター』などのセキュリティ機能も充実しています。家はもちろん、職場で使用するのにも適しているでしょう。
ELECOM WTC-1167US
4,836円(税込)
[PR]
口コミを投稿

ELECOM WTC-1167US

『エレコム(ELECOM)』の『WTC-1167US』は、35(W)×10(D)×115(H)mmの超スリムボディです。 同社の従来品(WTC-1167HWH)と比べて、約-72%の薄型化を実現しています。中継機とはわからない長方形のスタイリッシュなデザインで、部屋のインテリアの邪魔にもなりません。 11ac規格対応のデュアルバンドタイプで、最大通信速度は867Mbpsです。 老舗アンテナメーカー『ディエックス アンテナ(DX ANTENNA)』のノウハウを生かした高性能のアンテナが内蔵されており、設置する向きにこだわらずとも効率的に電波が中継されます。

場所を選ばない据え置きタイプ

コードの付いた『据え置きタイプ』は場所を選ばず使えます。

有線LANポートや指向性が高いアンテナなど、コンパクトな直挿しタイプよりも機能面が充実している場合が多く、より快適なネット環境を求める人に向いているでしょう。

BUFFALO WEX-1166DHP2
6,282円(税込)
[PR]
口コミを投稿

BUFFALO WEX-1166DHP2

BUFFALOの『WEX-1166DHP2』は、11ac規格で2×2アンテナ(送信2本・受信2本)の中継機です。さらに、5GHzと2.4GHzの両方に対応しています。 同社のアンテナ内蔵タイプより速度が1.6倍も速く、これまで届きにくかった部屋の隅にもラクに電波が届くでしょう。 据え置き型と直挿し型の両方に対応しており、より自由な配置ができるのも特徴です。ケーブルの長さは2mと長いため、電波が行きわたるベストポジションを探しましょう。 特定の端末に集中的に電波を届ける『ビームフォーミング機能』や、ひかりTVを無線化できる『Giga LANポート』も搭載されています。
BUFFALO WEM-1266
8,972円(税込)
[PR]
口コミを投稿

BUFFALO WEM-1266

BUFFALOの『WEM-1266』は、メッシュ状にネットワークを形成する『メッシュ機能』を搭載した中継機です。 専用のルーターと本製品を組み合わせて使えば、部屋数が多い家やオフィスでもサクサクとネットが使えるようになります。増設は、親機と中継機合わせて10台まで可能です。 円形状のシンプルなデザインは、部屋のインテリアにも違和感なくなじみます。『専用アプリ』をダウンロードすれば、中継機の最適な置き場所から設置完了の判断までをサポートしてくれるでしょう。 最大通信速度1000Mbpsの有線LANポートは、テレビやレコーダーなどの有線機器を無線化するのにも役立ちます。

中継機を活用してインターネットを楽しもう

ルーターの置き場所を変えても電波状況が改善しない場合は、中継機を使って電波の受信範囲を拡大させる方法がおすすめです。

設置場所が廊下や踊り場などの狭い場所の場合は直挿しタイプ、リビングの場合は据え置きタイプを選びます。ルーターと同じ通信規格であるかどうかも、チェックしましょう。

この記事を書いた著者たち
my365 編集部

my365編集部です。一番“オトク”をみつかるサービスや商品の案内、プレスリリースなどをお届けします。

Wi-Fiルーターの種類をわかりやすく解説。おすすめ機種8選

Wi-Fiに繋がらないときはこれを確認。端末別の操作手順も解説

初心者向けWi-Fi接続方法。トラブルが起きたときの解決策も紹介

Wi-Fi速度が遅いと感じたらこれを試そう。サクサク動かすには?