ランニングおすすめ情報
[PR]

ランニングにおすすめなイヤホン9選|走るのがもっと楽しくなるランニング用イヤホンを徹底比較

記事更新日:2020/02/25 記事作成日:2020/02/11
ランニングにおすすめなイヤホンを知りたいですか?この記事では、ランニング用イヤホンの解説や選ぶときのポイントなどを紹介しています。ランニングをもっと楽しくしたい人には必見です。

体やストレス解消のために、ランニングを趣味としている人は多いことでしょう。その中でも、ランニング中に音楽が欠かせないという人が多いのではないでしょうか。

運動をする時に音楽を聴いていると、いくつかプラスになる効果があります。

テンポよく聞こえる音楽と共に走っていると、自然とリズムがついてきませんか?その効果が、運動にも表れてくるのです。

心拍数・呼吸・運動の3つがうまく調和することを、カップリングと呼びます。カップリングが起きると運動に無駄がなくなり、効率よく体を動かすことができると言われています。

また、ランニングは孤独な作業でもあります。音楽を聴いていると、リラックスした状態で走り続けられるでしょう。

音楽を聴いていると疲労感が軽減し、時間が経つのも早く感じられます。これは楽しく運動をするには重要な点です。

このようにランニングをする時に音楽を聴くことには、様々な利点があります。そこで、音楽を聴くイヤホンの登場です。

今回は、ランニングにおすすめなイヤホンについてご紹介します。

ランニング用イヤホンのポイント

ワイヤレスであること

ランニング用イヤホンにはまず、コードが気にならないワイヤレスイヤホンを選ぶことが大切です。

現在のワイヤレスイヤホンは、Bluetooth接続が主流です。左右のイヤホンが線で繋がっていて、首の後ろに回します。

コードが全くない、完全ワイヤレスタイプもあります。

次に、フィット感の高さにも注目です。ランニング用イヤホンは、運動中でも外れないということが重要です。イヤホンの形は、主に3つの種類があります。

自分に合った形状であること

カナル型イヤホン

外耳道にイヤーピースを差し込むタイプです。

別名、耳栓型と呼ばれています。特徴としては、遮音性に優れていて音漏れが少ないという点が挙げられます。

メリットは、細かな音から低音の響きまでしっかり楽しめるところです。反対にデメリットは、音漏れが少ないぶん周囲の音に気付きづらいというところです。

車や人通りの多い環境で使用する時には、音楽に集中しすぎず周囲をよく確認する必要があります。

耳掛け(イヤーフック)型イヤホン

耳に掛けるタイプのイヤホンです。安定性があって、外れづらいという特徴があります。ランニング中は首が動くため、安定感は大きなポイントになります。

ただし、眼鏡を掛けている場合は、つるの部分が干渉しないか注意が必要です。

インナーイヤー型イヤホン

耳介に乗せて聴くタイプのイヤホンで、開放型とも呼ばれています。

装着感がとても軽く、本体が大きいことが特徴です。音質に開放感があって、長時間の装着でも疲れにくいというメリットがあります。

デメリットとしては、遮音性が低くて音漏れしやすいという点があります。イヤホン以外の音を感じることができるので、安全を重視する人にはおすすめです。

軽量であること

ランニング用イヤホンとしては、イヤホンヘッドの重さは重要です。

上下運動を繰り返すランニングでは、振動がかかると重いランニング用イヤホンがずれてしまいます。ランニング用イヤホンは、なるべく軽量なものが良いでしょう。

欲しいイヤホンがいくつか決まったら、重さで決めるという手もおすすめです。

防水であること

ランニング用イヤホンには、防水機能のあるモデルが数多く存在します。

ランニングは基本的に外で行うものなので、突然の雨でも不安なく利用できることが大切です。

ランニング中の汗に影響しないためにも、防水機能が付いたランニング用イヤホンを選ぶといいでしょう。

連続再生時間が長いこと

ランニング用イヤホンをBluetooth接続と考えた場合は、連続再生時間も重要です。

ランニングをしている間に、バッテリーが切れてしまうのも問題です。自分はどれだけの時間、ランニングをするのか考えてみましょう。

数時間から数十時間までさまざまですが、連続再生時間が長いもののほうが一回の充電で長く使えるので便利です。

おすすめランニング用イヤホン9選

Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン PowerBeats3 ML8V2PA/A
18,211円(税込)
[PR]

Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン PowerBeats3 ML8V2PA/A

カラフルなカラー展開から選べるランニング用イヤホン

人間工学に基づいた新しいデザインで、良質なサウンドを実現したランニング用イヤホンです。耳掛けカナル型で、長時間使用しても疲れにくくて外れづらい仕様になっています。

マイク内蔵なので、スマホに急に電話がかかってきても対応できます。

バッテリーは、最長で12時間持続します。バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の充電で約1時間の再生が可能になっています。

ケーブル巻取り用クリップがついているので、いつでもハンズフリーにできます。

リモートトークという機能がケーブルに内蔵されて、iPhoneの人工知能Siriが利用できます。音量の調整や再生トラックの切り替え、電話への応答が簡単に行えます。

耐汗・防沫仕様で雨や汗などにも強く、ハードなトレーニングにもぴったりのランニング用イヤホンです。

カラーバリエーションが豊富で、好きな色が選べます。

Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン
20,920円(税込)
[PR]

Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン

スピーカーで有名なBoseのランニング用イヤホン

Boseからは数多くのイヤホンが発売されていますが、中でもランニング用としておすすめなのがこの完全ワイヤレスイヤホンです。

2時間の充電で、バッテリーが最大で5時間持続します。15分の急速充電で、45分間再生が可能です。

耳の形状はカナル型です。スポーツ仕様として開発されていて、激しいエクササイズにも耐えられるものになっています。

軽量で快適にフィットします。また、音量に合わせて最適化するイコライザーが付いています。

BoseConnectアプリによって、紛失した場合に場所を特定することができます。

最大6時間の再生が可能な、リチウムイオンバッテリー製です。

Bluetooth接続が安定しており、快適に仕様できるランニング用イヤホンになります。

スピーカーで定評のあるBoseらしい、パワフルでバランスの取れた高い品質の音が楽しめます。

IPX4の防滴仕様です。3種類のカラーから選べます。

ソニー SONY イヤホン MDR-AS210

コスパが抜群にいいランニング用イヤホン

防滴機能がついた、耳掛けカナル型のランニング用イヤホンです。有線ですが、ケーブルにクリップが付いているのでウェアに固定することができます。

Bluetooth接続に非対応ですが、しっかりウェアに固定できるので充電のし忘れを気にしないで済みます。

セレーションケーブルで、絡みづらいです。バッテリーが内蔵されておらず、軽量です。

防滴仕様なので、汗や多少の雨でも使用できます。リーズナブルな価格帯のため、ランニング初心者にもおすすめです。

装着時に耳に対して負担軽減をする、エラストマー樹脂を採用しています。

カラーはブラック、ピンク、ブルーの3色から選べます。

SOL REPUBLIC ワイヤレスイヤホン RELAYS SPORT WIRELESS SOL RELAYS SPORT WL SOL-EP1170MN
18,800円(税込)
[PR]

SOL REPUBLIC ワイヤレスイヤホン RELAYS SPORT WIRELESS SOL RELAYS SPORT WL SOL-EP1170MN

シンプルなデザインのランニング用イヤホン

イヤーフックなしでも快適に装着できる、フィット感重視のランニング用イヤホンです。

最大で8時間の連続再生が可能です。10分間の充電で、1時間の再生を実現しています。

長時間でも快適に使用できるように開発された、特別軽量ボディになっています。移動途中で充電が切れてしまっても、クイックチャージ機能で1時間の音楽再生ができます。

リッチな低音と、クリアなサウンドが特徴です。リモートボタンによって、スマホでの通話や音量調節、曲のスキップができます。

マルチポイント接続に対応しており、2台のデバイスで同時にペアリングをすることができます。

シンプルでありながらお洒落なデザインで、スポーツから通勤といった様々なスタイルにマッチします。カラーは、ブラック、ミント、レモンライムの3色展開です。

IPV4対応で、防滴仕様になっています。

PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレス イヤホン BackBeat Fit
9,345円(税込)
[PR]

PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレス イヤホン BackBeat Fit

長距離ランニングにおすすめのランニング用イヤホン

より激しいトレーニングに対応した柔軟性・耐久性・防水性を兼ね備えた、ランニング用イヤホンです。

オプションの充電ケースは、防水メッシュ加工になっています。

思い切りランニングを楽しむためには、何にも邪魔されることなく集中したいものですよね。そんな時のもうひと頑張りを応援する、ランニング用イヤホンです。

IPX7準拠の防水設計で耐汗性ナノコーティングも施されており、雨の日でも気にせず使用できます。

イヤーチップがオープン設計のため、車の多い外でランニングしても周囲の音が聞こえます。

イヤーチップが耳の後ろ側にあたるという独特な形状で、安定性と付け心地が抜群です。

トライアスロンに向けたトレーニングでも、フィットネスプログラムをステップアップする場合でも、スマホアプリのPEAR Personal Coach Appが役に立ちます。

PEAR Personal Coach Appは12種類のワークアウトを無制限に楽しめるアプリで、6カ月間のPEAR+のメンバーシップで、世界で活躍するトレーナーやアスリートから音声トレーニングを受けられます。

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS623
12,118円(税込)
[PR]

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS623

個性的で面白いデザインのランニング用イヤホン

ワイヤレスヘッドホンとしても使える、より幅広い場シーンで活躍するスポーツタイプのウォークマンです。

ユニークな機能が満載で、ランニング用としてだけでなく様々な可能性が開ける機器です。

フルマラソンでも余裕の、12時間の連続再生ができます。3分の充電で、約60分の再生が可能です。

この機器は、単なるランニング用イヤホンの域を超えています。もともとはウォークマンで、それを内蔵したヘッドホン一体型の機械です。

海水対応・防塵・耐寒熱性能を備えた、トライアスロンなどにも向くタフな仕様になっています。

Bluetoothとメモリの両方を、32gのボディに搭載しています。スマホと繋げてYouTubeやストリーミング再生、インターネットラジオを楽しみながらトレーニングしたり、内蔵メモリに保存した楽曲を楽しむこともできます。

水泳中に音楽を楽しむこともできるのが、内蔵メモリ搭載の特徴でもあります。

ヘッドホンに内蔵されたマイクが環境音や人の声を取り込む機能もあるので、スポーツ中に周囲の状況に気を配ることができます。

外音取り込み機能は切り替えができるので、集中したい時と外の音を聞きたい時と使い分けられます。

AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AFT-EP-000001
8,900円(税込)
[PR]

AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AFT-EP-000001

骨伝導で音を聞き取るランニング用イヤホン

このランニング用イヤホンは、骨伝導Bluetoothイヤホンです。耳を介さないにも関わらず、高級オーディレベルの音質が楽しめます。

約36gの超軽量ボディで、長時間設計のバッテリーを搭載しています。約6時間の再生、スタンバイなら10日間ほど充電なしで使用できます。

耳をふさがないので、ランニングの時に環境音が聞き取れます。車や歩行者に気を配りやすいでしょう。

ヘッドバンド部分は優れた柔軟性と耐久性を兼ね備えていて、チタニウムを採用しています。

ラバーコーティングされているので肌触りが良く、36gと超軽量です。

骨伝導でありながらダイナミックな音と低音を楽しめて、音漏れが最小限に抑えられています。

IPX5の防水規格を取得しているので、汗や小雨を気にすることなく使用できます。防塵作用もあり、塵や埃から保護されます。

デュアルノイズキャンセリングマイクが内蔵されているので、スマホで周囲のノイズを排除した通話が楽しめます。

バッテリーの残量を、iPhone側から確認することが可能です。

Anker Zolo Liberty+ AK-Z2010511

未来的なデザインのランニング用イヤホン

完全に独立したイヤー部分になっている、ランニング用イヤホンです。

Push And Go機能により充電ケースから取り出したら自動的にスマホ等のデバイスに接続され、ケースに戻すと自動的に接続解除されます。接続のたびに、スイッチを長押しする必要がありません。

3.5時間の連続再生が可能です。少なく感じるかもしれませんが、ランニング用イヤホンとしては充分ではないでしょうか。

ちなみに、充電ケースの最大充電量は48時間となっています。

周辺音取り込み機能が付加されていて、イヤホンを長押しするだけで切り替えが可能です。

イヤホンコードが無いため、真のワイヤレスランニング用イヤホンと言えるでしょう。IPX5規格で、防水・防汗性能も充分です。

ランニング用イヤホンとしてだけでなく、旅行などでもクールに使用できます。

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-SP500 BQ
5,945円(税込)
[PR]

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-SP500 BQ

スポーツにぴったりのランニング用イヤホン

細長いユニークな形状の、ネックバンド型ワイヤレスランニング用イヤホンです。音楽を聴きながら、周囲の音も聞きやすい開放型タイプとなっています。

バッテリー駆動は、最大で8時間です。IPX4の防滴対応で汗や雨に強く、スポーツに適しています。

ノイズキャンセルやアンビエントサウンド機能が搭載された上位モデルが存在しますが、中でもこのイヤホンが最も再生時間が長いです。

人間工学に基づき、装着性や外れづらさを考えて設計されたユニークな専用イヤーピースを使用しています。

オープンタイプのドライバー採用により、アナログ的に周囲の音を聞くことができます。

おすすめランニング用イヤホンの比較一覧

Beats
Bose
ソニー
SOL REPUBLIC
PLANTRONICS
ソニー
AfterShokz
Anker
ソニー
商品名Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン PowerBeats3 ML8V2PA/ABose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホンソニー SONY イヤホン MDR-AS210SOL REPUBLIC ワイヤレスイヤホン RELAYS SPORT WIRELESS SOL RELAYS SPORT WL SOL-EP1170MNPLANTRONICS Bluetooth ワイヤレス イヤホン BackBeat Fitソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS623AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AFT-EP-000001Anker Zolo Liberty+ AK-Z2010511ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-SP500 BQ
価格18,211円(税込)20,920円(税込)1,734円(税込)18,800円(税込)9,345円(税込)12,118円(税込)8,900円(税込)9,500円(税込)5,945円(税込)
商品リンク

まとめ

ランニングを楽しむために、音楽は欠かせない存在です。

今はワイヤレスのランニング用イヤホンも性能が良くなり、重低音などがしっかりしたものになっています。

今回ご紹介したランニング用イヤホンは、全て汗や雨に強い仕様になっています。

ランニングの時に、スポーツウェアやシューズのデザインにこだわる方も多いでしょう。今のランニング用イヤホンは、いろいろなデザインのものが発売されています。

機能十分でなおかつ、デザインが好みのものを探していきましょう。

走るのがまた、楽しくなりますよ。

この記事を書いた著者たち
my365 家電編集部

my365家電特集です。おすすめの家電情報を紹介していきます。