家庭用掃除機おすすめ情報
[PR]

掃除機のおすすめ10選|サイクロン式やコードレスタイプなど徹底比較

記事更新日:2020/02/25 記事作成日:2020/02/06
おすすめの掃除機を知りたいですか?この記事では最新のサイクロン式からフィルターレス、コードレスなど様々なタイプの商品を紹介しています。掃除機の新規購入や買い替えを検討している人には必見です。

掃除機は、毎日の暮らしにおいて必須とも言える家電です。もう何年も何十年も同じもの使っている、そんな人も多いのではないでしょうか。

それでもお掃除はできますが、古い掃除機を使い続けるのはもったいないです。最近の掃除機は、どんどん高性能化しています。

同じように見えても、細かい使い勝手が違うだけで毎日のお掃除の手間が全く違ってくるんです。

例えば、古い掃除機はほとんどがコード接続です。掃除する度にコンセントに刺したりコードを伸ばしたり巻き取ったり、紙パックを取り換える手間もあるでしょう。

そんな手間が無くなるだけでも、お掃除の手間が省けて時間の節約に繋がります。

今回は、そんな最新のおすすめ掃除機をご紹介します。

掃除機のおすすめ・選び方のポイント

サイクロン式

「サイクロン式」は、テレビショッピングやカタログ通販でもすっかりおなじみの用語となっています。

10年ほど前から登場し、特に日本で人気のあるモデルです。それまで当たり前だった「紙パック式」と違い、掃除機の中で遠心分離を行うことによってゴミと空気を分別します。

遠心分離と言われてもイメージできない方もいるかもしれませんが、要するに遠心力で中身を分別するという技術です。これにより、より細かいものを分離します。

紙パック式と比べて一番分かりやすい利点は、当然ですが紙パックがいらないことです。紙パックの中にゴミがいっぱいになると、だんだんと吸い込む力が弱くなってきます。

サイクロン式であれば、そういった心配は不要です。常に同じ力でゴミを吸い込んでくれます。ただしその分、ゴミをこまめに捨てないといけなくなります。

紙パックを買わなくて済むため、経済的です。ゴミを捨てる手間は増えますが、お財布には優しいでしょう。

フィルターレスサイクロン

サイクロン式の中でも、最近増えてきているのがこのタイプです。

ゴミを吸い込むところにフィルターが付いておらず、掃除機本体のお手入れをあまりしなくて済むのが1番のメリットです。

フィルターの付いているタイプは、少なくとも数ヶ月に1回は掃除機本体のお手入れが必要です。しかし、フィルターレスタイプの場合はお手入れが年単位で済みます。

だったらこっちを選ぼう!と思われるかもしれませんが、デメリットもあります。フィルターレスはフィルターの付いているタイプと比べると、全般的に吸引力が弱いです。

そしてメンテナンスの手間がかからない分、フィルター付きタイプのものと比べると値段がややお高めになっています。

お手入れの手間を省きたい人には、フィルターレスタイプはおすすめです。時間をお金で買う、と考えましょう。

紙パック式

メリットの多いサイクロン式ですが、実は紙パック式も根強い人気があります。最近では、人気が盛り返してきている兆しすらあるんです。

紙パックは面倒なのに…と思うかもしれませんが、実は結構メリットもあります。一番のメリットは、掃除機そのものが軽いことです。

サイクロン式は、非常に高度な技術が搭載されています。そのため、紙パック式の掃除機と比べるとどうしても重くなります。

掃除機はほとんど床に置いてコードで引っぱるだけだと思いがちですが、実際の使い勝手では違いがあるものです。

特に小さい部屋がたくさんあるような間取りの多い家では、「掃除機をかついで別の部屋に移動する」というシチュエーションがよく見られます。

腕っぷしに自信のある方にとっては問題にならないでしょうが、非力な方や小さなお子さんにとっては無視できない点でしょう。

逆に紙パック式のデメリットは、サイクロン式のほとんど鏡写しです。サイクロン式でメリットであることが、紙パック式ではデメリットであることが多くなっています。

紙パック式は紙パックを買わなければいけませんし、紙パックが詰まってくると吸い込む力が弱まってしまいます。

サイクロン式は紙パック式より後に出てその欠点を見た上で作られているわけですから、当然と言えば当然かもしれません。

しかし、やはり「軽い」という利点は根強い支持があります。最近、紙パック式の人気が復活してきているのは、このメリットによるところが大きいでしょう。

少し重くても大丈夫という方ならサイクロン式の掃除機、軽い方がいいという方は紙パック式がおすすめです。

コードレスタイプかコード付きタイプか

紙パック式もサイクロン式も、最近の掃除機にはコードレス式が多くなっています。

コードレス式のメリットは、あらためてご紹介するまでもないでしょう。おすすめの掃除機を紹介するのに、コードレスは欠かせないポイントです。

しかし、コード付きタイプのものも新しく出ています。コード付きタイプはコードレスタイプと比べて、コスト面を抑えることが可能です。

少しでも低価格のものを選びたい方やコードの取り回しに慣れてるという方には、コード式の方がおすすめでしょう。

掃除機のおすすめ10選

シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C
9,680円(税込)
[PR]

シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C

おすすめポイント

  • サイクロン式なのにお手頃なお値段
  • フィルターのお手入れが簡単
  • ボディがコンパクトで使いやすい
  • オールマイティタイプなので、どの掃除機を買おうか迷っている方におすすめのモデルです。
    遠心分離サイクロン搭載なのはもちろん、掃除機のボディが幅25.7×奥行36.3×高さ24.8cmと非常にコンパクトです。サイクロンの重さが気になるという方も、このサイズなら手軽に扱えるのではないでしょうか。
    シックなデザインで、オフィスやお店でも場所を選ばす使えるモデルと言えます。

    東芝 サイクロンクリーナー トルネオミニ 掃除機 VC-C3
    16,580円(税込)
    [PR]

    東芝 サイクロンクリーナー トルネオミニ 掃除機 VC-C3

    おすすめポイント

  • サイクロン式なのに本体重量が軽め
  • ビビッドで目を引くデザイン
  • やや大きめの本体サイズでサイクロン式なのにも関わらず、重量が非常に軽くなっています。わずか2.3kgです。
    すき間ノズルや、掃除機本体をお手入れするためのブラシが標準で付属するのもポイントです。
    パッと目を引くビビッドなデザインで、置くだけでおしゃれな空間になるでしょう。

    ソウイ 掃除機サイクロン 軽量 スティック ハンディ タイプ SY-054
    5,980円(税込)
    [PR]

    ソウイ 掃除機サイクロン 軽量 スティック ハンディ タイプ SY-054

    おすすめポイント

  • ハンディタイプなので場所をとらない
  • 洗練されたデザインで置く場所を選ばない
  • 手頃なお値段
  • スティックタイプなので、床に置くタイプのものと比べるととてもコンパクトにできています。掃除しない時に部屋の隅に置いておいても、あまり場所を取りません。
    手軽に取り出して素早く掃除したい、という方におすすめです。
    ただし、掃除中は掃除機全体を持って移動することになります。そのため、床に置くタイプのものと比べると負担が大きくなります。
    サイクロン式なので、メンテナンスの手間がかからないというメリットがあります。
    コンパクトなので、掃除機を置くスペースに余裕がない方におすすめのモデルと言えるでしょう。

    東芝 紙パック式掃除機 フローリングターボヘッドタイプ VC-PC6A
    11,227円(税込)
    [PR]

    東芝 紙パック式掃除機 フローリングターボヘッドタイプ VC-PC6A

    おすすめポイント

  • 紙パック式の新しいモデル
  • 昔ながらのタイプで使いやすい
  • ヘッドが丸ごと水洗いできる
  • 紙パック式の新しいモデルです。昔ながらの紙パック式も、最近は人気が再燃しつつあります。
    紙パック式は、ほとんどの人が一度は使った経験があるでしょう。非常にスタンダードな形状であり、使いやすさを求めている方におすすめです。
    ヘッドの部分が丸ごと水洗いできるようになっていて、詰まりづらいのが特徴です。

    Elec-Diamond コードレス 掃除機 18710054 14 【 63542】
    6,999円(税込)
    [PR]

    Elec-Diamond コードレス 掃除機 18710054 14 【 63542】

    おすすめポイント

  • スタイリッシュなデザイン
  • 先だけとり外してハンディクリーナーとしても使える
  • ダストボックスとフィルターが水洗い可能
  • スタイリッシュなデザインが目を引く、スティックタイプのサイクロン掃除機です。
    シンプルな見た目で、どんな部屋に置いても違和感なくマッチするでしょう。
    デザイン以外の大きな特徴として、掃除機の先端の方だけを取り外してハンディクリーナーとして使うことができます。
    机の上なんかをちょっと掃除する、なんて時に非常に便利です。
    ダストボックスとフィルターが水洗いできるので、お手入れしやすいところもポイントです。

    DEIK 充電式&サイクロン式 コードレス掃除機 4種類ブラシ付属
    25,471円(税込)
    [PR]

    DEIK 充電式&サイクロン式 コードレス掃除機 4種類ブラシ付属

    おすすめポイント

  • 専用ブラシが4種類付属
  • 強力な吸引力
  • 特徴的で洗練されたデザイン
  • こちらもハンディタイプですが、オフィスやお店に置いておく掃除機としておすすめです。
    ハンディタイプなのに吸引力が非常に強く、サイクロン式なので吸引力が持続します。
    人の出入りが激しくてゴミがよく出るようなオフィスでは、力強い味方となってくれるでしょう。
    細いところのお掃除用など、専用のブラシが4種類も付属しています。
    ノズル部分を外して本体に直接ブラシを付ければ、ハンディクリーナーのように使えます。
    洗練されたデザインで、置く場所を選びません。

    パナソニック サイクロン掃除機 MC-SR540G
    31,680円(税込)
    [PR]

    パナソニック サイクロン掃除機 MC-SR540G

    おすすめポイント

  • フィルターレスでお手入れがラク、なんと2年間お手入れ不要
  • ふとん清潔ノズルが付属
  • 先端にライトが付いており、暗い場所でも使いやすい
  • フィルターレスのサイクロン掃除機です。
    メーカー公称で、2年間お手入れ不要となっています。お手入れの手間をかけたくない、という方におすすめです。
    ふとん清潔ノズルや、ヘッドの先にはLEDライトが付属しています。ヘッドのライトを使えば、暗い所でも掃除がしやすいです。
    値段が少し高めですが、それだけの価値がある掃除機と言えるでしょう。

    ダイソン 掃除機 Dyson Ball Turbinehead CY25 TH
    32,100円(税込)
    [PR]

    ダイソン 掃除機 Dyson Ball Turbinehead CY25 TH

    おすすめポイント

  • 本家ダイソンのサイクロン式
  • フィルタが1年お掃除いらず
  • ゴミ捨てが簡単
  • 日本でサイクロン式を流行らせたと言っても過言ではない、おなじみダイソンのサイクロン掃除機です。
    吸引力やゴミの吸いとりやすさなど、さすが定番メーカーという安定感があります。
    フィルターが1年間お掃除いらずとなっており、メンテナンスに手間がかかりません。
    サイクロン部分がワンタッチで取り外せるようになっており、手軽にゴミが捨てられます。

    Peetoko 乾電池式卓上掃除機 M12

    おすすめポイント

  • テーブルの上を手軽にお掃除できる
  • 小さいけどしっかり吸い込む
  • 価格がリーズナブル
  • こちらは今まで紹介したものと違い、主にテーブルの上で使用する小型タイプの掃除機です。
    テーブルまわりは、意外とすぐに汚れますよね。特にオフィスなどでは、それが顕著でしょう。
    ハンディタイプでもテーブルの上は掃除できますが、いちいち掃除機を持ち出すのはちょっと大袈裟です。
    こちらの商品ならコンパクトサイズで、いつでも手軽に取り出せます。小さいながらに、吸い込む力も抜群です。

    iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780
    36,644円(税込)
    [PR]

    iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780

    おすすめポイント

  • 何と言っても全自動
  • 言わずとしれたお掃除ロボットの代名詞、ルンバです。最近では、他のメーカーからも類似製品が数多く出ています。
    全自動で時間を節約できるので、忙しい人におすすめです。

    おすすめ掃除機の比較一覧

    シャープ
    東芝
    ソウイ
    東芝
    Elec-Diamond
    DEIK
    パナソニック
    ダイソン
    Peetoko
    iRobot
    商品名シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C東芝 サイクロンクリーナー トルネオミニ 掃除機 VC-C3ソウイ 掃除機サイクロン 軽量 スティック ハンディ タイプ SY-054東芝 紙パック式掃除機 フローリングターボヘッドタイプ VC-PC6AElec-Diamond コードレス 掃除機 18710054 14 【 63542】DEIK 充電式&サイクロン式 コードレス掃除機 4種類ブラシ付属パナソニック サイクロン掃除機 MC-SR540Gダイソン 掃除機 Dyson Ball Turbinehead CY25 THPeetoko 乾電池式卓上掃除機 M12iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780
    価格9,680円(税込)16,580円(税込)5,980円(税込)11,227円(税込)6,999円(税込)25,471円(税込)31,680円(税込)32,100円(税込)1,399円(税込)36,644円(税込)
    商品リンク

    まとめ

    サイクロン式やコードレスタイプだけでなく、紙パック式にも数々のメリットがあります。お掃除ロボットは平面のみですが、使い方によっては強い味方になってくれます。

    今回おすすめした掃除機を参考に、自分の用途にぴったりのものを選んでくださいね。

    この記事を書いた著者たち
    ライター 川島 裕美

    お掃除とキッチン家電が好きな主婦歴8年目の専業主婦です。毎日の楽しみは家事の合間のちょっとしたひと息に食べるチョコレートと紅茶です。
    暮らしを楽しく、便利にてくれる家電をみなさまにご紹介していければと思います!

    参考にしたい大掃除チェックリスト。場所別の掃除方法も紹介

    壁紙の手垢やカビ掃除の方法。簡単に汚れを落とせるアイテム3選