看護師転職おすすめ情報
[PR]

【徹底解説】看護師が30代転職で成功する方法

記事更新日:2020/03/09 記事作成日:2020/01/15
新卒看護師として一生懸命働き続け、結婚や育児を経験して気づけば30代の中堅看護師になっていた…という人も多いでしょう。 30代看護師になると今後のキャリアを考える機会も多くなります。 「今の仕事も好きだけど他の分野や病院でも働いてみたい」 「結婚を機に転職をしてみたい」 「育児も落ち着いてきたので新たな職場で挑戦してみたい」 まだ体力も十分あり、知識やスキルを磨いてきた30代看護師はどのような条件であっても転職を成功させることは可能です。 今回は看護師が30代転職で成功する方法について徹底解説します。
この記事を書いた著者たち
ライター YU KI

看護師歴15年。大学文学部卒業から大学看護医療学部へ学士編入し、助産師・看護師・保健師資格を取得。卒業後は、産科・精神科・不妊クリニック・大学保健室・訪問看護ステーション勤務。現在は医療・看護ライターを中心に活躍。医療・看護・恋愛・婚活記事を中心に執筆をし好評を得ている。趣味はウォーキング、ガーデニング、フラメンコ

1. 看護師30代の転職事情

30代看護師の転職事情はどうなっているのでしょうか。
30代で転職をする看護師は多いものの職場でも中堅〜ベテランナースとして活躍し、転職しづらい看護師もいます。
さらに、これから結婚予定があるのか・育児最中なのか・育児後仕事に復帰できる段階なのかによっても転職活動の内容は異なります。
女性や家族のライフイベントに少なからず左右されるのが、30代看護師の転職の特徴です。 実際に、職場にはどのくらい30代看護師がいるのでしょうか。
平成28年度末の看護職の年齢ごとの割合を年代別に多い方からみてみます。*1


  • 40〜44歳:15%
  • 35〜39歳:14.3%
  • 45〜49歳:13.2%
  • 25〜29歳:12.7%
  • 30〜34歳:12.4%

  • 30代の看護師数は30代前半は一時的に割合が減りますが、30代後半になると増えます。
    そして、40代前半が全年齢でもっとも多いこともわかります。
    このことから、30代前半は結婚や出産育児で職を離れることが多いものの30代後半から復職を始め、結果として40代の看護師が働く割合が多くなる傾向があることも示唆できます。
    成熟した看護師として働ける40代に向けての30代の働き方・転職はとても大きな意味を持つものになるといえるでしょう。

    *1 公益社団法人日本看護協会 看護統計資料室 就業状況 1. 就業者数
    助 産 師 保 健 師 看 護 師 准 看 護 師

    2. ちょっと待って!30代看護師の転職前に考えるべきこと

    転職したい気持ちが高まっても、勢いで転職をしてしまうと失敗することもあります。
    30代転職前に考えるべきことを解説します。

    2-1. 転職の理由や動機はそれでいいの?

    30代看護師は、いわば看護師キャリアの中でも伸び盛りのときです。
    身近な看護師の中にも30代で転職をする人も多く「自分も転職しなくては」と焦る気持ちも分かります。
    しかし転職活動はあなたの未来に影響を与えるものであり、周りに流されてすべきものではありません。
    一時的な感情にとらわれず、まずはこれから看護師としてどのように成長していきたいかをベースに考えると、転職があなたの人生にプラスになる可能性も高くなります。

    2-2. 転職せず昇進する道もある

    他の病院や分野に転職をすることだけが看護師のキャリアアップではありません。
    今働いている場所で長く働き、スキルを磨きつつ成長することは十分可能です。
    リーダー・師長・部長クラスへの昇進を目指すこともできれば、大病院であれば他の診療科に転属して経験を積むこともできます。
    同じ病院での転属なら、転職活動の負担を減らすことができるのも大きなメリットです。

    2-3. 結婚・出産などプライベートの予定も考える

    これから予定しているプライベートのプランがあるなら、それを最重要事項として考えてください。
    その上で、30代で転職することが人生プランに有利に働くのなら、転職をするのも一つです。
    女性にとって30代はプライベートで妻・母親としての役割を求められることの多い年代です。
    それらの役割を果たしつつ看護師として無理なく働けることを考えましょう。

    3. 看護師の30代転職のメリット

    様々な条件を考慮して、それでも転職をしたいと思うのなら、その時があなたにとってベストな転職時期です。
    ここでは30代看護師が転職をする際のメリットを紹介します。

    3-1. 相応の臨床経験を評価してもらえる

    30代ともなればもはや中堅〜ベテランの看護師です。
    今まで培ってきた臨床技術だけでなく、患者や家族・医療チーム内でのコミュニケーションスキルが高いことも評価されやすくなります。
    さらに、結婚や育児を経験した女性はそれらの経験から、より柔軟なコミュニケーションスキルを身につけていることも多いですよね。
    20代看護師よりも、その高い臨床技術や広い視野を評価してもらいやすいメリットがあります。

    3-2. 経験によって給与や働き方の交渉が可能

    人生経験を積んだ女性なら「看護師としてこれからこのように働きたい」と確固たる考えを持って転職活動に臨めます。
    希望する給与や手当の内容・働き方などに対する交渉も臆することなく、転職先の病院と行えるのも転職を考える30代看護師の強みです。

    3-3. 出産・育児がある人はパートなどの働き方も選べる

    30代看護師は育児世代でもあり、夜勤のあるフルタイムの仕事が難しい人も多いです。
    そのような看護師に適した昼間のみのパート勤務も実は求人情報に多いのも事実です。
    短時間勤務を歓迎する病院やクリニックもあり、自分の希望や条件に合わせた求人を選ぶことができます。
    もちろんパート勤務から正社員になる道もあり、働き方は自由に選べます。

    3-4. 現場ですぐ即戦力になり、転職後も長く働く人材としてみられる

    30代看護師は、転職しても看護の基礎から指導する必要がないため、転職先ですぐに即戦力となりえます。
    そのため、転職先の病院も30代の看護師を受け入れやすい好条件となります。
    経験の浅い看護師を再教育するなどの負担も少なく、しかもまだ体力のある30代だからこそ、転職後も長く働いてもらえる人材として見られやすいのも大きなメリットです。

    4. 看護師の30代転職のデメリット

    一方で30代看護師が転職する際のデメリットもあります。

    4-1. 経験やスキルによって職場選びが制限されることもある

    20代に結婚して育児などで看護師のブランク期間がある人もいます。
    すると同年代の看護師に比べて経験やスキルに差が出てしまうこともあります。
    さらにこれまで働いていた分野が特殊な科であると経験があまり考慮されず、転職先選びがやや制限されるデメリットがあります。

    4-2. 転職先によっては体力的に厳しい場所もある

    「これまで経験したことのない挑戦したい」と思う30代看護師もいますが、例えば救急外来やICUなどは技術・体力的に厳しく感じてしまうでしょう。
    育児中の看護師では交代制勤務が必須の転職だと、いくら新たに挑戦したいと思っている職場であっても転職はしにくいです。
    一方で20代看護師であれば、ある程度の体力と気力があれば条件的に厳しい職場でもなんとか乗り越えられるという違いがあります。

    4-3. 転職先の環境に順応しにくいタイプもいる

    自身の偏ったものの見方や行動が見られる30代看護師は、転職先での新たな環境に柔軟に対応できずに孤立してしまうこともあります。
    これまでの仕事のやり方が変えられないタイプだと転職先に慣れるのに時間がかかり、結局短期間で転職するケースもあります。

    4-4. 仕事とプライベートのバランスが難しいことがある

    既婚者であれば育児時期が重なったり、家事や介護などに追われたりして、せっかく転職をしても、仕事とプライベートのバランスをとれない場合があります。
    未婚者も趣味の時間を大切にしたり、婚活やプライベートを充実させるために多忙になることもあります。
    ライフイベントに左右されることの多い30代看護師ならではのデメリットが挙げられます。

    5. 30代看護師の転職を成功させるために必要なこと

    30代看護師の転職を成功させるために何が必要なのでしょうか。

    5-1. ワークライフバランスを考えた人生設計をまず考える

    まずは自分の人生の中で何を大切にするのかの優先順位を決め、人生設計をしっかり立てることが大切です。
    30代は40代に向けて、だんだんと体力の衰えを感じる頃でもあり、自分の健康を維持できる生活を基本に考えた上で転職先を選ぶことをおすすめします。

    5-2. 看護師としてのキャリアプランを明確にする

    自分が望む看護師のキャリアプランを明確にしてください。
    大切なのは自分の経験値や生活スタイルにあったプランを練ることであり、不得意なことに無理をして挑戦する必要はありません。
    自分の生き方を再度棚卸して、理想とする生活スタイルをより理解してくれる職場を選択するのがベストです。

    5-3. 自分が得意な分野・極めたい分野や譲れない条件を決める

    臨床経験や学んできたことから、得意な分野やこれから極めてみたい分野を絞ります。
    よほど特別な医療知識や技術が必要な分野への転職でなければ、募集があれば転職できる可能性は高いです。
    さらに、譲れない勤務条件はいくつか明確に決めておきます。
    給料・勤務体制・場所など転職先を選ぶ基準を設けておけば、転職活動で無駄に悩む必要もなくなります。

    5-4. 偏ったプライドは持たず素直に転職活動をすること

    学歴やこれまでのキャリアにこだわり「これまでの経歴があるから、相応の場所で働かなくてはいけない」という思考は転職活動の幅を狭めることもあります。
    転職活動では挑戦する気持ちは大切です。
    しかし自分に合わない場所で働くと、のちに後悔することもあります。
    まずは自分の性格やスキル技術・経歴を自己分析し、「働いてみたい」と素直に思える場所を探す転職活動をすることが大切です。

    6 . 30代看護師が転職するときのおすすめ転職サイト

    最後に30代看護師が使えるオススメの看護師転職サイトを紹介しましょう。

    看護のお仕事
    非公開求人も全国12万の事業所から多数紹介!
    [PR]
    口コミを投稿

    6-1. 看護のお仕事

    担当コンサルタントの力量に定評があり、多少わがままな条件も対応してくれると評判の「看護のお仕事」。
    求人数も業界トップクラスに並び、質の高いコンサルタントが自分にあった求人をピックアップしてくれます。
    「転職で妥協をしたくない」という希望を十分に考慮してくれるため、本気で転職で成功したい看護師におすすめです。

    マイナビ看護師
    日本最大級の看護師求人サイト
    [PR]
    口コミを投稿

    6-2. マイナビ看護師

    3年連続認知度No.1を誇る「マイナビ看護師」は30代に看護師の転職も強力にサポートをしてくれます。
    治験コーディネーターや産業看護師など企業で働く看護師の紹介が多いことが特徴です。
    病院以外の新たな場所での転職先を見つけるのにも便利に使えるサイトです。
    各々のキャリアアップに対し看護師専任のキャリアアドバイザーが希望や条件を聞きアドバイスをしてくれるのもポイントです。

    ナースではたらこ
    あなただけの非公開求人を見つける看護師転職サービス
    [PR]
    口コミを投稿

    6-3. ナースではたらこ

    楽天リサーチ調べでは「ナースではたらこ」を利用した20〜40代の看護師の顧客満足度がNo.1に選ばれたサイトでもあります。
    担当コンサルタントが親身になって希望を聞いてくれて、さらに転職活動が終わる最後までナビゲートしてくれると定評があります。
    転職コンサルタントなど提供されるサービス全体のバランスがよいところも特徴です。

    看護師roo
    好条件の看護師求人を無料で紹介
    [PR]
    口コミを投稿

    6-4. 看護Roo!

    求人の対応エリアは限られているものの、その分非公開求人は業界トップクラスを誇る「看護roo!」は、口コミサイトでも人気が高いです。
    転職をしたい地域が合致すれば、その中で30代看護師の転職にマッチしたものを紹介してくれます。
    地域が限定されている分、病院の内部を独自の調査で調べて求人を厳選しているのも、転職で失敗したくないと思う30代看護師には嬉しいところです。

    ナースフル
    認知度・信頼度No.1の看護師転職トータルサポート
    [PR]
    口コミを投稿

    6-5. ナースフル

    リクルートの100%子会社が運営する「ナースフル」は、いわば転職のプロのサイトと言ってもいいでしょう。
    リクルートというブランドを十分に活用して、豊富な臨床経験や知識のある30代の看護師の転職を全面的にサポートしてくれます。
    プロの転職コンサルタントに希望条件を伝えるとしっかりと求人紹介してくれると評判です。

    7 . おすすめ転職サイトの看護師転職サービス比較表

    商品名看護のお仕事マイナビ看護師看護プロ看護師rooナースフル
    価格非公開求人も全国12万の事業所から多数紹介!日本最大級の看護師求人サイト病院の口コミや評判を探すならココ好条件の看護師求人を無料で紹介認知度・信頼度No.1の看護師転職トータルサポート
    求人数165553377095838554154852
    カバーエリア全国全国全国全国全国
    担当がついてくれるか
    希望給与の選択
    担当業務の選択
    勤務時間・形態の選択
    商品リンク

    いくつか30代看護師の転職にオススメのサイトがありますが、ポイントは限られた時間の中で効率よく転職できるサポートが受けられるサイトを選ぶことです。
    さらに非公開求人を多い・パートなど様々な働き方を提案してくれるサイトを選ぶことも重要なポイントでしょう。

    まとめ

    ライフスタイルや人生設計を考え転職先を選ぶ事が成功の近道

    30代看護師は看護転職業界においては、一番の売り手市場ともいえます。
    30代でも転職するのに遅いことはなく、転職の進め方によっては今より良い環境で働けるチャンスは多くあります。
    そんなチャンスを自分のものにするためには、闇雲に転職を活動をするのではなく、自分のキャリアと生活のバランスを考えた転職先を選ぶのが重要です。
    看護師の人材は常に求められているため、焦らずに自分の人生の幸せをまず第一に考えながら、じっくりと転職活動をしていくことをおすすめします。

    看護師転職サイトを使わないほうがいい?!転職サイトを使う前に見てほしいポイント

    ママさんナースの転職体験記~結婚後も看護師を続ける選択