一人暮らしスープメーカーおすすめ
[PR]

スープメーカーおすすめ10選|1人暮らし向きのメーカーをクチコミで徹底比較

記事更新日:2020/04/13 記事作成日:2020/01/14
お一人様のためのスープメーカーを知りたいですか?この記事では初級と上級編に分けて、それぞれおすすめのスープメーカーを紹介しています。自宅で手軽にスープを作りたい人には必見です。

一人暮らしをはじめた頃はキッチンによく立ってたけど一人暮らしがなれてきて一人分の料理を作るのが面倒だし後片付けもやりたくない!でもちゃんと野菜も取りたい!

そんな人におすすめなのがスープメーカーです。

野菜やお肉、魚を切って調味料を加えてスープメーカーに入れてスイッチオン!

時間がたつとおいしいスープができるので、火を使わずにその他の料理器具も汚さずに作れるのが特徴的です。

ビシソワーズやコーンポタージュなどのポタージュ系のスープも作ることができます。

スープは同じ野菜や肉を使ってもトマト系にしたり、コンソメや和風など調味料によって様々な変化を与えてくれるので多めに作って食べる時にアレンジするのもおすすめです♪ 実は、スープメーカーは小豆とたっぷりの砂糖に少量の塩を加えると"おしるこ"も作れちゃうんです!ぜひ、お試しあれ♪ ※メーカによっては作れない場合もございます。購入前に豆料理に適しているか確認してください。

スープメーカーの選び方

スープメーカーは、自宅で手軽にスープを作れるキッチン家電です。スープメーカーを使うことで、野菜や果物の栄養を損なうことなく取り入れられるので、栄養が不足しがちの一人暮らしにも最適です。

スープメーカーではおかゆも作ることができるため、胃腸の調子が悪い時などにも体に優しい料理を簡単に食べることができます。

とはいえ話題になってからというもの、あらゆるメーカーからスープ―メーカーが開発され、今では価格帯も様々で、小型のものから本格的なものまで各種あるのが実情。手っ取り早く買ってみようかと思っても、どれを選べばいいか分かりません。

そこで、今回はスープメーカーの選び方を初級と上級編に分け、それぞれのおすすめの機種を紹介しましょう。

ぜひ自分に合ったスープメーカーを探してみてください。

【初心者向け】スープメーカーの選び方~導入編

スープメーカーを選ぶのに大事なことは何よりも、キチンと自分が望むメニューを作れるかということです。

最初に買ったスープメーカーで自分の希望通りのメニューができないとなれば、どれだけ便利でもいずれは使わなくなってしまうでしょう。

最近はスープだけでなく、ジャムやスムージーなどさまざまなメニューを作れるものがあります。まずは作れるメニューを重視して選ぶといいかもしれません。

また、使っていて「不便だな」「可愛くないな」と思わないかも重要です。

どれだけ便利なものでも、使っていてなんとなく不満を感じてしまうとそれだけで手が遠のきます。

選び方のポイント

  • 価格は高すぎず、すぐに壊れたりしないこと
  • 自分が食べてみたいメニューが作れること
  • テーブルの上に置いておけるサイズであること
  • 操作が簡単で、使い勝手が良いこと
  • デザイン性などもかわいいものになっていること
  • 【しっかり使う上級者向け】スープメーカーの選び方~本格編

    最初にスープメーカーを使うのであれば、価格面と食べたいメニューなどを重要視するべきですが、日常的に使っていると「もっとあれがしたい、これもしたい」といろいろな希望が出てくるでしょう。

    「今使っている機種になにか不満を感じている」
    「スープメーカーの買い替えを検討している」

    という人は、今後もスープメーカーを長く使っていくと考えられるので、少しグレードアップしたモデルを使ってもいいかもしれません。

    選び方のポイント

  • ずっと使える作りになっているか
  • 洗いやすい形になっているか
  • 多彩なメニューに対応しているか
  • 普段の消費に対して十分な容量があるか
  • 【はじめての人でも使いやすい】スープメーカーのエントリーモデルおすすめ5選

    minish スープメーカー 800ml DSM-138
    8,400円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    minish スープメーカー 800ml DSM-138

    使い方も簡単なお値打ちスープメーカー

  • 簡単にスープを作ることができる
  • 800mlのサイズになっているので、丁度よい量のスープを作ることができる
  • 可愛らしいデザインとなっており、テーブルに置いておける
  • 入れてスイッチを入れるだけなので、ほかの料理も並行して作れる
  • 野菜の栄養がたっぷりつまったスープを作ることができるキッチン家電です。手順としては、「切る」「入れる」「ボタンを押す」という簡単手順でスープができます。野菜は小さめに切る方が、攪拌の負担が少なくなります。容量は800mlとなっているので、2~3人前作るにはちょうど良い大きさのスープメーカーです。モード設定は4つのボタンから選ぶことができます。「スープ」「食べるスープ」「スムージー」「おかゆ」のボタンから簡単に目の粗さを設定できます。乳製品が多いと焦げつくこともあるので、ご注意ください。野菜が嫌いな場合でも、スープにすることでおいしく食べられるでしょう。可愛らしいデザインなので、食卓に置いてもいいでしょう。電源部分と調理部分は洗えない箇所があるので、洗うときには少し注意が必要になります。牛乳や生クリームを混ぜる際には、別の容器に移し替えるといいでしょう。色はピンクの他にアイボリーなどがあります。大きさもちょうど良いので、テーブルの上に置いたり、収納するのにもそれほど困らないサイズとなっています。2.6kgくらいなので、軽さもちょうどよいのではないでしょうか。プレゼントとしても良いキッチン家電です。

    ツインバード スロークッカー EP-4717
    2,683円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    ツインバード スロークッカー EP-4717

    長時間の煮込み料理にも最適なスープメーカー

  • サイズ:28.5×23.5×28.5cm
  • 電気の加熱で煮崩れしにくい温度をキープできる
  • なべの素材が溶け出す心配がなく、保温性の高い陶磁器製
  • お料理レシピ付き
  • スープはじっくりコトコトと煮込む必要があるので、コンロなどを占領する場合がありますがスロークッカーは火を使わずに煮込み料理を作ることのできるキッチン家電です。電気の強さを強弱切り替えることのできるスイッチがついています。じっくり煮込むことで、素材のおいしさを引き出すことが可能です。慌てて煮てしまうと煮崩れを起こすことがありますが、ゆっくりコトコト煮込むことで煮崩れしにくいス―プが作れるキッチン家電です。長く煮込んでもコンロをふさぐことがないので、空いたコンロでもう一品料理を作ることができます。電気の力で一定温度をキープするので、吹きこぼれにくいのも特徴のスープメーカーです。10時間煮込んだ場合でも、電気代はわずか28.6円ほど(弱で1時間煮込んだ場合、電気料金の目安は22円/Kwh)。スープだけでなく、煮物料理にも最適なキッチン家電です。陶器鍋のため、長時間水につけておくことは避けてください。割れる原因になります。時間を気にしないで料理を作ることができることで人気のスープメーカーです。長時間の煮込みが必要な料理の場合にはいいでしょう。スープメーカーとしてだけでなく、煮物にも対応できるキッチン家電です。

    ゼンケン 野菜スープメーカー 菜食元気 VS-900B
    12,000円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    ゼンケン 野菜スープメーカー 菜食元気 VS-900B

    お値打ち価格で簡単に美味しいスープが作れるスープメーカー

  • サイズ: 本体/幅230×奥行170×高さ260mm
  • 重量: 約2800g
  • 具がないスープや食べるスープ、おかゆなどを作ることができる
  • 野菜の種類や調味料を変えて作れる
  • 用量は水·材料込みで900ml
  • 出来上がりの時にはお知らせ音がついている
  • 具がないスープや食べるスープ、おかゆなどを三つのメニューから選んで作ることができます。野菜を様々な種類に変えて楽しむこともできるスープメーカーです。葉物野菜、イモや根菜系のスープもおいしくできるキッチン家電です。スープスイッチには三種類あり、スープ・具残りスープ・おかゆとなっています。2~4人前が一気にできるので、一人で使う場合には冷凍保存するのもいいでしょう。少ない量だけ作ることも可能なキッチン家電です。上蓋が少し重たい作りになっているので、少し洗いづらさは残るかもしれませんが、きれいに洗うことは可能です。材料をカットするときにはスクリュー部分がきちんと回るように蓋をちゃんと締めましょう。上蓋にスクリューがついているので、少し洗いにくいかもしれませんが、取り外して洗うといいでしょう。

    ミニッシュ スープメーカー 真空ポット900 DSMW-148
    13,799円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    ミニッシュ スープメーカー 真空ポット900 DSMW-148

    簡単・楽々に作れるスープメーカー

  • 本体サイズ:幅約200×奥行約160mm×高さ約290mm
  • 重量:約2.2kg
  • 簡単なボタン操作で4つのモードから料理を選べる
  • 全自動で加熱·粉砕·攪拌することが可能
  • 保温効果もあり暖かいスープを飲むことができる
  • 40種類のレシピ付き
  • 4つのメニューボタンがついており、ボタン一つで各種の料理を作ることが可能です。焦げつくことがあるので、牛乳や生クリームなどを大量に入れるのは控えるといいでしょう。生クリームを使用してスープを作る場合には別の鍋に移し替える方が、スープメーカーが焦げることなどがなくなるでしょう。全自動で加熱から粉砕・攪拌を行ってくれますが、できるだけ小さく材料を切ると、滑らかなスープになるでしょう。大きめに切ると食感が残るスープが出来上がります。可愛らしいアイボリーのポット型のスープメーカーなので、テーブルの上に出しておいても可愛らしいキッチン家電となっています。野菜スープを作る際には、分量通り野菜を入れるようにするとおいしいスープが出来上がります。かぼちゃなどのかたい野菜もしっかりとポタージュにしてくれるキッチン家電です。真空ポットになっているので、保温なども適度に行ってくれます。作り置きして、飲むときに牛乳や生クリームで調理するのもいいでしょう。

    コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) KSM-1000
    11,000円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) KSM-1000

    おかゆやスープが30分で完成するスープメーカー

  • 本体サイズ:幅220×奥行150×高さ311mm
  • 質量:約3.7Kg
  • 調理時間:約30分
  • ダイヤルを回して、好みのお料理を作れる
  • ミキサーに加熱&自動調理機能が搭載
  • スープやおかゆ、リゾットが30分でできる
  • コイズミのスープメーカーはミキサーに加熱&自動調理機能が搭載された新しいキッチン家電です。スープやおかゆ、リゾットを30分で作れるのも特徴です。加熱などは選ぶこともできるので、暖かいポタージュスープから冷製スープまでお好みのスープを作れるキッチン家電です。価格もリーズナブルな価格になっています。使ったら容器を取り外して洗いましょう。平日はさっと洗っておいて、休みの日などに、全部分解して洗うのもいいでしょう。ばらして洗えることで衛生的に使えるキッチン家電です。滑らかなスープにする場合には、材料を細かく切っておくと滑らかに仕上がります。食感の残るスープにする場合には、大きめに材料を切って入れるといいでしょう。レッドのミキサー型になっているので、キッチンに置いておいても、おしゃれなキッチン家電です。30分で作れるというのは時短にもなるので、他に一品作りながら使用するのもいいでしょう。ミキサー機能も搭載しているので、スムージーづくりにもいいでしょう。

    【普段使いで頼りになる】スープメーカーのハイグレードモデルおすすめ5選

    YAMAMOTO クックマスター Shunsai(旬彩) YE-CM61
    25,740円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    YAMAMOTO クックマスター Shunsai(旬彩) YE-CM61

    多彩な料理を時短でできるスープメーカー

  • サイズ:W25.2xH30xD21.4cm
  • 適正容量:0.8L
  • 多彩な料理をおまかせで時短料理できる
  • 4つのボタンから選ぶだけで簡単に操作できる
  • 洗いやすく、使っているときの騒音が小さい
  • カットされた食材と水、調味料を入れてボタンを押したら20~30分で調理が完成します。調理の目安は「煮物・おかゆ」モードで約30分、「ポタージュ」モードで約20分、「ソース・ジャム」モードで約30分、「豆乳」モードで約20分となっています。シンプルなパーツ構造になっており、調理後のお手入れが楽であることも特徴です。60品目のレシピブックもついているので、いろんな料理が楽しめます。高性能のDCモーターを採用しているので、使っているときにうるさくないキッチン家電です。使い勝手がよく、思い通りのスープができると評判のスープメーカーです。なめらかなポタージュスープも30分かからずに作ることができます。あまりたくさん材料を入れると多くできるため、1人分作る場合にはレシピの分量通りに作るといいでしょう。2~3人前と記述があれば、半分くらいの量で作ると飲み切れる量になります。ボタン1つで簡単にポタージュスープを作ることも可能です。素材の味を損なうことなく調理でき、手間もかかりません。キッチンにおいても邪魔にならないデザインとなっており、キッチンのインテリアとしてもかっこいいキッチン家電です。価格は高価ですが、壊れることなく使い続けることができるので、長期的に使うことを考えるとそれほど高くないでしょう。再保温はできないので、生クリームや牛乳は温めてから混ぜるといいでしょう。

    コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) KSM-1010
    11,799円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) KSM-1010

    手軽に野菜の栄養がとれるスープメーカー

  • サイズ:22.0×15.0×31.1cm
  • 本体重量:3.7Kg
  • 素材:ガラス(容器)
  • ボタン一つで本格野菜スープや豆乳、おかゆ、スムージーが作れる
  • 調理時間は約30分で完成
  • ボタン一つで自動調理
  • 火加減をみたり、混ぜたりする手間がかからず、手軽に野菜の栄養がとれます。野菜をそのまま食べることに抵抗がある場合には、スープにするのもいいでしょう。4人分が約30分で調理可能です。一人で召し上がる場合には冷凍保存しておくこともでき、少ない分量でも作れます。火を使わずに、材料を入れてボタン一つで簡単に自動調理ができるので、他のお料理を作ることも可能です。ポタージュスープは裏ごしなしでなめらかで濃厚なスープを作ることが可能です。豆乳も自作することができ、豆乳と水でフレッシュな豆乳とおからを20分で作れるキッチン家電です。ミキサー機能も搭載しており、低速・高速・フラッシュ機能で手作りジュースやスムージーもできます。ハーフボタンがついており、二人前も作れます。パーツは分解可能で洗いやすい設計となっており、いつでも清潔に保つことが可能なキッチン家電です。スープだけでなくスムージーも作れるため、美容に興味のある方にもぴったりのスープメーカーです。少し高価になりますが、その分様々な用途に使うことができます。

    タイガー IHスーププロセッサー SKX-A100
    25,459円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    タイガー IHスーププロセッサー SKX-A100

    いくつもの食材で作れるスープメーカー

  • 本体サイズ(約):幅19.2×奥行30.5×高さ24.9cm
  • 本体重量:約3.4Kg
  • トロ火をキープしながらじっくり煮込むことができる
  • 一回に調理できる量は最大で650g(液体の場合は600ml)
  • 味がしみこみやすい温度をキープしながらじっくりと煮込むことができ、食材にしっかり火を通してうまみを引き出すことが可能なキッチン家電です。IHヒーターが搭載されており、細かい火力調節が可能となっています。焦げつきを防ぎながら食材にしっかりと火を通すことができます。「飲むスープ」と「食べるスープ」の二つを自動調理することが可能です。調理後に保温に切り替わった後に、牛乳や生クリームを入れて仕上げる場合や、調理後のカップに残った保温中のスープを温めなおす場合には、温め再加熱が可能です。グレードアップしたスープメーカーには再加熱のシステムなども加わっており、自分好みのスープを味わうこともできます。取り外しも楽で、洗うこともできるため、衛生的に使用することが可能です。スープメーカーが焦げつくといったトラブルもありません。料理の下ごしらえもできるので、スープだけでなく他の料理の下準備にも使用できます。コンロを占領することもありませんので、簡単に材料を入れてスープが楽しめます。お料理好きな方にはお勧めしたいスープメーカーです。

    ブレッツァ フードメーカー シリコンボトル入り
    19,800円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    ブレッツァ フードメーカー シリコンボトル入り

    "蒸す·きざむ·つぶす"までの調理が自動タイマーをセットしたらあとはおまかせ

  • 縦15cmx横27cmx高さ19cm
  • 一つのカップで調理が完結し、野菜スープも簡単にできる
  • お手入れが簡単
  • 汚すことや、こぼさないように便利なシリコンボトルに入っている
  • 蒸し機能付きのミキサーです。スープメーカーとしても使用可能です。食材を切って入れるだけで、簡単にスープが出来上がります。一つのカップで完結するので、洗い物なども少なくて済みます。「蒸す・刻む・つぶす」機能では、「蒸す」が終わると自動的に「きざむ·つぶす」機能がスタートします。蒸すだけ、きざむ・つぶすだけという調理の仕方も可能なキッチン家電です。「蒸す」と「きざむ・つぶす」は5~30分まで5分単位で調理時間が設定できます。ウォータータンクは取り外せるようになっており、今までよりもお手入れが簡単なキッチン家電です。2018年に発売された新型のスープメーカーになります。カップの内容量は3カップ(600ml)となっています。少量でも作ることができます。スープメーカーの作動時間は液晶画面によりチェックできます。おつまみなどに最適なディップソースなども簡単に作ることが可能なキッチン家電です。カップ・蓋・カッターユニットの3パーツを洗うだけでいいので、いつも清潔な状態を保てます。食洗器も使用可能なので、便利でしょう。

    ゼンケン スープメーカー スープリーズQ ZSP-2
    29,160円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    ゼンケン スープメーカー スープリーズQ ZSP-2

    お店で飲むようなスープができるスープメーカー

  • 切った野菜を入れるだけで滑らかなスープができる
  • 裏ごししたようなスープを飲むことができる
  • 音が小さく騒音になりにくい
  • スイッチ一つで簡単にスープができる
  • お店で飲むようなスープを作るのには裏ごしやミキサーなどが必要な場合が多いですが、このスープメーカーを使用するとお店で飲むようなスープが簡単に作れます。内蔵されている刃が2枚刃から4枚刃になったことで、裏ごししたような滑らかさが出せるようになっています。カットした食材を入れてスイッチオンすると、待つだけで滑らかなスープができます。多くの野菜をとる努力をしなくても、野菜をスープメーカーに入れてスイッチを入れるだけで、栄養満点の野菜スープを食べることができます。自分でスープを作ると火加減などが難しく、見ていなくてはいけない場合もありましたが、ス―ブリーズQであればスイッチを入れて30分ほうっておくだけでおいしいスープが完成しています。その間にもう一品作ったり、読書やテレビを見たりできます。火を使わないので、他のことに気を使っていても大丈夫なキッチン家電です。温度センサーがついていて、スープの温度をきめ細かくコントロールができます。野菜の栄養を壊さずにとり入れることができます。また、粉砕も丁寧に行っており、栄養分を逃しません。回転・停止を繰り返すことでおいしくかき混ぜることが可能になりました。ランプと音で調理開始と終了をお知らせしてくれます。調理開始には赤ランプが点灯し、調理終了には青ランプが点灯します。容器・容器フタ・カッターは丸洗いでき、いつも清潔に使用できます。容器の材質はステンレス製であり衛生的に使えるキッチン家電です。容量は350ml〜800mlまで使うことが可能です。一人分でも作れますし、多めに作って冷凍保存するのもいいでしょう。操作も簡単なので、簡単にスープを作ることができるスープメーカーです。スイッチはレバーをスライドするだけなので、とても簡単です。高価な商品になりますが、お店の味が楽しめるキッチン家電です。

    おすすめフードメーカーの比較一覧

    minish
    ツインバード
    ゼンケン
    ミニッシュ
    コイズミ
    YAMAMOTO
    コイズミ
    タイガー
    ブレッツァ
    ゼンケン
    商品名minish スープメーカー 800ml DSM-138ツインバード スロークッカー EP-4717ゼンケン 野菜スープメーカー 菜食元気 VS-900Bミニッシュ スープメーカー 真空ポット900 DSMW-148コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) KSM-1000YAMAMOTO クックマスター Shunsai(旬彩) YE-CM61コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) KSM-1010タイガー IHスーププロセッサー SKX-A100ブレッツァ フードメーカー シリコンボトル入りゼンケン スープメーカー スープリーズQ ZSP-2
    価格8,400円(税込)2,683円(税込)12,000円(税込)13,799円(税込)11,000円(税込)25,740円(税込)11,799円(税込)25,459円(税込)19,800円(税込)29,160円(税込)
    商品リンク

    スープメーカーおすすめ10選|味噌汁や離乳食に最適なメーカーや時短重視のモデルも徹底比較

    まとめ

    栄養も豊富で消化にもよいスープ料理。しかし、いざ食べたいと思っても作る手間を考えると、なかなか重い腰が持ち上がらないでしょう。

    そんなとき、スープメーカーを使うと手軽に野菜をおいしく、栄養素を失うことなく味わえます。ボタン一つで簡単にお店のようなスープを食べることができるので、一台あると重宝するキッチン家電です。

    おかゆもスイッチ一つで簡単にでき、食欲がない時にでも調理の手間を取らずに食事を作ることができます。ミキサータイプのものに加熱機能が付いたタイプのスープメーカーもあるので、スムージーを作るのにも使えます。

    値段は様々ですが、15,000円以上のものですと、洗いやすくパーツが分解できることや、火加減をコントロールできるなどの機能がそろった商品も数多くあります。

    デザインもスタイリッシュなものが多いので、キッチンにもぴったり合うでしょう。

    自分好みのスープメーカーを見つけてください。

    この記事を書いた著者たち
    my365 編集部

    my365編集部です。一番“オトク”をみつかるサービスや商品の案内、プレスリリースなどをお届けします。

    この記事を書いた著者たち
    ディレクター YUNIKA .

    国家調理資格、フードコーディネーター2級を所持する食をこよなく愛する食の探求者!
    食品衛生管理者の視点から食品を様々な視点からチェックしていきたいと思います。
    お料理以外にも美容、コスメが大好きでスキンケアには余念がない。
    my365ディレクターとして各方面からオトクな情報をお届けします!

    関連リンク

    スロークッカーおすすめ10選|保温性や使い勝手の良いクッカーを徹底比較

    スロークッカーおすすめ10選|1人暮らしにピッタリ。美味しく簡単に煮込み料理を作ろう

    ヨーグルトメーカーおすすめ10選|ヨーグルト以外にも使えて経済的!