一番“オトク”がみつかる
[PR]

スロークッカーおすすめ10選|1人暮らしにピッタリ。美味しく簡単に煮込み料理を作ろう

記事更新日:2020/02/03 記事作成日:2020/01/09
ボタンを押すだけで料理ができるスロークッカーを知っていますか?この記事では一人暮らしに欠かせないおすすめのスロークッカーを紹介しています。便利なキッチン家電をお探しの人は必見です。

この春から進学、就職や転勤などで一人暮らしを始めて親もとを離れ、自由自適な生活を過ごしている人も多いでしょう。

とはいえ、自炊はなかなか面倒で大変な作業です。今までと違い、帰ってきても誰も食事の用意をしておいてくれません。

そんな時、便利なキッチン家電のひとつに「スロークッカー」があります。

スロークッカーと圧力鍋などの違いは?

スロークッカーとは文字通り、スロー(ゆっくり時間をかけて)クック(料理する)電気鍋のことです。……と言われても、ちょっとピンとこないのではないでしょうか。

ではまず一般的に混同されガチな他の調理器具との違いを見ていきましょう。

圧力鍋との違い

圧力鍋は圧力を掛けて短時間で素材を柔らかく仕上げる調理器具です。 本来、熱を書けると膨張する空気などを外に逃さず、鍋の中に圧縮して閉じ込めることで出汁やスープなどの味を具材の中に浸透させたり、具材から水蒸気を逃さないまま加熱することができます。

一方のスロークッカーには圧力鍋のように、鍋内部に圧力をかける機能はありません。

また、一般的な圧力鍋は鍋単体で使われていて、コンロにかけて使うものですが、スロークッカーは電源につないで独立しているものなので、コンロを使わず、長時間調理したままでも火の元の心配がいらないのが特徴です。

シャトルシェフとの違い

シャトルシェフに代表される保温調理器は火や電気は使わず、保温状態を持続させることによりゆっくり煮込むものが一般的です。

通常の鍋は一度加熱をしても火から下ろすとすぐに冷めてしまいますが、保温調理器には保温容器がついているので、加熱後も熱が逃げずにゆっくりと素材に熱を加えることができます。

最初に書いたように、スロークッカーとの違いは、電力を使うか使わないかが大きな違い。保温調理器は保温をし続けることで調理するのに対し、スロークッカーは、電気の力で沸騰寸前の温度をキープし、食材をゆっくり加熱するキッチン家電です。

スロークッカーの特徴

スロークッカーは、発祥地のアメリカで一家に一台はあるといわれるほどポピュラーなキッチン家電です。

スロークッカーはゆっくり煮込むことで、味が染みこみやすいのに、煮くずれしません。ここが圧力鍋と違うところです。

また、材料を入れてスイッチを押すだけなので「朝仕込んで、夜帰ってきたら温かい食事ができている!」なんていうことも可能なキッチン家電なのです。

実は、日本食はカレーや肉じゃが、おでんといった煮物が多いので、日本でもこのスロークッカーは一家に一台あると便利なキッチン家電。

そして一人暮らしで食事作りに悩んでいる方にこそおすすめです。

ただ、なんといってもスロークッカーなので、すぐには食べられません。

時間がかかるのは当然で、そしてキッチン家電としては長時間電力を使います。といってもガスで同じように調理するのに比べれば断然安く、だいたい10時間の使用で20~30円くらい。

また、炊飯器程度の大きさがあるキッチン家電なので、置く場所が必要になります。ただ製品によっては炊飯もできたりするので、炊飯器がわりに購入してみてもいいでしょう。

便利なキッチン家電のひとつ、スロークッカーですが、作りが単純なものから多機能なものまでいろいろと販売されています。

ここでは一人暮らしで重宝するキッチン家電として、そして生活スタートにあたってあまり散財しないような価格のスロークッカーを紹介していきます。自分の料理レベルや頻度を加味して選ぶといいでしょう。

一人暮らしにおすすめのスロークッカー10選

AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25
23,800円(税込)
[PR]

AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25

スロークック後に自動で保温してくれるのでいつも温かく食べられます。内鍋が直火OKなので、ガス台で軽く炒めたあとスロークッカーとして使ったり、温めなおしもガスで素早くでき、余計な電気代がかからないキッチン家電です。40種類のレシピブックが付いてくるのがポイント。これがないと最初のうちは使い勝手がわからず失敗してしまうこともあります。まずはレシピ通りに作りましょう。容量の2.2リットルは3~4人分のシチューやカレーができるくらい。作り置きおかずとして多めに作ってもあとで重宝します。最長9時間30まで、30分ごとのタイマーがついているのが便利です。

ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717
2,683円(税込)
[PR]

ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717

こちらは低価格が売りの機種です。この価格のキッチン家電でも、内鍋は陶器なので遠赤外線効果で煮崩れなく味がしっかりつきます。レシピ本つき。強・弱の切り替えスイッチがついていて、この価格で満足度が高く、カスタマーレビューも高得点なキッチン家電です。ただ一人暮らしにはちょっと大容量の3.0リットルですが、少量で作っても焦げ付くことなく煮込めます。

ピーナッツクラブ D-STYLISTスロークッカー1.5L KK-00256
2,980円(税込)
[PR]

ピーナッツクラブ D-STYLISTスロークッカー1.5L KK-00256

こちらは一人暮らしにぴったりなコンパクトなスロークッカー。重量2キロ、内容量1.5リットルです。価格もお手頃なキッチン家電です。内鍋は陶器製でカレーから豆類まで美味しく調理できます。カレーなら3人分くらいの量ができます。タイマー、保温機能はついてなく、強弱、autoのスイッチ切り替えというシンプルな作りです。

アイリスオーヤマ スロークッカー ホワイト PSC-20K
3,780円(税込)
[PR]

アイリスオーヤマ スロークッカー ホワイト PSC-20K

コンパクトなサイズのキッチン家電で、内容量1.6リットルです。内鍋は陶器製で煮込み後そのまま食卓へ出しても違和感のないデザインです。保温、弱、強とスイッチ切り替えで選べて使いやすいわりに低価格。カレー、豚の角煮など主だった4種類のレシピ付きです。

シロカ マイコン電気圧力鍋 クックマイスター SPC-101
12,800円(税込)
[PR]

シロカ マイコン電気圧力鍋 クックマイスター SPC-101

圧力鍋とスロークッカーの両方の要素を持つキッチン家電です。万能鍋といってもいいでしょう。レシピブックがついていて、様々な料理がスイッチひとつで予約調理できます。 また、プリセットメニューという機能が、それぞれの料理が設定してあるので、料理が苦手な人にとっては手とり足とりで調理してくれる優れたキッチン家電です。白米、玄米、おかゆも炊けて、炊飯器としても活躍しそう。内容量0.54リットルと少なめで、一人暮らしでも余すことなく食べられます。高機能なキッチン家電なので値段がやや高め。

レコルト ヘルシーコトコト 2段同時調理器 RHC-1
6,800円(税込)
[PR]

レコルト ヘルシーコトコト 2段同時調理器 RHC-1

ごはんとおかずが同時に作れるスロークッカー。一人暮らしのキッチン家電として活躍しそうです。780gと軽量でコンパクト、オンタイマー、オフタイマーもついています。カレーとごはんを同時に作ることができます。見た目もかわいいキッチン家電で、手軽さが受けています。さらにこの製品に適した40種類ものレシピブック付き。2品同時調理のやり方やスイーツまで多彩なメニューが嬉しいです。

EUPA 薬膳なべ UCS-11C

スロークッカーと同じ仕組みのキッチン家電ですが、内鍋と外側の間に水を入れてゆっくりと煮込む調理法の鍋です。薬膳鍋とうたっている通りじっくり煮出すことに主力を置いていて、おかゆや豆を煮るのに適しています。 内容量0.7リットル、重量1.4キロでとてもコンパクトなうえ、価格もお安いキッチン家電です。スロークッカーを試してみたい人や、薬膳に興味のある人におすすめです。

TWINBIRD タイマー付スロークッカー EP-D727
10,368円(税込)
[PR]

TWINBIRD タイマー付スロークッカー EP-D727

同じツインバードのスロークッカーにタイマーがついたタイプです。最大10時間のタイマーのあとそのまま自動で6時間保温。また、1時間ごとに加熱をオン、オフすることで一日おいたおでんのような味わいの煮物ができる味しみモードという機能が付加されているお料理上手なキッチン家電です。すぐに作れる30種類のレシピ付き。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー 6.0L CY7011JP
22,390円(税込)
[PR]

ティファール マルチクッカー クックフォーミー 6.0L CY7011JP

マルチクッカーですが、スロークックもできるキッチン家電です。画面で作りたい料理を選んで、画面の指示に従って材料を入れて、タイマーが鳴ったらできあがるというお料理初心者も頼れる高機能。マニュアル操作も出来るので、スロークックから保温、再加熱などできる、至れり尽くせりのキッチン家電です。容量は大きめですが、二人分から作れます。60種類のレシピが内蔵されています。炊飯も得意なので、炊飯器以上に活躍が期待できるキッチン家電です。

象印 電気圧力鍋 1.5L 煮込み自慢 EL-MA30-TA
13,800円(税込)
[PR]

象印 電気圧力鍋 1.5L 煮込み自慢 EL-MA30-TA

逆に炊飯器でスロークックというのはどうでしょうか。この象印圧力IHなべは、白米、玄米、おかゆなどの炊飯から、材料を入れてあとはお鍋におまかせで、いろいろなおかずが簡単にできあがるマルチなキッチン家電です。マイコン搭載で火加減の心配もなくスイッチひとつで準備完了。ぶり大根、おでん、おいもの煮物などが簡単に作れます。また、パンの発酵から焼成なんていうこともできるキッチン家電なので、料理の幅がぐんとひろがります。

一人暮らしにおすすめのスロークッカーの比較一覧

AL Colle
ピーナッツクラブ
アイリスオーヤマ
シロカ
レコルト
EUPA
TWINBIRD
ティファール
象印
商品名AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717ピーナッツクラブ D-STYLISTスロークッカー1.5L KK-00256アイリスオーヤマ スロークッカー ホワイト PSC-20Kシロカ マイコン電気圧力鍋 クックマイスター SPC-101レコルト ヘルシーコトコト 2段同時調理器 RHC-1EUPA 薬膳なべ UCS-11CTWINBIRD タイマー付スロークッカー EP-D727ティファール マルチクッカー クックフォーミー 6.0L CY7011JP象印 電気圧力鍋 1.5L 煮込み自慢 EL-MA30-TA
価格23,800円(税込)2,683円(税込)2,980円(税込)3,780円(税込)12,800円(税込)6,800円(税込)692円(税込)10,368円(税込)22,390円(税込)13,800円(税込)
商品リンク

合わせ技で役立つプログラムタイマー

一人暮らし向けのスロークッカーは価格が安いのと作りがシンプルなぶん、内鍋が外せたり、強弱のみのスイッチだったりして使いやすいのが特徴です。ある程度お料理をやる人には重宝するでしょう。

ただ、安い製品はタイマーが付いていないのがちょっと不便。そんな時は後付けタイマーがおすすめです。

リーベックス 24時間プログラムタイマーII PT25
989円(税込)
[PR]

リーベックス 24時間プログラムタイマーII PT25

24時間プログラムタイマーII PT25は24時間を15分単位で電気器具の電源を「入・切」してくれます。コンセントに直接セットしてダイヤルを回すだけの簡単操作。お値段も比較的お手頃です。他のキッチン家電や扇風機などにも使えます。

価格の高いスロークッカーはタイマー、保温機能はもちろん炊飯ができたり、圧力鍋の機能やマイコン操作までついていたりしてキッチン家電としてはとても多機能。自分のやることがぐんと減ります。

スロークッカーで作れる簡単レシピ

仕事が終わって家路につく時、家でスロークッカーがお料理を作って待っててくれていると考えるだけで、なんだかほっとしませんか?

家に何もないからコンビニでお弁当を買ってしまう、面倒だから外食してしまう……なんていうことがなくなれば、ちょっとお高いと感じていたスロークッカーの元はすぐに取れます。

一人暮らしにぴったりのキッチン家電、スロークッカーがあると、いったいどんな料理が作れるのでしょうか?

材料を入れてスイッチオン、あとはおまかせのキッチン家電なので、得意なのはやっぱり煮物です。 簡単に作り方を紹介しますが、スイッチの強弱や加熱時間、材料や調味料の分量などは、添付されているレシピブックや説明書を確認してください。

おでん

たとえばおでん。お好みの材料を入れ、おでんの素やめんつゆなどと、かぶるくらいの水を加えて、スイッチオン。数時間後には味のしみたおでんの完成です。火の入りづらい大根は、ラップで包んでから電子レンジで加熱すると、簡単に下茹でできます。

カレー

いつでも食べたいカレーもスロークッカーの得意料理です。

肉や野菜を食べやすい大きさに切って、水と一緒にスロークッカーへ。材料が柔らかくなったら、カレールウを加えて溶かしてできあがり。

ひとつだけ気をつけたいのは、スロークッカーは水分の蒸発がほとんどないので、カレーの箱の表示通りに作ると、材料から水が出て、シャバシャバのカレーになってします事です。加える水分は少なめで大丈夫。あとは材料から美味しいエキスが出て、いつもよりコクのある、美味しいカレーができあがります。

煮物

豚の角煮やいわしの煮付けなど、時間がかかって手間がかかりそうな料理こそ、このキッチン家電におまかせください。

スロークッカーが、そばについていなくてもコトコト、気長に煮てくれるので、豚肉はお口でとろけるくらいホロホロと柔らかに。そしていわしは骨まで食べられるほど煮えているので、一人暮らしではなかなか摂りづらいカルシウムの補給ができます。

野菜スープ

一人暮らしで特に大変なのは、野菜を摂ること。

ついつい、帰ってから料理するのが面倒だからと買ってしまうのが、インスタントラーメンやお弁当。こればかりでは野菜不足です。だからといって、野菜を買ってきても使いきれず、腐らせてしまう…。

そんなことのないように、スロークッカーで栄養たっぷりの美味しいスープにしてしまいましょう。

このキッチン家電は、スープ作りもとても上手なのです。

野菜はザクザク切ったり、細かく切ったり、キャベツや白菜などは芯ごと大きめに切ってもいいでしょう。スープの素などを加えて。その他、ベーコン、ウインナー、肉類などあれば、一緒に入れるとタンパク質も摂れるし、味わいも深くなって美味しいスープができあがります。野菜エキスたっぷりの身体にやさしいスープです。

こんな温かい野菜スープが一品あるだけで、満足感があってほっとします。

余ったら、スープジャーに入れてお弁当のお供に持っていけば、あとはおにぎりやサンドイッチを買い足すだけで、栄養バランスのとれたお昼ご飯になります。

焼き芋

おすすめなのは焼きいもです。これこそ、スロークッカーの神髄を発揮する料理と言えるかもしれません。

作り方は簡単。さつまいもと皮ごとよく洗って、水けを切らずにスロークッカーへ。あとはゆっくり長時間加熱することで、石焼いものような、甘くてねっとりした焼きいもができあがります。秋から冬にかけてさつまいもが旬になるので、是非作ってみてください。おやつや主食にもなって、一人暮らしにはもちろん、大家族にもおすすめです。

まとめ

どの料理も材料をいれてスイッチを押すだけの簡単調理です。

一人暮らしに関わらず、家族が多くて忙しい主婦でも、空いた時間をうまく使って料理すれば、食事のために無駄な時間や体力を使わずに、美味しくてうまみたっぷりの一品が作れるのです。

スロークッカーは日本でも一家に一台は持っているべきキッチン家電なのかもしれません。これから一人暮らしをする人におすすめのキッチン家電です。

この記事を書いた著者たち
my365 家電編集部

my365家電特集です。おすすめの家電情報を紹介していきます。

関連リンク

スロークッカーおすすめ10選|保温性や使い勝手の良いクッカーを徹底比較

電子レンジおすすめ10選|1人暮らしで失敗しないレンジ選びのコツ

電子レンジ・オーブンレンジおすすめ10選|クチコミは本当?主婦が選ぶ使い勝手のいいレンジを徹底比較

炊飯器おすすめ9選|プロの料理人も認める炊飯器を徹底比較

最新ホームベーカリーおすすめ10選|買い替えないと損?最新タイプと旧タイプを徹底比較