一番“オトク”がみつかる
[PR]

スロークッカーおすすめ10選|保温性や使い勝手の良いクッカーを徹底比較

記事更新日:2020/02/03 記事作成日:2020/01/08
今話題のスロークッカーという調理器具を知っていますか?この記事ではスイッチ一つで家庭料理ができるスロークッカーのメリットや選び方を解説しています。手軽に料理を作りたい人には必見です。

朝も早くから家族の料理を仕込み、夜は日中の疲れも癒せないまま、また料理を作って出しての繰り返し。そんな料理に疲れた毎日を送っていませんか?

または、毎日手料理ばかりでは疲れてしまうけど、インスタント食品には頼りたくないし、お店のお惣菜では食費がかさむ……。

人それぞれ、料理への関心は違いますが、どんな時でも家庭料理に勝てるものはありません。そして誰もが家族には家庭の味をなるべく味わってほしいと、心から願っています。

そこで少しだけ想像をしてみてください。

もし、全ての材料を朝に入れて、スイッチ一つで美味しい家庭料理ができる夢のような調理器具があったとしたらどうでしょうか。

心にもゆとりができ、家族との会話を今まで以上に楽しみながら食事ができるなんて夢のようです。

そんな夢を実現してくれるキッチン家電が、実はあります。それが今話題のスロークッカーです。

共働きの人や、家事に忙しくて時間が取れない人の大きな味方になるスロークッカーとはどんなものなのか、そしてその選び方やおすすめの商品など、名前を聞いたことのない人にもわかりやすく紹介します。

スロークッカーとは?

スロークッカーとは、入れた食材をじっくり煮込んでくれる鍋状の調理器具のことです。

普通の鍋や圧力鍋と違い、電気を使って料理するのが最も大きな違いで、火の心配はもちろんなし。それどころか火力調整も必要ありません。

食材を入れてスイッチを入れておくだけで、6~8時間かけて沸騰直前の火力を保ちながらコトコトじっくり料理をしてくれます。

そのため、今までは時間をかけて煮込んでいた煮物やシチュー、カレー類、そのほか下ごしらえが必要なさまざまな料理がボタン一つで簡単に調理可能。

朝仕込んでおけば、仕事を終えて玄関のドアを開けたとき、または家事を終えて一段落した時にはもう調理完了。

ほとんど何もしていないのにキッチンからいい匂いが漂ってくるあの瞬間を味わうと、1日の疲れも吹き飛びます。

スロークッカーのメリット

スロークッカーは、自動で煮込み調理をしてくれるだけの手軽なキッチン家電ではありません。実はその他にもさまざまなメリットがあるんです。

電気代が安い

主婦にとって家事が楽になる次に大事なのが生活費の問題。その中でも頻繁に使用するキッチン家電の消費はできるだけ少なくしたいというのは当然です。

その点、スロークッカーは電気代が安いというのが大きなメリットです。

コンロを使って一日中具材を煮込めばそれなりのガス代や電気代がかかってしまいますが、スロークッカーはそれよりはるかに省電力で済みます。

お手入れも簡単

スロークッカーはお手入れも簡単です。基本的に鍋部分は取り外しのきくものが多く、料理をお皿に移したあとは鍋を取り外しで丸洗いができます。

そして何より調理中の吹きこぼれの心配などがないのでコンロまわりの汚れを気にする必要がありません。

スロークッカーのデメリット

手軽で簡単、しかもランニングコストも安いスロークッカーにももちろんデメリットはあります。

それは、名前の通りゆっくり時間をかけて調理するという点。調理までの時短をしたいなら圧力鍋のほうが圧倒的に優れています。

しかし、圧力鍋を使う場合は火の加減などを近くで見守らなくてはいけません。

そういう意味でいえば、調理時間そのものの短縮ではなく、調理で自分が拘束される時間を短縮するというのがスロークッカーの強みになります。

スロークッカーの選び方

アメリカスタイルの大きなものから、日本で開発されたコンパクトなものまで様々なサイズが売られています。

また手に入れやすいお得な価格のものから、高価格のものまでありますが、そういった中で、タイマーがついているもの、たくさんの機能がついているもの、そして、シンプルだけど性能がいいものなど、多くの選択肢があるのでそれぞれの必要性に応じて適切なものを選ぶことができます。

キッチン家電スロークッカーを購入する場合、必ずといっていいほど料理本が付いてくるので初めて使う方でもあまり考えずに、気軽に作りたいものができます。

ご家庭のライフスタイルに合わせた大きさや、種類を選ぶことができるのでありがたいです。

選び方のポイント

  • 家族の人数に応じた量を作ることができるか
  • 収納できるサイズか、または出しっぱなしでいいデザインか
  • 温度設定やタイマー機能は必要か
  • 手入れがしやすいか
  • レシピ本がついているか
  • 値段が高ければいいわけではないので、使う頻度、作る量、そしてカウンターに出していても気にならない見た目かどうかを頭に入れて選ぶと、失敗を避けることができます。

    【エントリーモデルからハイスペックまで】おすすめのスロークッカー10選

    ツインバード スロークッカー EP-4717
    2,683円(税込)
    [PR]

    ツインバード スロークッカー EP-4717

  • 切り替えスイッチが付いています(強 弱)
  • サイズが28.5x23.5x28.5センチなので一般家庭にもってこいのサイズです。
  • 10時間『弱』で煮込んだとしても電気代は30円かかりません(電気料金の目安:22円/kwh〔税込〕)
  • カレーライスを始め8種類のすぐに作れるレシピ付きだから別でレシピ本を買わなくて大丈夫!
  • 初めてだからどれを買っていいかわからない人やこのキッチン家電が本当に自分の家庭にあったものなのかわからない人におすすめです。タイマーや保温がありませんが、朝家を出る前に材料を入れて『弱』でセットしておけば10時間後帰ってきた時には美味しいシチューやカレーが待っていてくれます。帰宅して、ドアを開けた瞬間、家庭料理のいい香りがあなたを迎え入れてくれます。

    ピーナッツクラブ D-STYLISTスロークッカー1.5L KK-00256
    2,980円(税込)
    [PR]

    ピーナッツクラブ D-STYLISTスロークッカー1.5L KK-00256

  • サイズ:22x21x20なのでコンパクトだけど角煮を始め、豆の煮物などもう一品という時にはもってこいです。カレーでも3人分は作れます
  • スイッチはHIGH、LOW、AUTOの3段階ですので使い分けが便利です
  • 本体がステンレスなので出したままでも見栄えがいいです
  • コンパクトなのでアパート暮らしのご家庭やあまり収納に頭を悩ませたくない方にうってつけです。こちらのキッチン家電もシンプルが1番と思われる方におすすめです。ステンレスなので丈夫なキッチン家電です。

    アイリスオーヤマ スロークッカー PSC-20K
    3,496円(税込)
    [PR]

    アイリスオーヤマ スロークッカー PSC-20K

  • 21.2x23.2x21.3とコンパクトながら3人分であれば問題なくカレーやシチューが作れます。
  • 内なべは陶器製。遠赤外線でしっかりと食材の中まで火を通してくれます。
  • 保温モード付きなのも嬉しいポイント!
  • 置き場に困らないし重さも2.2キロなので持ち運びにも便利です。
  • こちらのキッチン家電もシンプルかつコンパクトです。収納にも困らないところは嬉しいことです。保温モードがついているので、家族が揃って食べる時までしっかりと温めてくれていることは、ありがたいです。

    crock-pot 2-qtラウンド手動Slow Cooker
    8,380円(税込)
    [PR]

    crock-pot 2-qtラウンド手動Slow Cooker

  • サイズは22.86x22.60x18.80センチ(9x8.9x7.4インチ)です。
  • 2 Quartと書いてありますが大体1.89リットルですので小さな家族向けです!
  • こちらもコンパクトサイズです。シチューやスープだけでなく和食の煮物類を中心に活躍できます。こちらのキッチン家電はアメリカから並行輸入している商品のため、日本語のレシピは入っていませんが、ある程度料理の知識がある方なら問題なく使いこなせます。自己流のレシピを考えて料理することで、楽しみが増えるでしょう。

    TWINBIRD 電気煮込みなべ EP-4711BR
    12,800円(税込)
    [PR]

    TWINBIRD 電気煮込みなべ EP-4711BR

  • サイズは27.5x19x13.5センチでお手頃サイズ。
  • 陶器製。
  • 本体取り外し可能なので洗うときも簡単です。
  • この可愛いキッチン家電は、中の陶器なべ部分は色が外部分と違い、ちょっとしたアクセントがあります。カウンターに出したまま、または食卓にそのまま出しても様になるところが特徴です。毎週3回以上使うのであれば、このスロークッカーを出しっぱなしにしていても見た目がいいので邪魔に思うことはないでしょう。

    アルファックス・コイズミ スロークッカー・タイマー付煮込み名人 ASCT22
    15,900円(税込)
    [PR]

    アルファックス・コイズミ スロークッカー・タイマー付煮込み名人 ASCT22

  • サイズは28x25x22.5センチなので持ち運びにも便利なサイズな上たくさんの量を作れるので嬉しいです。
  • 和食から洋食、スイーツまで20種類のレシピ付なのでありがたいです。
  • タイマー付で、自動保温機能付きなので気にかけることなくお任せすることができます。
  • スイーツ好きの方にはこのレシピ本は嬉しいですね。煮込み料理だけでないので、週末、家族サービスで美味しいスイーツを気楽に作ってみてはいかがでしょうか?

    AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25/ST
    23,800円(税込)
    [PR]

    AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25/ST

  • サイズはW280xD265xH270mmなので作り置きもできます。
  • 内蓋が取り外せ直火にかけられます。
  • 保温機能が付いているので、家族の食事時間が違ってもOK。
  • こちらのキッチン家電は直火対応なので下ごしらえができ、時間短縮になります。週末家族との時間を大切にしたい時に大活躍してくれます!このお鍋一つで美味しい料理ができちゃうので洗い物も少なく済み、主婦にはとてもありがたいことです!オフタイマーは30分おきです。しかも調理終了後は自動的に6時間も保温してくれるので「うっかり」ということがなくありがたいですね!また、部活動や、塾に通っているお子さんがいる家庭では、帰宅時間が遅くなってもすぐに、温かい食事を出してあげられることもプラスポイントです。

    ツインバード タイマー付きスロークッカー ぜっぴん亭 EP-4728
    17,002円(税込)
    [PR]

    ツインバード タイマー付きスロークッカー ぜっぴん亭 EP-4728

  • サイズは31.2x27.8x27.2センチなので作り置きも十分できます。
  • タイマー付きなので煮込み過ぎということがありません。
  • スイッチが4段階の「強」、「中」、「弱」、そして「味しみ」があるので作るものや時間に合わせて変えられるのがとても便利でいいです。
  • 40種類ものすぐに作れるレシピ付き。
  • こちらは直火対応なので複数のお鍋を汚す必要がなく下ごしらえができます。
  • このキッチン家電の値段は高額ですがついている機能は万能です。余計な心配をしたくない、パーティをよくする、育ち盛りの子供達がいるので一気に作れてなおかつ機能がしっかりついているキッチン家電がいいと考えているのであればこちらがおすすめです。家族みんなに、家庭料理以外何も食べたくないと、思わせることができることでしょう。そうなれば、家計がとても助かります。

    【Cuisinart クイジナート】スロークッカー カウンタートップクッキング【PSC-400PCJ】
    15,018円(税込)
    [PR]

    【Cuisinart クイジナート】スロークッカー カウンタートップクッキング【PSC-400PCJ】

  • サイズは42.2x36x29.4センチで大きいサイズです。約3リットルも深型陶器ポットなので大量に準備したいときや常に大人数のために料理をしないといけない時は大活躍のキッチン家電です。
  • 3種類の機能があります。保温機能があるのでパーティの時でも大活躍するでしょう。
  • ポットの部分が取れるので洗うときも楽です。
  • ラック付きなのでローストビーフやお肉、お魚類を料理するときに大活躍します。
  • アメリカ産のキッチン家電ですが大きくても見栄えがよく出しっぱなしでも問題ないデザインになっています。十分な大きさなうえ、保温機能がついているのでイベント毎にも使えます。常に使い続けるみなさんにはもってこいのスロークッカーの一つです。朝から、勝手に料理してくれるので、その間に、買い物から部屋の片付けなど、火の元を心配せず行うことができます。また、作り置きができれば、次の日のお弁当も時短でできてしまうところが、魅力的です。また、大勢のお客さんが来るときに、アメリカン料理のローストビーフやチキンスープを振舞ってみれば、盛り上がるでしょう。

    ハミルトンビーチ7 Quart Stay Or Go Slow Cooker
    19,332円(税込)
    [PR]

    ハミルトンビーチ7 Quart Stay Or Go Slow Cooker

  • サイズは26.7x36.8x36.6センチで6.62リットル入るので一気に大量に作ることができます。
  • 蓋がしっかりと固定できるので安心
  • ゴム製の足が4本ついているので大きくても安定感抜群です。
  • こちらのキッチン家電にはタイマーはありませんが大きいので大人数で食べるときなどに大活躍します。作り置きも可能なので忙しいときには大助かりです。家族のお弁当を楽しながら、作り置きで美味しいものを提供してあげられるのも嬉しいです。

    おすすめスロークッカーの比較一覧

    ツインバード
    ピーナッツクラブ
    アイリスオーヤマ
    crock-pot
    TWINBIRD
    アルファックス・コイズミ
    AL Colle
    ツインバード
    Cuisinart クイジナート
    ハミルトンビーチ7
    商品名ツインバード スロークッカー EP-4717ピーナッツクラブ D-STYLISTスロークッカー1.5L KK-00256アイリスオーヤマ スロークッカー PSC-20Kcrock-pot 2-qtラウンド手動Slow CookerTWINBIRD 電気煮込みなべ EP-4711BRアルファックス・コイズミ スロークッカー・タイマー付煮込み名人 ASCT22AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25/STツインバード タイマー付きスロークッカー ぜっぴん亭 EP-4728【Cuisinart クイジナート】スロークッカー カウンタートップクッキング【PSC-400PCJ】ハミルトンビーチ7 Quart Stay Or Go Slow Cooker
    価格2,683円(税込)2,980円(税込)3,496円(税込)8,380円(税込)12,800円(税込)15,900円(税込)23,800円(税込)17,002円(税込)15,018円(税込)19,332円(税込)
    商品リンク

    まとめ

    日々家事に仕事にせわしない人、子育てに専念しつつも美味しい家庭料理を準備してあげたい人、お客さんが来てもキチンと楽しい時間をすごしつつ美味しい料理を振る舞いたい人……。そんな人は是非スロークッカーに頼ってみましょう。

    毎日、やらなくてはいけないことがたくさんあるのですから、たまには気楽に、美味しい料理はキッチン家電にお願いして楽をするのもいいのではないでしょうか。

    スロークッカーは日々の生活にゆとりを与えてくれます。時間だけでなく心にもゆとりができれば、今までできなかったことなどが気持ち良くできるようになるでしょう。

    あなただけではなく、家族みんなが気持ち良く、笑顔で、今まで以上に会話に花を咲かせてみませんか?

    ちゃんとした家庭料理を手間をかけず安全に作りつつ、他のことも同時にしたいなんて願いは贅沢でもなんでもなく、多くの人たちが願っていることでしょう。

    そういった中で、スロークッカーは火を使わないので安心して使えるキッチン家電の一つ。忙しくても台所にいる必要がないなんて素敵です。

    価格も安くても機能はしっかりしているものから、高くて有能な機能がついているものまで選択肢はたくさんあります。あなたにあった、ご家庭にあった最高のキッチン家電スロークッカーを一品揃えてみませんか?

    そして今までにない、家族の時間を楽しんでみるのも素敵なことではないでしょうか。

    この記事を書いた著者たち
    my365 家電編集部

    my365家電特集です。おすすめの家電情報を紹介していきます。

    関連リンク

    スロークッカーおすすめ10選|1人暮らしにピッタリ。美味しく簡単に煮込み料理を作ろう

    ホットサンド・ワッフルメーカーおすすめ10選|便利な種類別プレートやクチコミを徹底比較

    コンロ・クッキングヒーターおすすめ9選|1人暮らしにぴったりのコンロをクチコミで徹底比較

    電子レンジ・オーブンレンジおすすめ10選|クチコミは本当?主婦が選ぶ使い勝手のいいレンジを徹底比較

    電子レンジおすすめ10選|1人暮らしで失敗しないレンジ選びのコツ