一番“オトク”がみつかる
[PR]

ホットサンド・ワッフルメーカーおすすめ10選|便利な種類別プレートやクチコミを徹底比較

記事更新日:2020/03/21 記事作成日:2020/01/07
朝食に便利なホットサンド・ワッフルメーカーを知りたいですか?この記事ではホットサンド・ワッフルメーカーの種類や選び方を紹介しています。いつもの朝食をオシャレに変身させたい人には必見です。

毎日の朝の食卓。和食派、パン派、シリアル派。様々な朝食の種類がありますが、皆さんは、どのような朝食を食べていますか?

朝食はしっかりと食べたい人、時間もないので簡単に済ませたい人、家族の朝食づくりで忙しいママなど、朝食のスタイルは様々です。

そこでおすすめしたい朝食が、便利なキッチン家電を使った手作りホットサンドやワッフル。

前日の残り物や簡単な食材を挟んで手軽に作れるホットサンド。単なるトーストよりも美味しく、ボリュームがあるので朝ごはんにぴったりです。

そして、海外のホテルなどで朝食についてくる、おしゃれなワッフル。アツアツ焼きたてのワッフルで、いつもの食卓よりも格段におしゃれになるメニュー。

こんな朝食であれば、家族から喜ばれること間違いありません。

ただ、ホットサンドもワッフルもなんだか難しそうなイメージです。

しかし、ご安心を!

どちらもあるキッチン家電を使用するだけで、時間がない中でも手軽に作ることができるんです。

そのあるキッチン家電とは、ホットサンドメーカーとワッフルメーカー。 この2つのキッチン家電を使うだけで、いつもの朝食を美味しくオシャレに変えることができます!

ここでは、このオシャレな2つのキッチン家電について、使い方や選び方、そしておすすめ商品などをご紹介していきます!

ホットサンドメーカーの種類と特徴

ホットサンドを作るために便利なキッチン家電・ホットサンドメーカー。
ホットサンドメーカーには、直火タイプと電気タイプの2種類があります。

直火タイプ

直火タイプのホットサンドメーカーは、パンと具材を挟み、コンロの上でフライパンのように直火で両面を焼いて使えるタイプ。バーナーや焚火などでも使えるため、キャンプなどのアウトドアでも使えるキッチン家電です。

そのため、こちらのタイプはアウトドアブランドからも販売されています。

直火タイプのメリット

  • 火力の調整に適しており、自分好みの焼き加減を調節できる
  • 上下が分解できて、洗いやすい
  • 持ち手も取り外せ、収納にも便利
  • アウトドアにも使用可能
  • 直火タイプのデメリット

  • コンロを使うため、手が離せない
  • メーカーによって火加減が難しい商品もある
  • 電気タイプ

    電気タイプのホットサンドメーカーは、パンと具材をセットすればあとは自動で両面を焼いてくれます。

    タイマーセットもできたり、焼きあがると自動で電源を切ってくれる機能が付いていたりと、時間のない朝でも手軽にホットサンドを作ることができます。

    電気タイプのメリット

  • 時間がない朝でも簡単調理
  • タイマー付きや自動オフ機能などの便利機能が付いているものも
  • ワッフルなどのプレート付きのものがあり、1台二役ができる
  • 電気タイプのデメリット

  • 直火タイプよりも温度が弱いため、食感は直火タイプよりも劣る
  • 商品によって大きさが異なり、収納場所を必要とする場合もある
  • ホットサンドメーカーの使い方

    1食パンと具材を用意する

    お使いのホットサンドメーカーにより、パンの耳をカットしなければいけない場合はカットしておく。

    2食パンと具材をセットし、調理をスタート

    直火タイプは、コンロの上で両面をお好みの焼き加減で焼いていく。電気タイプは、焼き上がりまで自動で焼いてくれるので、待つだけです。

    ここでちょっとした工夫で、美味しさ倍増になるポイントを1つ。

    ホットサンドの食パンをセットする際に、プレートにあたる面にマーガリン、もしくはバターを塗って焼けば、カリカリでサクッと香ばしい食感が楽しめます。

    ホットサンドの具材は、家にあるものはなんでもかまいませんが、おすすめ具材はチーズ!チーズを具材に加えることで、溶けたチーズが上下の食パンにくっつき、アツアツで美味しいホットサンドができあがります。

    ホットサンドの本場・アメリカでは、「チーズのみ」もしくは「チーズ+ハム」のホットサンドは、”グリルドチーズサンドイッチ”と呼ばれ、アメリカの映画に出てくるダイナーでも大定番のメニュー。

    シンプルな素材でも、ゴージャスでおしゃれに見えるホットサンドは、朝食に最適です!

    ワッフルメーカーの種類と特徴

    ワッフルを作るために便利なキッチン家電・ワッフルメーカー。こちらも直火タイプと電気タイプの2種類があります。

    直火タイプ

    直火タイプのワッフルメーカーは、直接生地を流し入れ自分好みの火加減を調整できるため、外はかりっと中はしっとりとしたワッフルが作れます。

    また、上下、持ち手部分が取り外せるので、水洗いにも最適なのもポイント。

    直火タイプのメリット

  • 火力調整がしやすく、焼き加減を調整できる
  • 水洗いがしやすい
  • 持ち手が取り外しでき、収納にも便利
  • 直火タイプのデメリット

  • コンロを使うため、手が離せない
  • 商品によっては火力の調整が難しい
  • 電気タイプ

    電気タイプのワッフルメーカーは、ホットプレートを使用したタイプで加熱してワッフルを作ります。

    ワッフルの記事さえ準備しておけば、あとは自動で焼き上げてくれるので忙しい朝にはピッタリです。

    電気タイプのメリット

  • 自動で焼き上げるため、時間短縮が可能
  • ホットサンドプレート付きのものもあり、1台2役ができる
  • 商品によっては、タイマー機能、自動オフ機能などもあり、便利
  • 電気タイプのデメリット

  • 直火タイプよりも温度が弱いため、食感が劣る
  • 商品によっては大きさが異なり、収納場所を選ぶこともある
  • ワッフルメーカーの使い方

    1ワッフルメーカーを予熱し、薄く油をひいておく

    直火タイプも電気タイプも、通常のフライパンやホットプレートなどと同じ感覚で予熱しておくだけです。

    この間にワッフルの生地の仕込みなどを行っておきましょう。

    2ワッフル生地を流し込み、調理

    直火タイプの場合は、コンロの上で両面を焼いていきます。
    電気タイプの場合は、自動で焼き上げてくれるので、待つのみ。

    自家製ワッフルは、使う材料によってアレンジの幅も無限に広がります。

    小麦粉などで1からワッフル生地を作っても良し、簡単にホットケーキミックスを使ったり、ワッフル用のミックスを使用してもお手軽でしょう。

    生地の中に抹茶やココアなどを入れて、フレーバーを楽しんだり、焼きあがったワッフルにフルーツや生クリーム、はちみつやシロップなどをかけて味を楽しむのもいいですね。

    おすすめは、生地を流し込む前にザラメをいれることです。カリッと美味しく焼き上がり、その味にやみつきになる人もいるようです。

    ホットサンドメーカー・ワッフルメーカーの選び方

    ホットサンドメーカー・ワッフルメーカーのどちらのキッチン家電も、共通した選び方のポイントがあります。

    早い焼き上がりで火加減も調整したい、丸洗いをしたいという場合は、直火タイプを。そして、時間はかかっても、機器に任せてなるべく手軽に使いたいという場合は、電気タイプを選択すると良いでしょう。

  • 焼き上がりの時間
  • 火加減の調整の有無
  • 忙しい時でも手軽に使えるか
  • お手入れなどの扱いやすさ
  • この点に注意しながら、朝食に最適なホットサンドメーカー、ワッフルメーカーを選んでいきましょう。

    おすすめのホットサンドメーカー・ワッフルメーカー10選

    コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435
    3,342円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

    アウトドアでも使える本格ホットサンドクッカー

    アウトドアでお馴染みのブランド「コールマン」からのキッチン家電。直火タイプのホットサンドメーカー。仕切りが斜めに入っているため、三角のホットサンドができあがります。できあがったホットサンドには、コールマンの刻印がついてオシャレ!持ち手が取り外しができ、携帯にも便利なバッグも付属しています。

    イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02
    3,544円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02

    しっかり焼き上げ!お手入れも簡単

    ホットサンドメーカーの元祖と言われているニューバウルーからの便利なキッチン家電。直火タイプのホットサンドメーカーです。センターにある仕切りと4辺の形状により、パンと具材をぎゅっと密閉し、耳がぱりぱりのサクッとしたホットサンドができるのが特徴です。フッ素加工がされており、お手入れもらくちん!

    ヨシカワ ホットサンドメーカー 焼き目がサクサク ガス火専用 SJ2408
    1,500円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    ヨシカワ ホットサンドメーカー 焼き目がサクサク ガス火専用 SJ2408

    ふわふわ系ホットサンドが好きな人に!

    日本のメーカー「ヨシカワ」の人気キッチン家電・直火タイプのホットサンドメーカー。本体重量がたったの380gという超軽量なのが特徴です。4辺を圧縮せずに、ふっくらとした焼き上がりが楽しめます。フッ素加工もされており、お手入れも簡単。この機能で安価なのもおすすめです。

    グリーンハウス ホットサンド メーカー ワッフルプレート & ホットサンドプレート付属 GH-HOTSA
    5,480円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    グリーンハウス ホットサンド メーカー ワッフルプレート & ホットサンドプレート付属 GH-HOTSA

    食卓に常備しても映えるウッド仕様

    マットで落ち着いた色合いとウッド仕様のハンドルがオシャレなキッチン家電・電気タイプのホットサンドメーカー。食パンの耳を切らずにそのままセットできるので、忙しい朝には重宝する一台。一定の温度に達すると自動で加熱が止まるという安全ストッパー付き。尚、2種類の食パンを折って、それぞれに具を挟めば2つの異なったホットサンドも作ることができます。ワッフルプレートも付属しており、1台で二役ができるという優れものです。

    Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200
    6,980円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

    たったの3分でできる高速調理が魅力!

    900Wの高い加熱能力で焼き上げるため、わずか3~4分で美味しいホットサンドができあがります。また、ワッフルプレートもついているため、この1台でホットサンドとワッフルを2枚同時に焼けるという便利なキッチン家電。ボタン1つでON/OFFが切り替えられるシンプル仕様ですので、年配の方やお子様でも簡単に使うことができます。別売りでパンケーキやドーナツなど12種類のプレートもありますので、料理の幅も広がります。

    アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703P
    3,800円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703P

    良コスパでマルチな活躍!

    ホットサンド、ワッフル、ドーナツと3つのプレートが付属している便利なキッチン家電。ホットサンドは斜めに仕切りが入っており、同時に2枚の食パンを焼くことができるため4つのホットサンドができます。ドーナツは油で揚げない焼きドーナツが作れます。コンパクト設計で縦置きも可能なため、収納にも便利。コストパフォーマンスに優れた1台です。

    TESCOM マルチホットサンドメーカー HSM530
    3,605円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    TESCOM マルチホットサンドメーカー HSM530

    タイマー調整機能で忙しい朝に最適

    ホットサンド、ワッフル、スティックスイーツの3種類のプレートが付属した便利なキッチン家電。こちらのホットサンドメーカーの特徴は、1分から15分まで加熱時間を調整できるタイマー機能。セットした時間になると自動的に電源がOFFになるため、忙しい朝にもぴったりです。使わない時には、電源ケーブルを本体底に巻き付けることができるため、すっきりと収納にも適しています。

    レコルト プレスサンドメーカー キルト レッド RPS-1
    4,751円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    レコルト プレスサンドメーカー キルト レッド RPS-1

    厚み調整可で具材たっぷりサンドにも対応

    オシャレなデザインが魅力的なレコルトのキッチン家電は、電気タイプのホットサンドメーカー。焼き上がり時間も約3分で完成するため、忙しい朝にも重宝します。パンや具材の厚さによって厚みを3段階に調整可能。焼き上がりの格子状の模様は、とってもオシャレ!

    タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590
    4,084円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590

    手入れも簡単でサクッとワッフルが楽しめる

    タイガークラウンからのキッチン家電は、IHに対応している直火タイプのワッフルメーカーです。マーブルコーディングが施されており、焦げ付きにくく耐久性が抜群なのもポイント。隙間がなく、工夫された形状により、カリっとしたワッフルを焼き上げることができます。

    和平フレイズ グリドリッチクローバーワッフルプレート GR-6911
    3,545円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    和平フレイズ グリドリッチクローバーワッフルプレート GR-6911

    パーティーにもってこいのキュートな見た目

    美味しさはもちろんのこと、可愛さにもこだわりたい方におすすめのガス火用・直火タイプワッフルメーカー。クローバー型のワッフルが簡単に作れ、4つに切り分ければ可愛いハート型になります。キッチン家電でもオシャレで可愛いものを選びたいことでしょう。パーティやお客様用のお菓子としても最適で、みんなが幸せな気分になること間違いなし!

    おすすめホットサンドメーカー・ワッフルメーカーの比較一覧

    コールマン(Coleman)
    イタリア商事
    ヨシカワ
    グリーンハウス
    Vitantonio
    アイリスオーヤマ
    TESCOM
    レコルト
    タイガークラウン
    和平フレイズ
    商品名コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02ヨシカワ ホットサンドメーカー 焼き目がサクサク ガス火専用 SJ2408グリーンハウス ホットサンド メーカー ワッフルプレート & ホットサンドプレート付属 GH-HOTSAVitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703PTESCOM マルチホットサンドメーカー HSM530レコルト プレスサンドメーカー キルト レッド RPS-1タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590和平フレイズ グリドリッチクローバーワッフルプレート GR-6911
    価格3,342円(税込)3,544円(税込)1,500円(税込)5,480円(税込)6,980円(税込)3,800円(税込)3,605円(税込)4,751円(税込)4,084円(税込)3,545円(税込)
    商品リンク

    まとめ

    今回は、ホットサンドメーカー・ワッフルメーカーという便利なキッチン家電を紹介しました。

    今回おすすめしたキッチン家電は、Amazonなどの通販サイトでも簡単に購入が可能です。

    この2つのキッチン家電さえあれば、時間のない朝でも手軽にオシャレで美味しいホットサンドやワッフルが楽しめます。具材やトッピングを変えてアレンジをしてみれば、レパートリーも自由自在。

    レシピブックが付いている商品もありますので、いろいろな具材を使ってチャレンジしてみても良いですね!

    このように、手軽に入手できるキッチン家電を利用して、ぜひともホットサンドやワッフルで朝食をオシャレで豪華なものにしてみてはいかがでしょうか?

    この記事を書いた著者たち
    my365 編集部

    my365編集部です。一番“オトク”をみつかるサービスや商品の案内、プレスリリースなどをお届けします。

    関連リンク

    最新ホームベーカリーおすすめ10選|買い替えないと損?最新タイプと旧タイプを徹底比較

    ホームベーカリーおすすめ10選|研究家がパンづくりにも最適、万能なホームベーカリーのクチコミを徹底比較

    電子レンジ・オーブンレンジおすすめ10選|クチコミは本当?主婦が選ぶ使い勝手のいいレンジを徹底比較

    電子レンジおすすめ10選|1人暮らしで失敗しないレンジ選びのコツ

    スロークッカーおすすめ10選|保温性や使い勝手の良いクッカーを徹底比較