一番“オトク”がみつかる
[PR]

コーヒーメーカー・電動ミルおすすめ10選|コーヒーマイスターが認めたコーヒーメーカーを徹底比較

記事更新日:2020/03/21 記事作成日:2020/01/07
おいしいコーヒーの淹れ方を知りたいですか?この記事では豆の選び方や挽き方、おすすめのコーヒーメーカー・電動ミルを紹介しています。コーヒーブレイクを楽しみたい人は必見です。

普段喫茶店やコンビニで何気なく飲んでいるコーヒーを自宅でも楽しんでみたいという人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際に最低限のアイテムを準備し、コーヒーを入れてみても「なんだか微妙」と思った人もいるのでは?

おいしいコーヒーを楽しむためには「コーヒー豆」「水」「淹れ方」のすべてにこだわる必要があります。

とはいえ、もちろん全てが一流でなくてはならないというわけではありません。こだわる部分にだけしっかりこだわれば、自宅でも美味しいコーヒーを淹れられます。

今回はコーヒーマイスターから学ぶ、美味しいコーヒーの淹れ方、そして美味しいコーヒーを飲むためのこだわりアイテムを紹介します。

コーヒー豆の選び方や挽き方

自分好みのコーヒーを楽しむためには、豆を探すことから始まります。生産国や焙煎方法や挽き方、そしてブレンドなどによってその香りや味に違いが生じます。

豆にはそれぞれに「苦味」「酸味」などの強弱があります。また、豆のブレンドによりさまざまな味わいを、楽しむこともできます。

こればかりは人によって好みはさまざま。あなたのこだわりが、コーヒー豆を選ぶ際の一番のポイントでしょう。

基本的なコーヒーの淹れ方

いとも簡単そうに「コーヒーマイスター」は淹れていますが、お湯の注ぎ方ひとつでも、美味しさには違いが生じます。

初心者にはなかなか難しいことですが、これも慣れてくればある程度までは美味しいコーヒーが淹れられるようになります。

まずは基本的なコーヒーの淹れ方を見てみましょう。

動画ではハリオの器具で説明しています。

1フィルターにペーパーをセットする

ハリオの場合のペーパーは三角錐の形状です。このペーパーの、折れやすい面の反対側へ接着面を折り曲げます。

2コーヒー豆を量る

ペーパーフィルターがセットできたら、コーヒー豆の計量と水の計量からスタートします。

豆の分量は1杯=12gですが、3杯の場合=30gが適量でしょう。細かくすると濃くなり、粗くすると軽く薄くなります。濃くすると口当たりがくどくなったり濁ることがありますが、これはお好みですので、ご自分で一番の好みを見つけてください。

3お湯を準備する

水は沸かしたてのお湯を用意しましょう。

コーヒー豆が3杯分なら、お水は3杯分+10%を準備します。この「+10%」はコーヒー豆の吸いとる分として覚えておきましょう。

4コーヒーを淹れる下準備をする

コーヒーを入れる前に、ペーパーにお湯をかけ、ペーパーと器具をピッタリ密着させましょう。これは密着効果だけではなく、ペーパーの紙の匂いを取るという目的でもあります。

またコーヒー豆の濾過能力をアップすることもできます。

この後、サーバーに落ちた湯は忘れずに必ず捨ててください

5コーヒーを淹れる

さて、いよいよコーヒーを淹れはじめます。

濡れたフィルターの中にお好みに挽いたコーヒー豆を入れます。このとき、挽いた際に縁に残った微粉は、取り除くことで口あたりが良くなります。

次はお湯を注ぎます。お湯の適温は85度です。

まず真ん中から注ぎ始めて、豆全体に行き渡るように入れる。この時、新鮮な豆ほど膨らみますが、膨らみ過ぎるのは豆の熟成が足らない場合があります。

一旦豆にお湯を適量垂らしたあとは約30秒ほど待ちましょう。それで豆からのガスが出終わります。

次に真ん中から外へ、外から真ん中へ、そしてまた真ん中から外へと、ゆっくりお湯を注ぎ繰り返しながら均等に注ぎます。

最初にお湯を測っているので、全てを注ぎ終えたらきっちり3杯分になります。

ぺーパー内に残さないと渋みが残るといわれる方もおりますが、最初にペーパーを濡らすことで紙の密度が詰まり、ペーパー内の豆に渋みや灰汁は残ることになるので、安心してください。

このように、美味しくコーヒーを飲むためにはいくつかの準備が必要で、自分で淹れようと思うとそれなりに時間も手間もかかるものです。

しかし、実はもっと簡単に、美味しいコーヒーを楽しむこともできます。

コーヒーメーカーで手軽にコーヒーブレイクを楽しもう

コーヒーメーカーは今や多くの家庭で愛用されています。

特に忙しい朝、セットするだけで美味しいコーヒーが自動で飲めるコーヒーメーカーは、パン食の人には必須のキッチン家電でしょう。

そんなコーヒーメーカーも様々なメーカーがあり、デザインや機能、そして価格に違いがあります。

お手軽なコーヒーメーカーとして選ぶ場合には、コーヒー豆はお好みの状態に挽いたものを購入し、コーヒーメーカーにセットするタイプが一般的です。

挽きたての豆でなければとこだわりがある人の場合は、「電動ミル付きのコーヒーメーカー」が良いでしょう。これならお手軽なコーヒーメーカーとは言っても、挽きたての豆でコーヒーが楽しめます。

もっとこだわる人は、コーヒー豆はもとより淹れ方そのものにも納得の方法があります。

そんな人におすすめなのは「電動ミル」です。

これなら、豆を挽くという労力のみを電動ミルで行い、あとはこだわりの方法でコーヒーを入れることができます。

それぞれにメリットデメリットがあります。これは、どこまでこだわるかという問題です。

朝の忙しい時間には、全て自動になったキッチン家電を使い、ゆっくりとコーヒーを楽しむときには電動ミルで豆を挽きゆったりとコーヒーを立てるといいでしょう。

コーヒーメーカーの選び方

そもそも、キッチン家電とは「手間をかけず」に「いつも同じ仕事」ができるように開発されています。

コーヒーに関して言えば、お手軽でインスタントとは違う、本格的なコーヒーを味わえるのが「コーヒーメーカー」です。

元来コーヒーメーカーとは、時間短縮と共に「手間を省く」ために開発された、キッチン家電の一つです。

ご家庭で同じ味の、おいしいコーヒーをいつも手軽に淹れるためには、コーヒーメーカーをご使用になることをおすすめします。

メリットは「安定」した味のコーヒーが豆と水を投入するだけで淹れられるという点です。

コーヒーメーカーと言っても、メーカーによりさまざまなコーヒーの淹れ方に違いがあります。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーを選ぶときに最も重視すべきは、言うまでもなく「自分がどんなコーヒーを飲みたいか」です。

様々なコーヒーを作れるものから単品系までいろいろあるので、商品選びの参考にしましょう。

  • エスプレッソが作れる
  • 泡立ちコーヒーが作れる
  • 金属フィルタードリップ式
  • ペーパーフィルタードリップ式
  • インスタントコーヒーセット式
  • このように機能から形式まで様々です。

    またフィルターのタイプが同じでも、1つ穴、3つ穴、円錐形などといった、ドリッパー本体状によっても違います。

    自分のコーヒーの好みにより、選ぶコーヒーメーカーも絞られてきます。

    保温機能の有無

    以前のコーヒーメーカーは、ガラスサーバーの下にヒーターがあり、保温するタイプが多く販売されていました。

    しかしこのタイプではコーヒーが煮詰まってしまうため、現在のキッチン家電では魔法瓶形式のコーヒーメーカーが主流です。魔法瓶の技術も進化し、十分な保温力があります。

    ただし、その時飲む必要分だけ入れるという方なら、保温は気にしなくても大丈夫です。

    デザインは重視するか

    キッチンもおしゃれにしたいとキッチン家電にこだわりがある方にとっては、コーヒーメーカーのデザインも重要でしょう。

    また、コーヒーは生活の一部として考えられる方にとっては、コーヒーメーカーをインテリアとしても楽しみたいと思われるでしょう。

    しかし、デザイン重視で選ばれると、一長一短があります。

    デザイン重視の場合機能が不十分だったり、使い勝手に問題があったりする場合もあります。特に一般的なコーヒーメーカーには洗浄機能がついていないため、お手入れがしやすいかどうかは最大の問題点になるでしょう。

    デザインと機能が十分な場合はとても高価になることがあります。

    ブランドで選ぶ

    世界的に有名なキッチン家電メーカーと言えばイタリアの「デロンギ」。

    デロンギは、キッチン家電はもちろん、コーヒーメーカーとしても超一流の機器を販売しています。かのスターバックスでは「スタバオリジナルバージョン」を製作依頼しているほどです。

    他にも、メリタやカリタ、日本ブランドとしては象印、パナソニック、日立などが有名です。

    コーヒーならUCCも有名です。ボダム、サエコ、フィリップス、無印などもコーヒーメーカーを販売しています。

    コーヒーチェーン店でも販売していますから、いろいろ迷います。

    そんな時はご自身がどの点にこだわりをもつか、という点を考慮すると、選択肢も絞りこめます。

    その他の機能

    キッチン家電にもさまざまな機能を搭載してものが増えていますが、これはコーヒーメーカですら例外ではありません。

    コーヒーメーカーは基本的にコーヒーを淹れることに特化したキッチン家電ですから、「魚調理もできるオーブンレンジ」のように、「紅茶も淹れられるコーヒーメーカー」というのはありません。

    しかし、ただコーヒーを淹れるだけにしても

  • 電動ミル付きですりたてのコーヒーが飲める
  • タンクの取り外しが可能で水の補充お手入れが楽
  • 浄水機能付きなので水道水でもおいしく淹れられる
  • タイマー機能つきで、朝起きてすぐ淹れたてが飲める
  • など便利な機能がついているコーヒーメーカーがあります。

    こうした機能が必要かどうかをしっかりを見極めましょう。

    電動コーヒーミルの種類と選び方

    一部の高機能なものを除き、コーヒーメーカーはコーヒー粉を入れて使用するタイプが一般的です。

    そのため、多くの人はすでに粉に挽いたコーヒーを用意するかもしれません。

    しかし、コーヒー通の人は、「コーヒー豆は淹れる直前に挽く」のが最高で、コーヒーの薫りを楽しむためにはミルは必須と言われます。

    これは豆に閉じ込めたアロマが挽いた瞬間に揮発するからです。

    コーヒー豆の挽き方により、コーヒーの味は大きく変わります。

    挽いたコーヒーの粉が揃っているかどうかにより、コーヒー成分の抽出が左右されるからです。

    このコーヒー粉の状態は、コーヒーミルの種類により違いがあるため、どれを選ぶかは重要なポイントになります。

    プロペラ式(カッター式)ミル

    プロペラ式(カッター式)ミルとは、いわゆるフードカッターのようなタイプの刃でコーヒー豆を挽くタイプのミルです。

    家庭用のミルとしてはこれが一般的でしょう。

    メリット

  • サイズが小さく、不使用時には収納しておける
  • 安価で小型なのではじめての人にもおすすめ
  • デメリット

  • エスプレッソ用の豆は挽けない
  • 挽きムラが出やすい
  • 細かい粉(微粉)が出やすい
  • 臼式・コニカル刃式ミル

    厳密にはそれぞれ違うタイプのものなのですが、おおまかな区分けとして同一タイプとされているのが臼式とコニカル刃式です。

    プロペラ式(カッター式)ミルが豆を細かく粉になるまで切り刻むのに対して、臼式・コニカル刃式のものはまさしく挽くタイプのもの。複合式の刃などでコーヒーをすりつぶすように細かくします。

    メリット

  • 粗さ調整が自在で好みに合わせられる
  • 挽きムラが少なく、微粉も出にくい
  • デメリット

  • サイズが大きく、設置場所や収納場所の確保が困難
  • 価格がプロペラ式に比べてかなり高価
  • 【コーヒーミルなし】おすすめのコーヒーメーカー3選

    タイガー コーヒーメーカー 6杯用 ステンレス サーバー ACC-S060
    5,630円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    タイガー コーヒーメーカー 6杯用 ステンレス サーバー ACC-S060

    淹れたてをカップに注いでそのまま飲める!

    このコーヒーメーカーは、専用カップトレイつきで、サーバーだけではなくマグカップなどに直接ドリップ可能です。「着脱式水タンク」採用で給水やお手入れも簡単です。サーバーも、割れないステンレスサーバーと耐熱ガラスサーバータイプが選べます。

    象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-GB40-TD
    2,882円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-GB40-TD

    安価でシンプル!コスパ最強コーヒーメーカー

    このコーヒーメーカーはスタンダードタイプです。コーヒーカップ約1~4杯分と一般的な容量です。浄水フィルター装備で、カルキを除去しコーヒー豆のおいしさをより引き出します。また、水タンクも着脱式ですので常に洗えるので清潔です。

    Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 SKT541
    6,100円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 SKT541

    保温ポットで淹れたての香りを熱を逃さない

    このコーヒーメーカーは、スタート時と抽出終了時にアラームが鳴り、その後自動的に電源が切れ省電力設計です。 ポットがステンレス製真空二重構造ですから保温性があり、おいしさがつづきます。抽出方法は、メリタ式1つ穴抽出でベストな味と香りを楽しめます。保温ポットの口径も大きくお手入れも簡単です。

    【コーヒーミル付き】おすすめのコーヒーメーカー3選

    象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用 EC-VL60-BA
    7,631円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用 EC-VL60-BA

    浄水機能付きで挽きたての最高の味わいを

    このコーヒーメーカーは、淹れるたびにコーヒー豆を挽くので、いつも新鮮な味と香りが楽しめます。カルキを取る浄水フィルターとはずせる水タンク使用で、コーヒー豆本来の味を楽しみながらも楽にお手入れすることができます。ミルははずして洗えるため、いつでも清潔に使えます。

    アイリスオーヤマ コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用 ブラック IAC-A600
    5,675円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    アイリスオーヤマ コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用 ブラック IAC-A600

    メッシュフィルターが経済的

    こちらは、ご家庭で淹れたての本格的なコーヒーを味わえる全自動コーヒーメーカーです。コーヒー豆の豆挽きからドリップまでが全自動でお手軽です。挽き方の種類も、3つのモードより選択可能ですので、お好みで選んでください。紙フィルターを使わない、メッシュフィルター採用ですので経済的です。水タンクも取り外し可能ですから、お手入れも便利です。

    パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー ブラウン NC-R500-T
    13,772円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー ブラウン NC-R500-T

    アイスコーヒーにも対応の全自動メーカー

    このコーヒーメーカーは、「Wドリップ(お湯をため蒸らし時間を長くした)」方式で、淹れ方をこだわりました。また、豆の挽き分けも「中細挽き」と「粗挽き」ができます。その上、ボタン一つで「マイルド」「リッチ」「アイス」に対応できます。「ステンレスフィルター」をセットすれば、コーヒーの油分も楽しめます。もちろんカルキも「活性炭フィルター」でカットします。

    おすすめの電動コーヒーミル4選

    Melitta(メリタ) 電動 コーヒーミル ブラック ECG62-1B
    3,048円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    Melitta(メリタ) 電動 コーヒーミル ブラック ECG62-1B

    たった15秒で豆挽き完了!シンプルなミル

    操作は簡単でシンプルな、上部スイッチを押すだけという電動ミルです。デザインもコンパクトで、収納場所も取りません。一度に5杯分でもわずか15秒程度です。初めて購入する方におすすめのキッチン家電です。

    Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45
    2,094円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45

    挽いた豆をそのままドリッパーにイン!

    本体はコンパクトサイズで、電動ミルを持ったままスイッチONができます。挽いたコーヒー粉をそのままドリッパーにセットと手間もいりません。

    デロンギ コーヒーグラインダー コーン式 中挽き~極細挽き ブラック KG364J
    12,065円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    デロンギ コーヒーグラインダー コーン式 中挽き~極細挽き ブラック KG364J

    14段階の挽き分け可能な本格派!

    あのキッチン家電で有名な、デロンギの電動ミルがこの価格です。こちらは14段階に設定可能で、中挽き、中細挽き、細挽き、極細挽きの4つのステージをより細分化設定が可能となり、お好みの挽き具合でエスプレッソ、モカ、ドリップなども楽しめます。

    カリタ コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン #61101
    38,000円(税込)
    [PR]
    口コミを投稿

    カリタ コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン #61101

    自宅がカフェに早変わり!コーヒー好き必見

    業務用電動ミルを、キッチン家電用に小型化しました。切れ味最高で耐久性にも配慮されたカット刃の採用です。デザインも、業務用タイプでかっこいいです。マホービンよりも小さく、インテリアに映えるデザイン。ステンレス製の粉受けから、そのままペーパーに投入できます。

    おすすめコーヒーメーカー&電動ミルの比較一覧

    タイガー
    象印
    Melitta(メリタ)
    象印
    アイリスオーヤマ
    パナソニック
    Melitta(メリタ)
    Kalita
    デロンギ
    カリタ
    商品名タイガー コーヒーメーカー 6杯用 ステンレス サーバー ACC-S060象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-GB40-TDMelitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 SKT541象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用 EC-VL60-BAアイリスオーヤマ コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用 ブラック IAC-A600パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー ブラウン NC-R500-TMelitta(メリタ) 電動 コーヒーミル ブラック ECG62-1BKalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45デロンギ コーヒーグラインダー コーン式 中挽き~極細挽き ブラック KG364Jカリタ コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン #61101
    価格5,630円(税込)2,882円(税込)6,100円(税込)7,631円(税込)5,675円(税込)13,772円(税込)3,048円(税込)2,094円(税込)12,065円(税込)38,000円(税込)
    商品リンク

    とにかく家でコーヒーが飲みたいだけの人は?

    機能やデザイン性の違いに拘らず、とにかく安価のコーヒーメーカーをお探しの方には、ホームセンターに行けば1000円代からコーヒーメーカーがあります。

    もちろん機能は最低限で、美味しいコーヒーが飲みたいと考えている人に取っては物足りないかもしれません。

    しかし、淹れたてのコーヒーはそれだけで普通に飲むコーヒーより美味しいものなので、インスタントコーヒーや缶コーヒーで我慢するよりはそういったものを使うだけでもだいぶマシなコーヒーが楽しめます。

    ただし、こういうコーヒーメーカーを購入するのにネット通販などを使うと、送料の方が高くつく場合がありますからよく確認してください。

    まとめ

    現代人の時間との戦いは、一刻一秒が貴重です。でもそんな毎日の一瞬のあのコーヒーの香りは、心に安らぎをもたらせてくれるものでしょう。

    お手軽なキッチン家電で、どうぞそんなリラックスタイムを手に入れてください。

    この記事を書いた著者たち
    my365 編集部

    my365編集部です。一番“オトク”をみつかるサービスや商品の案内、プレスリリースなどをお届けします。

    関連リンク