PS4キーボードおすすめ情報
[PR]

PS4でおすすめのキーボード8選|リーズナブルからハイスペックまで紹介

記事更新日:2020/03/06 記事作成日:2020/01/02
プレイステーション4(PS4)で利用するのに最適なおすすめのキーボードを紹介します。チャットでの入力や、MMORPGやFPSなどをプレイするのにキーボードがあると非常に便利です。
  1. 神ゲー
  2. 事前登録
  3. PS4ソフト
  4. RPG
  5. アクション
  6. PS4ヘッドセット
  7. パズル
  8. 放置系
  9. PS4アクセサリー

PS4でのキーボードについて

PS4で遊ぶのにキーボードが必要かどうかですが、基本的には必要はありません。ただし、『FINAL FANTASY 14』や『ドラゴンクエスト Ⅹ』などのMMORPGや他プレイヤーなどと文字チャットを頻繁に行う必要があるゲームをプレイするには、キーボードはあったほうが良いです。そこで、PS4でプレイするのにおすすめのキーボードを紹介しますので、ぜひ購入の際に参考にしてください。

キーボードの種類

有線と無線

キーボードにはいくつか種類があります。基本的なものとしては、有線か無線かが大きい種類です。有線と無線のメリット・デメリットをしっかり考慮して、自分のプレイ環境に合った接続種類のものを購入するようにしましょう。

有線ではPS4と直接USBで接続する必要があるので、ケーブルの長さまでと距離が限られますし、ケーブルの煩わしさがあります。ですが、キー入力に遅延がなく、キーボードバッテリーが必要ないので気軽にいつでもプレイ可能な点は大きいメリットと言えます。

無線ではPS4と直接接続する必要がなく、本体と距離がある程度離れていても接続できるので、ケーブルによる煩わしさが無くなります。ただ、キー入力に若干の遅延が生じたり、バッテリーや電池が必要になるので、いざという時にプレイが中断してしまう可能性があります。

キースイッチの種類

キーボードの種類として次に、キースイッチの種類があります。キーの構造にいくつか種類があり、「メンブレン式」「メカニカル式」「パンダクラフ式」「静電容量無接点」「シザー式」などがあります。メンブレン式は耐久力が低いが、安価に購入できる傾向にあります。ただし、きちんとした有名メーカーのものならば耐久力もそこまで心配する必要がなく、酷使し続けない限りはすぐに壊れるということはありません。メカニカル式でもメーカーも聞いたことがないものを購入してしまうと、最初からキー入力の反応が悪いなど不具合が多かったりする可能性が高くなりますのでご注意ください。PCやPS4で販売されているキーボードはメンブレン式やメカニカル式が多いです。

キー軸の種類

メカニカル式だと、キー軸にもいくつか種類があり大きく分類すると3種類、細かいと8種類以上あります。基本的には「赤軸」「茶軸」「青軸」が基本軸となっています。キーの音やキーの重さなどが軸によって違うので、こちらも自分に合ったものを選ぶのが重要です。

キー軸:赤軸 音:静か キーの重さ:軽い
キー軸:茶軸 音:やや静か キーの重さ:やや重い
キー軸:青軸 音:大きい キーの重さ:重い

有線でリーズナブルなキーボード

TK-MHW02WH
3,002円(税込)
[PR]

エレコム TK-MHW02WH

キーボードの特徴

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』コラボモデル第2弾の商品です。PS4本体に挿してテキストチャットができます。キーボードとしては珍しい、PS4オフィシャルライセンス取得有線USBキーボードなので、安定性も抜群で安心して利用できます。

最大1000万回のキーストロークに耐える丈夫なキーを採用しているので耐久性もバッチリです。3メートルのロングケーブルをなので本体から離れて利用することも問題ありません。

傾斜角を2段階で調整できる傾斜角度調節スタンドが付いているので、環境に合ったタイピングが可能となっています。価格も3,000円前後となっているので非常にリーズナブルです。

キー種類メンブレン式
接続方式有線
TK-MHW01BK
2,200円(税込)
[PR]

エレコム TK-MHW01BK

キーボードの特徴

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』コラボモデルの第1弾です。キーボードとしては珍しい、PS4オフィシャルライセンス取得有線USBキーボードなので、安定性も抜群で安心して利用できます。

最大1000万回のキーストロークに耐える丈夫なキーを採用しているので耐久性もバッチリです。3メートルのロングケーブルをなので本体から離れて利用することも問題ありません。

キートップに『モンスターハンター:ワールド』オリジナルフォントを採用しており、モンハンらしさを楽しめるキーボートとなっています。価格も第2弾のものよりさらに安く、2,000円前後となっているので非常にお求めやすくなっています。

キー種類メンブレン式
接続方式有線
BSKBU108LBK
1,295円(税込)
[PR]

バッファロー BSKBU108LBK

キーボードの特徴

108キーのスタンダードで癖のない日本語JIS配列を採用しています。テンキーも搭載したフルキーボードなので、普段のキーボードと変わらずに使用できます。

3メートルのロングケーブルをなので本体から離れて利用することも問題ありません。キーボード下部がカーブデザインとなっていて、スペースキー付近の面積が広く、親指への負担が軽減されるとともに親指の位置の自由度も高くなるため、快適なタイピングができます。

価格は、1,300円前後となっているのでとりあえずPS4でキーボードを使用したい入門用として最適です。

キー種類メンブレン式
接続方式有線

有線でハイスペックなゲーミングキーボード

G-PKB-002
18,180円(税込)
[PR]

ロジクール G-PKB-002

キーボードの特徴

ゲーミングデバイスで有名なメーカーであるロジクール社のPRO用ゲーミングキーボードです。テンキーレスとなっていて、デスクスペースが限られている環境において非常に嬉しい設計となっています。

キータイプはメカニカル式で、クリッキー(青軸寄り)で、確かな打鍵感と入力のしやすさが特徴です。さらに、別売りのタクタイル(茶軸寄り)やリニア(赤軸より)にも換装可能となっています。

バックライトLEDを採用しているので、手元が暗くてもしっかりキーを認識できます。ライトのカスタマイズはPCでのみ可能ですが、初期状態でも美しくライトアップされます。ケーブルは三叉構造になった脱着式マイクロUSBなので、しっかりと接続できます。また、コンパクトなデザインと相まって移動時も安全に持ち運ぶことが可能です。

キー種類メカニカル式
接続方式有線
HX-KB4BL1-US/WW
11,500円(税込)
[PR]

キングストン HX-KB4BL1-US/WW

キーボードの特徴

ゲーミングデバイスで有名なメーカーであるキングストン社のゲーミングキーボードです。テンキーレスとなっていて、デスクスペースが限られている環境で使いやすくなっています。

キータイプはメカニカル式で、青軸となっているので、打鍵感とキー入力の際の心地よい音が特徴となっています。ゲームをプレイするのに最適と言えるでしょう。

バックライトLEDを採用しているので、手元が暗くてもしっかりキーを認識できます。ライトの色はHyperXシリーズ特徴の美しくダイナミックな赤色に発光します。100%アンチゴースト、Nキーロールオーバーなので、同時入力なども問題なく認識します。

キー種類メカニカル式
接続方式有線
RZ03-02262300-R3J1
6,980円(税込)
[PR]

Razer RZ03-02262300-R3J1

キーボードの特徴

ゲーミングデバイスで有名なメーカーであるRazer社のゲーミングキーボードです。Razer社としては稀な日本語JISに対応したフルキーボードとなっているので安心して使用することができます。

キータイプはゲーミングキーボードとしては珍しいメンブレン式で、静かな打鍵音とソフトな打鍵感のゲーミングメンブレンキーとなっています。メカニカル式が苦手だというプレイヤーにとっては貴重なゲーミングキーボードです。

RazerChromaバックライト機能を搭載しているので、手元が暗くてもキー認識が容易です。光らせ方はPCでしかカスタマイズできませんが、Razerのキーボードは初期状態で非常に美しいレインボーの配色となっているので見ているだけでもワクワクします。10キーロールオーバーおよびアンチゴースト機能搭載で、同時入力も問題ありません。

キー種類メンブレン式
接続方式有線

無線でプレイできるキーボード

TK-FDM063TBK
1,329円(税込)
[PR]

エレコム TK-FDM063TBK

キーボードの特徴

安定した通信で快適に操作できる2.4GHzのワイヤレスキーボードです。極小のマイクロレシーバを採用していて、PS4のUSBポートに接続してもまったく気になりません。ワイヤレスなので、プレイ環境を選びません。膝の上に乗せてタイピングなどもできちゃいます。

キーボードは最大1000万回のキーストロークに耐える丈夫なキーを採用しているので、耐久力も安心です。電池の交換時期をお知らせする電池残量表示ランプを装備しているので、いきなりバッテリー切れとなる心配もありません。

電池には単3アルカリ電池または単3ニッケル水素2次電池(充電池)を使用します。電池寿命は通常利用ですと、1年6ヶ月となっているので非常に長持ちします。そうそう電池の心配をする必要がないのは嬉しいですね。

キー種類メンブレン式
接続方式無線
G613
11,900円(税込)
[PR]

ロジクール G613

キーボードの特徴

ゲーミングデバイスで有名なメーカーであるロジクール社のゲーミングワイヤレスキーボードです。ワイヤレスなので、ケーブルの煩わしさを解消しつつも、ゲーミングキーボードとしての機能や入力のしやすさが特徴です。LIGHTSPEEDワイヤレスによる遅延が限りなく少ない高速1msのレポートレートに加え、Bluetoothにも対応しています。PS4ではLIGHTSPEED(USBレシーバー)接続、PCではBluetooth接続のマルチホスト接続ができちゃいます。

キータイプはメカニカル式で、タクタイル(茶軸寄り)となっているので、打鍵感と打鍵音のバランスが良いです。タイピングがしやすいのでPS4でのプレイでも快適です。

パームレストがついているので、手や腕が疲れにくく安定したプレイが可能となっています。ただし、取り外しはできませんので注意が必要です。電池には単3電池2本を使用します。電池寿命は通常使用だと、およそ18ヶ月と長寿命なので安心です。

キー種類メカニカル式
接続方式無線

おすすめキーボード比較表

エレコム
エレコム
バッファロー
ロジクール
Razer
キングストン
エレコム
ロジクール
商品名TK-MHW02WHTK-MHW01BKBSKBU108LBKG-PKB-002RZ03-02262300-R3J1HX-KB4BL1-US/WWTK-FDM063TBKG613
価格3,002円(税込)2,200円(税込)1,295円(税込)18,180円(税込)6,980円(税込)11,500円(税込)1,329円(税込)11,900円(税込)
メーカーエレコムエレコムバッファローロジクールRazerキングストンエレコムロジクール
キー種類メンブレン式メンブレン式メンブレン式メカニカル式メンブレン式メカニカル式メンブレン式メカニカル式
接続方式有線有線有線有線有線有線無線無線
商品リンク
この記事を書いた著者たち
ゲーム記者 さや まり

ゲーム攻略サイトGAMYなどでゲーム記者として活動している「さや」(妹・17歳)と「まり」(姉・17歳)の双子コンビです!
さやの好きなこと:ゲーム、アニメ・映画鑑賞
まりの好きなこと:ショッピング

PS4でオススメのゲーミングヘッドホン8選+α|選び方と注意点など解説

PS4おすすめゲームソフト27選 モンハン・ダクソなど注目ソフトまとめ【2020年】

【2020神ゲー】ガチで面白いゲームアプリ122選!おすすめの新作から人気の無料で遊べる名作ゲームまで一挙公開