一番“オトク”がみつかる
[PR]

マッチングアプリのトラブル回避法は?真面目な恋愛アプリ3選

記事更新日:2020/04/01 記事作成日:2019/12/27
マッチングアプリを使って「トラブルに巻き込まれた」という事例もあります。どんなケースがあるのかを知って、アプリを使うときに注意しましょう。もちろん、真面目な会員が集まるアプリもあります。どんなアプリがおすすめなのか、見ていきましょう。

マッチングアプリに潜むトラブル

マッチングアプリでは運営側が監視を心がけていますが、使い方によってはトラブルもありえます。いったい、どんなトラブルが考えられるのでしょうか?主な事例を紹介します。

業者などから勧誘される

マッチングアプリを利用した人の体験談として「デートのつもりで出かけたらビジネスの勧誘だった」というケースがあります。

マッチングアプリに多いのは、近年広がりを見せている『ネットワークビジネス』の勧誘です。商品を購入していた顧客が販売員として勧誘され、ほかの人にも商品を売りつけようとしています。

恋愛目的でマッチングアプリを利用している人にとっては、迷惑な会員です。よくわからない話を聞かされるだけでなく、物を売りつけられた場合は金銭の被害もあります。

妙に進展が早い相手や、プロフィールの職業欄が怪しいイケメン・美女などとは会わない選択も必要です。

ヤリモクや既婚者と出会ってしまう

女性の体だけを目的にしているヤリモク男性や、既婚者と出会うケースもあります。

ヤリモク男性は、すぐに遊べる女性としかやり取りしません。メッセージ交換をほとんどしないうちに「会いたい」「ラインを教えて」と言ってくる男性は要注意です。

また、最初から夜にお酒が飲めるバーで会おうとする場合も注意したほうがよいでしょう。

既婚者は、独身証明書を提出している異性とのみと会うことで防げますが、本気の婚活アプリ以外で証明書を提出している人は少数派です。

休日に連絡が取れない人や、付き合い始めても自宅を教えたがらないなどの相手の言動はチェックして、既婚者かどうか見極めましょう。

お金を盗られる

会って嫌な思いをするだけでなく、詐欺や盗難被害に遭うケースもまれにあります。

詐欺の場合は「突発的なトラブルでお金が必要になったので今どうしても貸して欲しい」など、金銭を要求してくるケースが考えられます。お金を渡しさえしなければ、被害に遭うことは少ないでしょう。

盗難被害では、ホテルやお店などで相手から離れたすきにお金を盗って逃げるパターンが多いようです。心配な場合は必要最低限のお金以外は持たず、貴重品は常に身につけておくようにしましょう。

詐欺や盗難に遭うのは男性が多いようですが、未成年や既婚者など怪しい相手を避ければリスクを減らせます。マッチングアプリに身分証を登録している女性なら、安心感も高まるでしょう。

実際に会うときに気を付けたいこと

トラブルを避けるには、自衛も必要です。アプリ上ではとても優しい人に見えても、初めて会う異性であることは理解しておきましょう。

特に女性の場合は、安全にデートを楽しむためにも『会う場所がどこなのか把握しておく』ことをおすすめします。

行くお店について調べる

デートに行く前に、どこのどんなお店に行くのか自分でも確認しておきましょう。「そもそも行き先を教えてもらえない」という場合は、デート自体を考え直す必要があります。

初対面でサプライズデートは不要です。怪しいお店や何かの勧誘など、デートとは異なる目的で誘われている可能性があります。

当日行く予定のカフェやレストランの場所を知っておけば、まったく別方向に連れていかれそうになっても自分で判断可能です。単に道に迷っているだけであれば、指摘できます。

わざとほかの場所に連れていくつもりなら、その場で別れることもできるでしょう。

人が多い場所で会う

なるべく人が多い場所で会うだけで、何かあったときでもトラブルを回避できます。複合施設内や繁華街にある飲食店など、なるべく人が多いお店を選びましょう。

相手の家や個室タイプの店舗では、トラブルがあったときでもすぐに助けが呼べません。外部に音が聞こえにくいカラオケボックスも、初対面の異性と2人きりになるのは避けたいところです。

周囲にたくさんの人がいれば「この人は怪しいかも…」と感じた時点ですぐに帰れます。相手が無理やり引き止めようとしても、周りの注目を集めてしまうでしょう。

周囲の目を気にせず行動する相手だとしても、目に余る場合は店員や周囲の人に助けてもらえる可能性もあります。

初対面で個人情報を話さない

メッセージ交換中でも同じですが、実際に会って『相手が信頼できる人だと確信できるまで』は個人情報を伝えるのは避けましょう。

家や職場、大学の場所を教えてしまうと、お付き合いを断ったときにトラブルに発展する可能性があります。なかにはストーカーのように豹変してしまう相手もいるかもしれません。

「この人とお付き合いをしよう」と決めた場合は個人情報も少しずつ話す必要がありますが、お互い恋人になる前の時点ではぼかした話で十分です。

たとえば「○○大学在学中で○○という会社に内定した」などは個人情報です。「大学に通っていて就活中」と大まかな話で終わらせましょう。

トラブル回避にはアプリ選びが重要

トラブルを避けるには『きちんと管理されたアプリ』を選ぶのが基本です。

どんなマッチングアプリを選ぶと、トラブル回避につながるのでしょうか? トラブルを避けるには、アプリの審査や運営側のパトロールがかかわっています。

迷惑会員が集まりやすいアプリは避けよう

迷惑会員が集まるのは『誰でも登録できてしまうアプリ』です。たとえば年齢確認や身分証の提出がないと、恋愛目的以外の人や未成年が簡単に登録できてしまいます。

常時異性の位置情報をチェックできるなど、知らない相手に自分のいる場所が把握されてしまうアプリも心配です。

また、メッセージやアプローチごとにポイントを消費するアプリは『出会い系』と呼ばれます。基本機能にお金が別途必要なものは、サクラが紛れ込む危険性もが高いため、避けたほうがよいでしょう。

監視体制が整った有料アプリを使う

危険な傾向があるタイプを避けて、月額有料制のマッチングアプリを使うとトラブルのリスクが下がります。本人確認があり、運営側が常にパトロールしているアプリなら迷惑会員も居座りづらいでしょう。

また、月額制のアプリは恋活・婚活費用が一定金額で済む上に、運営の監視体制を整える資金源になります。女性が無料のアプリは多いですが、運営企業の活動費を考えると有料化しているアプリのほうが安心です。

会員の真剣度が高いマッチングアプリ

会員の真剣度が高いアプリを選べば、恋愛目的以外の異性に合う確率はぐっと減ります。どんなアプリがおすすめなのでしょうか?

運営の監視が行き届いているものや、迷惑会員が入り込みにくい優良アプリを紹介します。

ゼクシィ恋結び
0円(税込)
[PR]
口コミを投稿

独自システムでパトロール ゼクシィ恋結び

リクルートでは『ゼクシィ恋結び』と『ゼクシィ縁結び』という2種類のアプリを運営しています。紹介するゼクシィ恋結びは、恋活と婚活どちらにも適したサービスです。

アプリ内では常にAIがパトロールを行い、疑わしい会員を排除しています。本人確認と年齢確認のダブルチェックがあり、安全対策は十分です。

さらに、性別を問わず本格的な利用にはお金がかかります。男性の場合は1カ月あたり2000~4000円程度ですが、女性にも本人確認手数料として100円ほどがかかる仕組みです。

少しでもお金が必要となると「実際に会う気はないけど…」と考える会員は登録しません。本気で恋人や結婚相手を探す男女が集まるアプリといえるでしょう。

Omiai
0円(税込)
[PR]
  • 評価の高い口コミ

    よろしく

もっと口コミを見る

通報機能で安全性を確保 Omiai

『お見合い(Omiai)』の大きな特徴は、迷惑行為をした会員に『イエローカード』を表示しているところです。ヤリモクやビジネス勧誘と思われる行動を取れば、強制退会かイエローカード付与になります。

イエローカードを付与された異性を避ければ、少なくとも過去に悪質な行為をした相手に会うことはありません。もしトラブルがあった場合でも、相手を運営に通報できます。

安全性が確保できるだけでなく、会員数も累計400万人以上とたくさんの人が利用しているアプリです。マッチング数も3000万件を超えています。

youbride(ユービブライド)
婚活初心者のための結婚相手がきっとみつかるマッチングアプリ
[PR]
口コミを投稿

サクラ0宣言を掲げている youbride

『ユーブライド(youbride)』は、2018年に成婚者数が2400人を超えるなど婚活の実績が高いアプリです。そのうち6割は3カ月で結婚に至っているため、早く結婚したい男女にぴったりでしょう。

実際に結果を出しているだけでなく、安全対策にも力を入れています。特に、なりすましを防ぐために『サクラ0宣言』を掲げ、悪質な会員を排除するシステムを取り入れているのです。

日々のパトロール以外に、独身証明・収入証明などの提出にも対応しています。プロフィールやメッセージが怪しい相手には返信せず、運営へ違反報告するよう誘導しているところも、誠実さを感じられるのではないでしょうか。

マッチングアプリ比較表

Net Marketing Co., Ltd
eureka,Inc.
Recruit Marketing Partners Co.,Ltd.
商品名Omiaiyoubride(ユービブライド)ゼクシィ恋結び
価格0円(税込)婚活初心者のための結婚相手がきっとみつかるマッチングアプリ0円(税込)
特徴1日に約40,000組がマッチングする国内最大級のマッチングを実現1日3分の婚活でパートナーが見るかる?結婚したい人が使うマッチングアプリ会員登録基本無料、14秒に1組が出会う恋活できる
容量203.6MB85MB165.9MB
対応端末Android:4.1以上/ios:9.0以降Android:5.0以上/ios:10.0以降Android:4.4以上/ios:10.0以降
有料プラン
GPS機能
SNS連携
24時間セキュリティ
身分証明書の提示
利用の多い年齢層20代後半20代~40代20代後半
男女比5:56:46:4
Facebookと連動ありあり(無くても可)あり
登録者の傾向婚活志向の真面目なユーザーが多い婚活、結婚真剣な恋愛~婚活
20代女性比率約5割約4割約5割
登録者数300万人※2018年6月時点180万人以上250万人以上
料金(男性)4,800円(税込)〜/月0円3,900円(税込)〜/月
料金(女性)基本無料(一部課金制)0円120円(税込)/月
商品リンク

真面目に恋したい男女は優良アプリを使おう

真面目に恋活・婚活を考えているなら、トラブル回避は必須です。なかには迷惑会員も登録していますが、アプリ選びやプロフィールを見て避けることも可能です。

特に月額制有料アプリは、真剣な会員が集まっている傾向があります。真剣な恋活・婚活を希望している人は、ぜひ利用してみましょう。

※ご紹介中の無料アプリには一部無料・基本無料を含みます。

この記事を書いた著者たち
マッチングアプリ レビュアー けんたろー

20代後半男子。上京したはいいが出会いがまったくなく、3年間フリーだった。
出会いを広げるためにマッチングアプリを始める。
複数のマッチングアプリを利用しながら研究した結果、数十名の方とデートできるように。
その経験を友人に教え友人も出会えるように成長した。

関連リンク

出会い系アプリのフェードアウト対処法とうまくいく恋アプリ3選

どんなトラブルがある?出会い系アプリの健全性や、起こりうる問題とは!

マッチングアプリのドタキャン原因と対策。会える恋活アプリ3選

マッチングアプリにいる既婚者の見分け方と安心安全なアプリ6選

マッチングアプリでワンナイトを見分ける方法。安全なアプリ3選

マッチングアプリの名前は本名だと危険?おすすめアプリ5選