出会い系・マッチングアプリ

マッチングアプリの会うまでの流れ。デートが叶うアプリ3選

マッチングアプリで出会うためには、マッチング成立後にメッセージのやりとりを行う必要があります。「実際に会ってみたい!」と思われるメッセージの方法やデートの誘い方をチェックしましょう。デートに誘いやすいアプリも紹介します。

マッチングアプリって本当に出会える?

身の回りでマッチングアプリを利用している人がいないと「本当に出会えるの?」「いい人いるのかな」と不安に感じるかもしれません。

マッチングアプリで出会うための大まかな流れや、出会うために大切にすることをチェックして、素敵な出会いを探しましょう。

登録から会うまでの流れ

マッチングアプリに登録したら、異性に「気になるな」と思ってもらえるようなプロフィールを作成しましょう。プロフィール項目はすべて埋めるのはもちろん、写真は『自分の雰囲気が伝わるものを3枚ほど設定する』と親切です。

プロフィールの文章や写真を見て好印象を抱いたら、お互いに「いいね!」を送りあうことでマッチングが成立します。

マッチング後は、アプリ内の『メッセージ機能』でやりとりを重ねましょう。お互いが「会ってみたいな」と気持ちが高まるタイミングで、どちらかが誘って『デート』に発展します。

マッチングからデートに発展するまでは、メッセージを始めてからおおよそ『1カ月』です。早すぎると相手に警戒されてしまうおそれがあり、遅すぎると「本気じゃないのかも…」と見切りをつけられてしまいます。

誘うまでにある程度仲良くなろう

マッチング後は、相手のプロフィール情報をもとにメッセージを重ねましょう。お互いになにも知らないままデートに誘ってしまうと、真剣な出会いを探していない『遊び目的』や体目当ての『ヤリモク』と思われる原因です。

初デートに誘う際は、少なくとも『10通』を目安にメッセージを交わします。お互いの共通点を話したり、相手のプロフィールで気になったことを質問したりすると会話が盛り上がりやすいでしょう。

メッセージのやりとりだけでデートを約束することに不安を感じる人は、会う前に『電話』をするのが有効です。文章だけではわからない、相手の人柄や雰囲気を確かめられます。

『サクラ』や『業者』といった架空の悪質ユーザーではないと確認できるのも、メリットです。

ダラダラと続けるのはNG

メッセージを重ねていても、会うまでの期間が長引いてしまうと相手のテンションが下がってしまいます。徐々に会話も停滞してしまうかもしれません。

ダラダラとメッセージを続けるよりも『お互いの関係性が盛り上がってきたと感じたタイミング』でデートに誘いましょう。

メッセージのやりとりが始まってから『約2週間~1カ月』を目安にするとベターです。片方が1通送った翌日にもう片方が1通返すのようなスローペースなら、1カ月ほどかけてもよいでしょう。

『LINE』やチャットのように会話のテンポで連日続いているのなら、早めに会ってしまったほうがネタ切れを防げます。

自然な誘い方で成功率アップ

デートへ誘う方法がわからずにダラダラとメッセージを続けていませんか?メッセージのやりとりは『出会いのきっかけ』に過ぎません。

実際にデートにつなげることで、交際や結婚への道が開けます。デートのOKをもらうためには『自然に誘うこと』が大切です。スムーズにデートに誘う方法をチェックしましょう。

もし空いてたらご飯行かない?と誘う

初デートに誘うときは「デートしましょう」というストレートな言葉は避けましょう。

『デート』と名付けてしまうと心理的ハードルが高くなり、たとえ相手が乗り気であったとしてもOKをもらえる可能性が低くなってしまうからです。

一般的にデートとは、付き合っている彼氏彼女や恋愛に発展する可能性のある状態の親密な男女が2人きりで出かけるときに使います。

「よかったらご飯行きませんか?」「もし空いてたらご飯どう?」など、さらっとご飯に誘うことで相手からOKをもらえる可能性が高まるでしょう。

初デートは相手の緊張をやわらげるためにも、ディナーよりは『ランチ』が無難です。初対面のため、1日かけるデートではなく『2~3時間』ほどで切り上げましょう。

「もっと話したいな」と相手に思わせることで、次のデートへつなげやすくなります。

共通の趣味を見つけて誘う

プロフィールやメッセージのやりとりのなかで『共通の趣味』が見つかるはずです。「ご飯を食べるのが好き」「洋画が好き」など、2人が好きだと思えるものが見つかったら、その共通の趣味をきっかけにデートに誘いましょう。

お互い好きなものであればデート中の会話も盛り上がります。共通の趣味が見つからなかった場合は『相手の好きなものを教えてもらうデート』を提案するものよいでしょう。

たとえば、相手がスイーツが好きなら、おいしいお店に一緒に行ってみます。お寺巡りが趣味なら、近場の名のあるお寺訪問を含めた半日ほどのデートを提案しましょう。

ただし「デートにつなげたいから」という下心が見えてしまうと、相手に警戒されてしまいます。「相手の好きなものを好きになりたい」という気持ちを持つことが重要です。

メッセージを続けるのが苦手な場合は?

「マッチングに成功したもののメッセージを続けられず、デートまでたどり着けない」という人もいるかもしれません。改善方法をチェックしてメッセージを続けられる関係を築きましょう。

相手の文面に合わせて返す

返信のペースや長さは基本的に『相手の文面』を真似しましょう。相手が敬語の場合は敬語、タメ口ならタメ口に合わせると「テンポが合うな」とメッセージが盛り上がります。

気の利いたメッセージを返そうとすると言葉選びに時間がかかり、やりとりのペースが落ちてしまうのもよくあることです。素直な気持ちを言葉で返すことで、スムーズなやりとりを意識しましょう。

返信に迷ったら『相手の言葉をオウム返しする』のも一つです。「この間、イルミネーションを見に行ってきれいだった」といわれたとします。

「なるほど、きれいなイルミネーションだったんですね。」と繰り返したうえで「イルミネーション好きなんですか?」「有名な場所なんですか?」など、話を広げるのがコツです。

電話で実際に話してみるのもあり

実際に電話で話すことで、出会うきっかけをつくる方法もあります。文章のやりとりだけでは、相手の人柄や雰囲気をつかむことは難しいものです。

しかし、電話なら声のトーンや話し方が伝わり『親密感』や『信頼感』を築けます。会うときのイメージもわくため、手ごたえを感じたとき「実際に会ってみませんか?」と誘いやすくもなるでしょう。

ただし、電話番号を交換するためには、ある程度メッセージでのやりとりが必要です。マッチング後に交換を持ちかけると、相手に警戒される可能性があります。

アプリの中には、アプリ内の電話機能で『連絡先を交換することなく電話できるもの』もあるため活用しましょう。

会うまでがスムーズなおすすめアプリ

マッチングアプリには、それぞれの得意分野や特徴があります。出会うきっかけづくりが苦手な人は、会うまでがスムーズなアプリを利用するとよいでしょう。

Pairs(ペアーズ)
現在地の近くにいる人を検索できるFacebook連動型マッチングアプリ

誘いやすいコミュニティに入ろう Pairs

『ペアーズ(Pairs)』には、同じ趣味や価値観を持つ人を探せる『コミュニティ』機能があります。

『映画が好き』や『気づかい、思いやりは大事』など、たくさんのコミュニティが存在するため、自分と同じ趣味や価値観をもつ人を見つけられるでしょう。

複数のコミュニティに入ることも可能です。自分が所属しているコミュニティと同じものが多い人を見つけることで、気が合う人を探せます。

『映画鑑賞』や『食べ歩き』など一緒に楽しめる趣味のコミュニティは、マッチング後にデートに誘う際にもスムーズでしょう。

Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ
0円(税込)

会うことが目的のアプリ ダイン

『デートにコミットする』がテーマの『ダイン(Dine)』は、メッセージのやりとりなしでデートできるマッチングアプリです。

はじめに、プロフィール上で自分が行きたいお店を何店か登録しておきます。相手に「いいね!」するときは、相手が登録しているお店の中から行ってみたいものを選択して一緒に送りましょう。

相手からのOKが返ってきたらマッチング成功です。すぐにアプリ内のカレンダーでデートの日程調整が行われるため、日程が合えば『デートスポットの選定』と『日程調整』の2通でデートできます。

会うまでのスピード感を重視する人や、気軽に食事デートを楽しみたい人におすすめです。日程調節は、候補日ごとに『ランチ』『ディナー』と都合がよいほうを選択できます。

デートに積極的な人がわかる aocca

『アオッカ(aocca)』は、名前の通り「今から会おうか!」と気軽に言えるパートナーを探せるマッチングアプリです。

マッチングのプロセスが存在せず、気になる相手にすぐメッセージが送れます。本名は表示されないうえ、AIの自動監視システムで不適切な内容のメッセージをはじいてくれるシステムです。

プロフィールには会うまでのプロセスを記入する欄があるほか、会うタイミング選択できる『aoccaモード』があります。

「今から会いたい」「今日中に会いたい」「明日なら会える」と出会うタイミングを三つから明記できるため、積極的にデートを楽しみたい人にぴったりです。

デートの約束はタイミングとやりとりが大切

気になる相手をデートに誘うためには、相手の警戒心や不安を取り除くことが大切です。

マッチング後は、メッセージのやりとりを重ねて、お互いどのような人間なのかを理解しておきましょう。また、焦ってデートに誘うことは禁物です。

相手の「会いたい」と思うタイミングを尊重すれば、その後の関係も円満な形を築きやすくなります。

この記事を書いた著者たち
マッチングアプリ レビュアー けんたろー

20代後半男子。上京したはいいが出会いがまったくなく、3年間フリーだった。
出会いを広げるためにマッチングアプリを始める。
複数のマッチングアプリを利用しながら研究した結果、数十名の方とデートできるように。
その経験を友人に教え友人も出会えるように成長した。

関連リンク

マッチングアプリの初デート攻略法。恋人募集しやすいアプリ3選

マッチングアプリで付き合うまでの期間。真面目な恋愛アプリ3選

マッチングアプリで告白が成功するタイミングは?人気恋活アプリ3選

マッチングアプリのデートの誘い方は?出会いやすいアプリ3選

マッチングアプリでのLINE交換後は何を話す?恋活婚活アプリ3選

マッチングアプリで役立つモテる会話術とは?デートしやすいアプリ2選