一番“オトク”がみつかる
[PR]

マッチングアプリのデートの誘い方は?出会いやすいアプリ3選

記事更新日:2020/01/06 記事作成日:2019/12/27
マッチングアプリでは、どんなデートの誘い方が適しているのでしょうか?男女別のお誘いタイミングや注意点を知っておけば、リアルで会うチャンスは増加します。デートにつながりやすい人気アプリも押さえておきましょう。

マッチングアプリのデートの誘い方

「マッチングアプリに登録したからにはすぐに異性と会いたい」と考える人もいますが、基本的には『ある程度時間をかけてやり取りするのがマナー』です。

当日のデートセッティングが売りのアプリや機能の利用が前提でない限り、メッセージ交換で仲良くなりながらデートを目指すのが自然でしょう。

まずは焦らず数日かけてやり取りする

デートに誘うタイミングは人にもよりますが『最低限数日間』のコミュニケーションは必要です。

初回のメッセージでデートに誘うよりも、時間をかけたほうが仲良くなれます。年の差があっても、敬語を使用した丁寧な態度のほうが好印象です。

1日に数回のメッセージをやり取りすれば、ある程度お互いの情報がわかってきます。メッセージの頻度やお互いの気持ちによっては『1週間〜数カ月』かけることもあり得るでしょう。

気持ちが高まってきたタイミングでデートに誘うと、成功率もアップします。判断基準としては『返信のタイミングが早いとき』も、相手の気持ちがこちらに向いているためおすすめです。

食べ物の話など会話から会う約束につなげる

最初のデート場所は、飲食店がおすすめです。細かい好みがわからない段階でも、食事の誘いなら違和感なく進められます。

どんな食べ物が好きなのかリサーチした後に「○○(料理のジャンル)のおいしいお店があるんだけど…」と誘うと効果的です。

イメージしやすいように、料理の写真を添えるとデートよりも『食事』のイメージが定着します。警戒心をときたいときに最適なテクニックです。

実際にデートの約束を取り付けるなら、日程はなるべく早いほうがよいでしょう。誘われた側が「行きたい!」と前向きな気持ちになっているときに、テンポよく進めるのがポイントです。

男性から誘う場合

男性からデートに誘う場合、女性の警戒心をやわらげるのが重要です。できるだけ、女性側が心配なく楽しめるデートを提案しましょう。

会ってすぐに親密になろうとするよりも『適度な距離感が保てるプラン』がおすすめです。

女性が警戒しないように昼デートに誘う

多くの女性は、夜間のデートに警戒心を抱きます。初めて会う男性と2人になるのであれば、昼間のほうが安心です。

食事やお茶など『ランチや間食ができるような時間帯』に誘うと成功率も上がるでしょう。ちょっとした飲食だけなら、長時間拘束してしまうこともありません。

ただし、初回のメッセージや数回のやり取りだけでお茶に誘うと、ビジネス目的の業者と勘違いされてしまう可能性もあります。

短時間かつ気軽に会えるカフェを選ぶときは、なるべく『1〜2週間程度』はメッセージ交換でお互いのことを知りましょう。

女性が好きそうなお店を選ぶと成功率アップ

デートに誘われるなら、自分が食べたいものを出してくれる雰囲気のよいお店のほうが女性は喜びます。相手の女性がどんなものが好きなのか、聞いてみましょう。

流行のデザートが好きなら『話題のカフェをチョイスする』と、デートをOKしてくれる確率も上がります。おしゃれなカフェレストランやかわいい雰囲気の人気店など、デート場所にはこだわりましょう。

お店を選ぶ際に自信がないのなら、いくつか趣向の違うお店をピックアップして相手に行きたいところを選んでもらうのもありです。

「ここのお店はフレンチトーストがおいしいらしいよ」「こっちは軽食も食べられるみたいだね」など、お店のおすすめを示して聞くと相手も決めやすくなります。

2回目以降はどうする?

2回目のデートは、1回目と違うことを提案するのがおすすめです。「1回目より楽しい」と思ってもらうために『少しデートの質を高めること』を目指しましょう。

簡単なところでいえば、カフェデートからレストランデートに変えるなどでも十分です。「1回目より素敵なデートにしようとしてくれている」と女性が感じると、印象アップにつながるでしょう。

初回のデート中などに2回目を誘うと、気持ちが盛り上がっているため成功率も高くなります。

デート中が無理でも帰宅後のメッセージや翌日に次のデートの打診をすれば、1回目の余韻の残った状態で相手もOKしやすくなるでしょう。

女性から誘う場合

マッチングアプリでは、女性からデートに誘うのもありです。相手からアプローチがあった場合には、喜んでもらえる可能性も高いでしょう。

好みの男性に快くデートをOKしてもらうには、どのようなポイントを押さえておくとよいのでしょうか?

相手が興味を引きそうな話題でアピール

スポーツ観戦が趣味の男性には「楽しめそうな試合があるから」とデートの誘いをかけてみるのが効果的です。趣味以外にも好きな食べ物や好きな歌手のライブなど、男性が興味を持ちそうなイベントを探してみましょう。

相手のメッセージの内容にも注目すると、さらに誘いやすくなります。男性から「○日は仕事が休みになった」などのメッセージを送ってきたときは『デートの誘い待ち』で予定を明かしていることも少なくありません。

タイミングを逃さずに相手が好きそうなイベントに誘えば、デートをしてもらえる確率が高まります。

ガツガツと女性からリードしすぎないように

メッセージのやり取りは毎日のようにしているのに、一向にデートの誘いがないと「このまま続けてよいのだろうか…」と不安になることもあるでしょう。

しかし「そろそろ会いたいんだけど、今週デートできないかな?」「○○日が空いているんだけど、会わない?」などあまりにも焦る気持ちが透けて見えると、男性側も1歩引いてしまいます。

しつこく誘うのではなく「一緒に楽しいイベントに行けたら嬉しい」など軽いお誘いのほうが相手も受け入れやすいでしょう。

すべてのデートプランを女性だけで決めてしまうのも考えものです。お誘いは自分からでも、男性側のリードが受けられるよう誘い方を工夫しましょう。

「お寿司を食べたい気分」などジャンルだけ伝えて、お店選びは男性に任せるのが秘訣です。予約の手配や当日のお店までのエスコートで、男性も達成感を感じられます。

気遣うひと言を入れるとポイントアップ

デートに誘う場合、男性側の都合や状況にも気を遣いましょう。仕事などで多忙なときに突然日時を指定されても、相手も困ってしまいます。

「いつ頃なら予定が空いているのか」を確認したうえで、デートの日程を調整しましょう。仮に、忙しくて断られてしまったとしても、次の機会に男性側からデートに誘ってくれる可能性は高まります。

何らかのイベントやライブに誘うときも「お仕事忙しいなら、行けるときで大丈夫だよ」とひと言添えると印象がアップするでしょう。

デートが実現しやすいマッチングアプリ

アプリの機能や雰囲気によっても、デートの実現しやすさは変わります。異性を誘いやすいアプリに登録して、恋人探しのきっかけにしてみましょう。

Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ
0円(税込)
[PR]
口コミを投稿

話下手でもデートにつながる Dine

「とにかく異性とデートしたい!」という人におすすめなのが『ダイン(Dine)』です。もともとはアメリカやカナダで人気となっていたもので、好みのレストランでデートするためのアプリです。

日本版では、東京・大阪・名古屋・福岡のレストランに対応しています。

ほかのアプリとは違い、メッセージ機能で親密になってからのデートではなく『デートのお誘い』がメインの目的といえるでしょう。

仕組みも簡単で、相手があらかじめ設定しているレストランの候補から好きなものを選ぶだけです。マッチングOKならそのまま日程調整のページに進み、デートになります。

デートの日程調節のやり取りから『メッセージ機能』が必要ですが、男女どちらかが有料会員の場合のみ利用可能です。

タップル(tapple)誕生
0円(税込)
[PR]
口コミを投稿

お出かけ機能で食事に誘いやすい tapple

『タップル誕生(tapple)』の『お出かけ機能』は、デート相手を探したい女性にぴったりの機能です。女性側が『みんなでお出かけ』の機能の中から、希望のデートプランと日程を選べます。

女性のデートプランに「行ってみたい」と思った男性から、24時間以内にメッセージで誘われるシステムです。複数人から誘われた場合は、女性は気になった男性を選んでデートに進みます。

男性側がお出かけ機能でデートするには、周囲と差のつくメッセージを送ることです。メッセージは必須ではありませんが、女性が相手を選ぶ決め手になります。

イヴイヴ
0円(税込)
[PR]
口コミを投稿

プチ恋で気軽にトーク イヴイヴ

『イヴイヴ(eveeve)』には週末デートのための『プチ恋機能』があります。金曜日の夜に数時間だけ開放されるイベントです。

時間は『21:00〜24:00』の3時間限定で、参加者はリアルタイムで自分のマッチングの状態をチェックできます。チャットのようにその場でトークができるため、一気に親密になれるでしょう。

トークで盛り上がった後は、週末のデートに向けて予定が立てられます。プチ恋機能は『そのとき話せる会員のみ』が利用しているのが特徴です。

通常のマッチングのように「マッチングした後にメッセージを送ったけれど返事が来ない」などのトラブルは少ないでしょう。

また、参加している会員はアプリ内でも積極的な出会いを求めているといえます。デートのドタキャンや受け身体勢の心配はないでしょう。

マッチングアプリ比較表

Market Drive Inc.
Mrk & Co
MatchingAgent, Inc.
商品名イヴイヴDine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリタップル(tapple)誕生
価格0円(税込)0円(税込)0円(税込)
特徴入会希望者の審査と顔写真の照合を行う本人確認で安心・安全に出会えるマッチングアプリBeat等様々なメディアで話題になったデーティングアプリがついに日本上陸共通の趣味でマッチング。顔写真を見ながら「いいかも」「イマイチ」を選択
有料プラン
GPS機能
SNS連携
24時間セキュリティ
身分証明書の提示
利用の多い年齢層18歳〜30代20歳〜40代18歳〜20代
Facebookと連動ありありあり
登録者の傾向恋愛、婚活、恋活友達作り、恋人探し、結婚真面目な恋愛、婚活、恋活
商品リンク

相手の状況や好みをくみ取って上手に誘おう

マッチングアプリの醍醐味でもある『デートの誘い方』には、タイミングが重要です。慌てることなく、ある程度親密になってからデートを切り出すと成功率が上がります。

相手によってデートに誘って欲しいタイミングは異なるため、返信の速度やデート街の言葉を意識して誘ってみましょう。

この記事を書いた著者たち
マッチングアプリ レビュアー けんたろー

20代後半男子。上京したはいいが出会いがまったくなく、3年間フリーだった。
出会いを広げるためにマッチングアプリを始める。
複数のマッチングアプリを利用しながら研究した結果、数十名の方とデートできるように。
その経験を友人に教え友人も出会えるように成長した。

関連リンク

マッチングアプリの初デート攻略法。恋人募集しやすいアプリ3選

マッチングアプリで告白が成功するタイミングは?人気恋活アプリ3選

マッチングアプリで付き合う確率を上げるには?おすすめアプリ3選

マッチングアプリの会うまでの流れ。デートが叶うアプリ3選

マッチングアプリは敬語とタメ口どちらがよい?恋愛アプリ3選

マッチングアプリで役立つモテる会話術とは?デートしやすいアプリ2選