一番“オトク”がみつかる
[PR]

今年こそつきたての餅を食べる!電動もちつき機のオススメ10選

記事更新日:2020/03/21 記事作成日:2019/12/19
家でもおもちを食べたい人は電動餅つき機を検討してみませんか?この記事では電動もちつき機について種類やメーカーの紹介などを詳しく紹介しています。来年こそおもちを家で食べたい人必見です!

お餅はお好きですか?

雑煮、あんころ餅、黄粉餅、安倍川餅など王道の食べ方だけではありません。

チーズを挟んで焼いたり、皿に敷き詰めた餅の上にトッピングして餅ピザ、なんて食べ方もあります。日本伝統の餅も、調理の方法によって、和、洋、中のいろんな味わいを楽しませてくれます。

多くの人はお餅をスーパーで買う人が多いでしょう。
しかし、せっかく食べるなら固くなった餅ではなく、つきたてを食べたいとは思いませんか?

そもそもお餅を食べる日は、特殊な日が多いものです。お正月やイベントの日程度でしょう。そんなお呼ばれの席で、つきたての餅を1度食べたら、忘れられない経験になります。

そこでおすすめなのがキッチン家電でお餅をつくこと!

餅つきといえば、臼と杵でやるものでしたが、現代の日本には便利な家電が存在しています。今は自宅で気軽に、電動もちつき機でつきたてのお餅を食べられるんです♪

年に一回程度しか利用しないキッチン家電なんて必要なのか、疑問に思う人もいるでしょう。確かに、キッチン家電としては大きいものだし、滅多に使わないという発想なら、買うことに迷いが生じても無理はありません。

それなら逆に、お餅をもっと普段の食生活に取り入れてみませんか? それには気軽に作ることができる、便利なキッチン家電、電動餅つき機を導入してみてはいかがでしょうか。

【餅は餅屋?】電動餅つき機の種類と歴史

「餅は餅屋」とは、何事も専門家に任せるべき、という意味のことわざです。

では、キッチン家電の電動餅つき機は、餅つき専門なのでしょうか?

電動餅つき機は大きく2つに分かれます。1つは餅つき専門の電動餅つき機。もう1つはパンや味噌など、餅以外の食材もできるものです。

日本初の家庭用電動餅つき機

日本初家庭用電動餅つき機は、キッチン家電メーカーの東芝が開発しました。

そもそも1962年頃から農家の人向けに、3升分の餅ができる電動餅つき機は出回っていました。それは蒸篭で蒸したもち米を餅つき機に入れる、というスタイルでした。

東芝はもっと一般の家庭で餅を楽しむキッチン家電にしたいと考えました。家庭に置くキッチン家電なら、1升程度がちょうどよく、また、中で蒸し終えたらそのまま餅つきに入れる機能にしたいと研究に研究を重ねました。

その結果、1971年に「蒸す」と「つく」が一緒になった日本初の家庭用の電動餅つき機「もちっ子」が発売されました。当時、店頭実演などすると人が集まり、大変な人気になりました。

この「蒸す」機能がついたため、餅だけでなく、赤飯やシュウマイ、パン生地など他の食べ物を作ることが可能になったのです。更には、羽を回して餅を作る方法が、パンの製造にも応用され、後のパン焼き機に繋がっていきました。

このような歴史を辿ってきたため、電動餅つき機にパンや味噌などを作る機能が付随したものが、家庭用キッチン家電として増えてきました。

中には、「ホームベーカリー」という名称で、餅がつける機能が付随している、といった逆転現象も起きています。

パンは毎日食べるけれど、餅を毎日食べる習慣はない、という一般的日本人をターゲットにした場合、どうしてもベーカリー主体になるのは無理のない話なのかもしれません。

【メーカー別】電動餅つき機の特徴

東芝が初の家庭用電動餅つき機を発表して以来、現在では様々なメーカーが餅つき機、あるいは餅つき機能を搭載したキッチン家電を販売しています。

先述した先駆者である「東芝」のほか、国産メーカーで大手キッチン家電メーカーの「タイガー」や白物家電の王者「パナソニック」、また「日立」や「象印」などもそれぞれの路線を進んでいます。

さらに、電動餅つき機を取り扱っているキッチン家電メーカーを探すと、パソコンやオーディオ、テレビなどと違って、あらゆるメーカーが出しているわけではない点に驚かされます。

実のところ、餅を自宅で、つきたてを食べる、という発想をするキッチン家電メーカーは、あまり多くありません。餅という食品に対して、必ずしも前向きなキッチン家電メーカーばかりではないということでしょう。

そんな中で、ジェネリック家電メーカーである「ツインバード」と「シロカ(siroca)」が、パナソニックと同じ発想のホームベーカリーを発売しています。

ここではそんな餅つき機を販売しているメーカー別に、おおよその特徴を紹介します。

タイガー

大手キッチン家電メーカーのタイガーは、電動餅つき機に力を入れている社のひとつです。

タイガーでは餅つき専門の電動餅つき機と、パンの他に餅も作ることができるというスタンスのキッチン家電の2種類を発売しています。

パナソニック

タイガーのバリエーションが多い品揃えは、餅つき機に関して力を入れている様子がわかります。

一方でパナソニックは、「餅つき機」と銘打ったキッチン家電は出していません。しかしパンも焼ける、餅もつける、といった多機能のキッチン家電を販売しています。

東芝

日本初の家庭用電動餅つき機を発売した東芝ですが、当時の名称「もちっ子」を受け継いだまま、現在も進化は続いています。

象印

象印といえば炊飯ジャーが有名ですが、電動餅つき機も販売しています。

象印の電動餅つき機は全自動がウリ。誰でも簡単に使える点を重視しているようです。

ツインバード工業

創業は1951年3月です。1979年に現会社名になりました。「ツインバード」とは同社のブランド名です。

手回し発電ラジオ、防水CDプレーヤー、防水テレビ、防水DVDプレーヤー、ワンセグが聞けるオーディオラジオなど、大手家電メーカーが扱わない、すきま家電を制作している企業です。

ところがそんなツインバード工業も餅つき機を販売しています。非常にニッチな需要にも応えるところに不思議な魅力を感じますね。

シロカ

シロカは2000年、オークセールの名で設立された中小企業ですが、2007年にブランド「シロカ」を発表してから、名前がややこしいというわけで、社名もシロカに変更しました。

他社と比較してかなり安価のキッチン家電を発売し、最近とみに急成長を遂げています。

シロカのコンセプトは「ちょっと便利で、ちょっと豊か」です。買いやすいお手頃価格なのに上質なデザインを追求していて、電動餅つき機にもそのコンセプトがあらわれています。

ここからは上記で挙げた数社の電動餅つき機をピックアップして紹介します。各機種にはそれぞれ特徴があるので、参考にしてください。

おすすめの電動餅つき機10選

タイガー 餅つき 機 1升 力じまん SMJ-B180
17,302円(税込)
[PR]
口コミを投稿

タイガー 餅つき 機 1升 力じまん SMJ-B180

餅つきのプロフェッショナル!

餅つきのプロフェッショナル! 「蒸す」「つく」「こねる」の1台3役をこなす電動餅つき機です。ディンプルフッ素加工された釜から餅が取り出しやすいです。家庭で餅つきを楽しむのに最適な1升用のキッチン家電です。無駄な飾りがなく、ザ・餅つき機といった外観です。あくまで餅つき用ですが、別売りの羽を購入すると味噌を作ることもできて、職にこだわりたい人におすすめです。

タイガー GRAND X ホームベーカリー KBD-X100
24,883円(税込)
[PR]
口コミを投稿

タイガー GRAND X ホームベーカリー KBD-X100

お餅もつける万能ホームベーカリー

パンを作る時に中で動く羽を餅用の羽に替えることで、餅をつくことができます。餅は正月に食べたいが普段はあまり、という家庭向きです。本格的な電動餅つき機ではないキッチン家電でありながら、なかなかしっかりした餅を作ることができます。操作方法もメニューから餅が選べて、簡単に作ることができます。3合分など少人数用の餅ができ、後片付けも釜に餅がくっつかずに簡単です。

パナソニック ホームベーカリー 2斤タイプ ホワイト SD-BMT2000
26,269円(税込)
[PR]
口コミを投稿

パナソニック ホームベーカリー 2斤タイプ ホワイト SD-BMT2000

親戚との会合や餅パにも最適な大容量

大容量のため、パンは2斤、餅は1升も作ることができます。大家族にうれしいキッチン家電です。公式サイトに「インバーターモーター搭載のもちつきベーカリー」と銘打つだけあって、餅つき機能はついでではありません。餅もパンも積極的に食べたい家庭向けのキッチン家電です。餅のほか、うどん、パスタの生地、あんこ、ジャム、ケーキを作ることもできます。まさに多機能キッチン家電と言えるでしょう。

ツインバード ホームベーカリー ホワイト PY-E635
6,480円(税込)
[PR]
口コミを投稿

ツインバード ホームベーカリー ホワイト PY-E635

作業工程の独立設定ができる本格派

「こね」「発酵」「焼き」が独立して設定できます。パンは大型で2斤まで作れます。1.5斤、1斤のパンもできます。餅つき機としてはもち米と水で気軽に餅を作ることができ、最大4合の餅ができあがります。電動餅つき機としては分量も多くないので、たまにはお餅を食べてみようと思い立ったら、その日の夕食はつきたてのお餅という選択もできるでしょう。また、実売価格がかなり安くなっているのが特徴。餅つきのほか、パンもパスタもできるキッチン家電でありながら、この値段はかなり安価です。本格的に餅をつくだけでなく、パンも作ってみたい、安いに越したことはない、という希望をお持ちの方ならおすすめです。

siroca 全自動ホームベーカリー SHB-712
14,080円(税込)
[PR]
口コミを投稿

siroca 全自動ホームベーカリー SHB-712

餅のほかにもいろんなレシピに対応可能!

パンや餅の他、温度管理の難しいフレッシュチーズも自家製できます。ヨーグルトの生成など様々な機能がありながら、この値段は素晴らしいです。家電批評において2015-2016年のベストバイ賞を受賞したシロカの、万能ホームベーカリーです。様々な料理ができるのに安価、ということでアマゾンの評価が驚くほど良いです。肝心の餅ですが、2合、3合、4合でできます。ついでの機能というわけでなく、できあがりの評価もまずまずです。

東芝 もちつき機 2合~1升用 もちっ子生地職人 PFC-M116
18,260円(税込)
[PR]
口コミを投稿

東芝 もちつき機 2合~1升用 もちっ子生地職人 PFC-M116

家庭用餅つき機老舗の実力ここにあり!

蒸す、練る、つく、発酵するの1台4役ができます。餅のつき方はお好みで2種類から選ぶことができます。パン生地を作ることもできますが、焼きの機能はありません。こちらは1升用ですが、1升用ですと「秋冬限定発売」となります。老舗ならではの本格派で、仕上がる餅のつき方を2種類から選べます。コシと弾力ある餅を作る「標準コース」と、よく伸びる餅を作る「やわらかコース」を選択可能な点は、こだわりを感じさせます。また、別売りの「もちつき機用別売みそはね MMH-15」(1,000円/1升用)に羽を付け替えると味噌を作ることもできます。しかしあくまで、餅をつくことにこだわったキッチン家電です。

象印 餅つき機 マイコン全自動 1升 BS-ED10
18,200円(税込)
[PR]
口コミを投稿

象印 餅つき機 マイコン全自動 1升 BS-ED10

全自動で簡単手軽に本格お餅

餅つき機にすっかりおなじみとなった味噌はねが、別売りでなく付属してきます。なんといっても、マイコン全自動がいちばんのウリです。他の餅つき機は蒸し終わったら、一度蓋を開け、改めてこねます。この「力もち」はそこが全自動なので、蓋を開ける手間がありません。ボタン操作なしに「蒸す」から「つく」「こねる」までをやってくれます。これはなかなかに便利な機能で、ほしい人にとっては外せない機能でしょう。

エムケー精工 マイコン もちつき機 ミニもっち 3-5合タイプ RM-05MN
13,800円(税込)
[PR]
口コミを投稿

エムケー精工 マイコン もちつき機 ミニもっち 3-5合タイプ RM-05MN

お餅をもっと日常的に楽しみたい人に

少人数の家庭用に、3合から5合の餅を作ることができる他、蒸し卵、蒸し野菜、エッグスラットなど毎日の料理に使えるキッチン家電です。家庭で餅を作ることを、もっと気軽に考えられるキッチン家電です。食べたいと思ったら、浸し60分、蒸す30分、つく8分から12分と、最短で2時間で餅ができてしまいます。「むす」「つく」「こねる」「ひたす」の4つのボタンで全て済みます。小型で軽いので、女性でも持ち運びが楽にできます。ねり容器がフッ素加工なので、出す時にくっつかないことや、ボイラーが上部にあるのでお手入れ簡単な点などおすすめなポイントが多い電動餅つき機です。

エムケー精工 餅つき機「かがみもち」 RM-201SN
18,000円(税込)
[PR]
口コミを投稿

エムケー精工 餅つき機「かがみもち」 RM-201SN

餅つきにこだわり抜いた専用機

餅つきに特化した、シンプルなデザインです。エムケー独自の上蒸し方式で、こしのある強いお餅を作ります。他に浮気をしない、餅つきにだけ特化した電動餅つき機です。ぶれない姿勢から、餅つきに対する本気度が伺えます。プロ用といってもおかしくない仕様なのに、1升から選べるので、家庭用にと考えられるキッチン家電です。エムケー精工では更なる上位機種として、つき専用の強力タイプ、「もちつき」シリーズを揃えています。

エムケー精工 餅つき機「もちつき」 RM-541SZ
18,800円(税込)
[PR]
口コミを投稿

エムケー精工 餅つき機「もちつき」 RM-541SZ

「つき」だけを考えたプロ仕様の餅つき機

キッチン家電としては大きめで、餅つきに特化した本格派です。蒸した米をこの機械に入れ、強い力でつきまくります。ひたすら「つく」餅つき機で、出来上がった餅のこしが違います。これまで見てきた、「むす」「つく」「こねる」「ひたす」などが一度にできる電動餅つき機とは違って、蒸すまでの工程はやっておかなければなりません。ですが、出来上がりには相当の満足感が得られるでしょう。かつての農家の正月のように大量に作って、保存食として餅を保存しておくには適しています。

フェスのお墨付き!無料で使える人気の食事・グルメアプリおすすめ22選比較

電子レンジ・オーブンレンジおすすめ10選|クチコミは本当?主婦が選ぶ使い勝手のいいレンジを徹底比較

電子レンジおすすめ10選|1人暮らしで失敗しないレンジ選びのコツ

おすすめ電動餅つき機の比較一覧

タイガー魔法瓶(TIGER)
タイガー魔法瓶(TIGER)
パナソニック(Panasonic)
ツインバード工業(Twinbird)
siroca(シロカ)
東芝(TOSHIBA)
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
エムケー精工(MK Seiko)
エムケー精工(MK Seiko)
エムケー精工(MK Seiko)
商品名タイガー 餅つき 機 1升 力じまん SMJ-B180タイガー GRAND X ホームベーカリー KBD-X100パナソニック ホームベーカリー 2斤タイプ ホワイト SD-BMT2000ツインバード ホームベーカリー ホワイト PY-E635siroca 全自動ホームベーカリー SHB-712東芝 もちつき機 2合~1升用 もちっ子生地職人 PFC-M116象印 餅つき機 マイコン全自動 1升 BS-ED10エムケー精工 マイコン もちつき機 ミニもっち 3-5合タイプ RM-05MNエムケー精工 餅つき機「かがみもち」 RM-201SNエムケー精工 餅つき機「もちつき」 RM-541SZ
価格17,302円(税込)24,883円(税込)26,269円(税込)6,480円(税込)14,080円(税込)18,260円(税込)18,200円(税込)13,800円(税込)18,000円(税込)18,800円(税込)
商品リンク

炊飯器おすすめ9選|プロの料理人も認める炊飯器を徹底比較

【一緒に使うと便利】電動餅つき機と一緒に欲しいアイテム

タイガー 餅切り 「まる餅くん」 SMX-5401
4,975円(税込)
[PR]
口コミを投稿

タイガー 餅切り 「まる餅くん」 SMX-5401

ついたばかりの餅を、丸餅にしてくれるキッチン家電。3升の餅から対応できます。タイガーのオンラインショップでは現在販売されていませんが、アマゾンなどネットショッピングでは取り扱いが多数あります。切り餅は縁起が悪いと考える地方の方には、便利なキッチン家電です。タイガーの電動餅つき機の2升用、3升用が秋冬限定の販売であるせいか、メーカーのオンラインショップで対応していない点が不安なところです。

エムケー精工(MK精工) 餅カッター まんまる名人 RMC-03
4,655円(税込)
[PR]
口コミを投稿

エムケー精工(MK精工) 餅カッター まんまる名人 RMC-03

餅きりに関して言えば、上で紹介したタイガーの製品同様、エムケー精工から出ている「もちカッター まんまる名人」も同じ仕組みです。こちらは公式オンラインショップで購入可能です。

まとめ

餅は日本伝統の食べ物です。最近ではどうしても、お正月に食べるだけになってしまった感があります。

もっと気軽に、頻繁に食べてもいいのではないでしょうか。餅に対するハードルを下げるキッチン家電が電動餅つき機です。

餅をつくためにキッチン家電を買うのに抵抗があるのなら、ホームベーカリーの購入をおすすめします。いろいろな食事ができるので、餅つき機だけの機能のキッチン家電より高いですが、食卓を豊かにしてくれます。

ちょっとしたイベントに、少しだけいいことがあった夜に、つきたてのお餅を食べてみませんか? 楽しさが倍増することうけあいです。

この記事を書いた著者たち
my365 編集部

my365編集部です。一番“オトク”をみつかるサービスや商品の案内、プレスリリースなどをお届けします。

関連リンク

人気のグルメ検索アプリおすすめ32選比較

コンロ・クッキングヒーターおすすめ9選|1人暮らしにぴったりのコンロをクチコミで徹底比較